フィリピン語学留学が社会人から人気な8つの理由

語学留学というとアメリカやイギリス、カナダなどをイメージされる方が多いと思いますが、最近社会人の中で語学留学先として人気を集めている国があります。それは、日本から最も近い英語圏の国「フィリピン」です。

フィリピン留学は2010年頃から徐々に人気を集め始め、今では英語を学び直したい社会人の方が真っ先に挙げる留学先の候補の一つにまでなりました。なぜ、ここまで社会人の間でフィリピン留学は人気を博しているのでしょうか?ここで、その理由についてご紹介したいと思います。社会人にとってのフィリピン留学の魅力は大きく分けて下記8つとなります。

  1. 短期留学でも行きやすい
  2. 事前の面倒なビザ手続きも不要
  3. マンツーマンレッスンなので短期でも伸びる
  4. 留学費用が安い
  5. 欧米圏への長期留学のプレ留学に最適
  6. 成長著しい東南アジアの経済を肌で感じられる
  7. 社会人専門・日本人専門の語学学校がある
  8. 英語だけではなく南国リゾートも満喫できる

それぞれのポイントについてご紹介したいと思います。

短期留学でも行きやすい

語学留学を検討している社会人の方の多くが、1週間~1ヶ月、長くても3ヶ月程度の短期の留学を希望します。現職の方の場合は有給や長期休暇を活用しての留学となるため、期間は必然的に短くせざるを得ませんし、仕事を辞めて留学する方でも、ブランク期間が空きすぎないよう、3ヶ月程度で戻って転職活動を開始する方が多くいます。このような短期留学の場合は、欧米圏への留学よりもフィリピン留学のほうが向いています。

まず、フィリピンは日本から最も近い英語圏の国であり、東京からマニラやセブといった主要な都市まで4~5時間しかかかりません。また、日本との時差も1時間しかありませんので、到着後もすぐに生活に順応することができます。1~2週間といった非常に短期の留学でも、初日から最終日まで全く時間を無駄にすることなく英語学習ができるのです。

また、フィリピンはアメリカやイギリスより距離も近いうえ、同じアジアの国で文化も近く、かつ親日国でもあるため、留学することの精神的なハードルもそこまで高くありません。行こうと思えばいつでも気軽な気持ちで行ける、というのがフィリピン留学の良さだと言えます。

事前の面倒なビザ手続きも不要

フィリピン留学の場合、30日以内の滞在であれば事前の面倒なビザ申請手続きなどが必要ありません。短期留学であれば旅行気分で気軽に行けるのです。また、30日を超える滞在の場合でも、ビザの手続きなどは語学学校が代行してくれますので、パスポートと写真を渡すだけで特に手間はかかりません。仕事で忙しい社会人の方にとって、大使館に行ってビザを申請するといった作業はかなり面倒がかかりますが、フィリピン留学の場合はそうした手間を省けます。

マンツーマンレッスンなので短期でも伸びる

欧米圏の語学学校はグループレッスンが主流なのに対して、フィリピンの語学学校ではマンツーマンレッスンが主流となっています。1日8コマ、朝から晩までひたすらマンツーマンレッスンを受けるといった過ごし方ができるため、例え短期間の留学だったとしても大幅に英語力を上達させることも可能です。日本の英会話教室でマンツーマンレッスンを受けようとすると非常に高額になってしまいますが、フィリピン留学ではその心配もありません。オンライン英会話ではなく、リアルのマンツーマンレッスンを短期間で毎日数多くこなすことができる環境は、フィリピン留学だけです。

留学費用が安い

フィリピン留学が支持される大きな理由の一つは、何と言ってもその安さにあります。欧米圏に留学する場合、1ヶ月の授業料と滞在費、生活費を合わせれば安くても30~40万程度かかるのが一般的ですが、フィリピン留学であればこのコストを15~20万円程度まで半分近くに抑えることが可能なのです。日本で普通に生活するのと同じか、それよりも安いコストでマンツーマンレッスンを毎日受けられるわけですから、英語を本気で伸ばしたい社会人の方は時間の余裕があれば何度でもフィリピン留学に行くのもよいでしょう。実際に、フィリピン留学を経験した社会人の中には、その良さを肌で実感し、その後も短期間の留学を何度も繰り返すという方も数多くいます。

欧米圏への長期留学のプレ留学に最適

最近では、将来的に欧米圏の大学院留学やMBA留学を見据えて、そのためのプレ留学としてフィリピン留学に行くという社会人の方も増えています。欧米圏への長期留学に必要となるTOEFL・IELTSスコアを効率的に伸ばす上でもフィリピン留学は効果的です。フィリピン留学で基礎的な英語力をしっかりと固め、そのうえで欧米圏へステップアップを目指すというスタイルは、今後海外志向の社会人の間でますます一般的になっていきそうです。

成長著しい東南アジアの経済を肌で感じられる

フィリピンのGDP成長率は毎年6~7%程度と非常に高く、成長著しい東南アジアの中でも最高の経済成長率を誇っています。日本のGDP成長率は1%以下ですから、いかにフィリピンの経済が急成長しているか分かると思います。また、フィリピンは人口も増え続けており、2016年現在は1億人程度。2030年までには日本と人口が逆転すると予測されています。そして、日本人の平均年齢は46歳に対し、フィリピンはその半分の23歳。街は若者であふれており、未来の希望に満ちた非常にエネルギーを感じる国なのです。こうしたフィリピンの経済を肌で感じることができるのも、フィリピン留学の魅力です。

グローバルビジネスの現場においても今や東南アジアはアメリカや欧州以上に熱視線を浴びる注目の地域となっており、今後、グローバルビジネスの中心は欧米からアジアへと移動すると予測されています。未来のキャリアを考えるとき、東南アジアで生活した経験はグローバルに活躍したいビジネスマンにとって欠かせないものとなっているはずです。

社会人専門・日本人専門の語学学校がある

フィリピンでは、落ち着いた環境で英語を学びたい日本人の社会人のニーズを受けて、社会人専門の語学学校や、日本人専門の語学学校なども存在しています。こうした学校の場合、社会人だけなので英語学習だけではなく将来のビジネスにつながるグローバルなネットワークを作ることも可能です。また、日本人だけの学校というと語学学習にとってネガティブなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、自身と同じように目的を持ってフィリピン留学に来ている日本人の社会人との出会いは、その後の人生にとっても大きなプラスになります。

社会人専門の場合、フィリピン留学の中では少し価格も高めとなるものの、そのぶん講師の質や学校の設備、宿泊施設のグレードなどが高くなっており、留学期間中もストレスなく快適な環境で英語学習に集中することが可能です。

英語だけではなく南国リゾートも満喫できる

フィリピン留学の中でも日本人に最も人気があるのがセブ留学です。セブにあるマクタン島は数多くのリゾートホテルが存在する人気の観光地でもあり、セブ市内に位置する語学学校からでもタクシーで行けば1時間程度でリゾートエリアに行くことができます。英語の学習だけではなく、こうしたリフレッシュができる環境が整っている点もセブならではの魅力です。平日は語学学校でみっちり英語の勉強をし、週末はリゾートでゆったり旅行気分を味わうといった贅沢な留学スタイルも、社会人から支持を集めています。

まとめ

いかがでしょうか?上記でご紹介したように、フィリピン留学には社会人のニーズを満たしてくれる魅力がたくさん詰まっています。語学留学を検討されている社会人の方は、ぜひフィリピンを留学先の候補として考えてみてはいかがでしょうか?

フィリピン語学留学に関する記事の一覧を見る

The following two tabs change content below.
ENGLY 編集部

ENGLY 編集部

ENGLY 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。