完全保存版!フィリピン留学のメリットとデメリットを徹底比較!

ここでは、フィリピンへの語学留学を検討されている方のために、フィリピンに留学するメリットとデメリットをまとめました。最近では社会人の語学留学先としてフィリピンが注目を浴びており、実際にフィリピンへ英語留学をされる方も増えています。留学経験者の増加に伴い、徐々にフィリピン留学についての情報も増えてきていますが、どちらかというと良い情報に偏っており、ネガティブな情報はあまり多くありません。そこで、ここではメリット・デメリットの両面からフィリピン留学の実態についてご紹介します。

フィリピン留学のメリット

まずは、フィリピン留学のメリットからご紹介したいと思います。フィリピン留学ならではの代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  1. 低価格
  2. 日本から近い
  3. 事前の面倒な手続きが必要ない
  4. マンツーマンレッスンが受けられる
  5. 短期留学に向いている
  6. 日本人と相性のよい講師
  7. 欧米に長期留学する前にプレ留学にも最適
  8. 南国リゾートでリフレッシュもできる

それぞれの項目について簡単に説明していきます。

低価格

フィリピン留学の一番の魅力は何といっても価格の安さです。フィリピンは物価が日本の3分の1程度、人件費は10分の1程度と非常に低コストで語学学校の運営ができるため、我々日本人はその恩恵を受けることができます。フィリピン留学における1ヶ月の一般的な費用は授業料と滞在費、生活費を合わせても15~20万円程度で済みます。欧米に留学する場合、少なく見積もっても1ヶ月あたり30~40万円程度はかかってしまいますが、フィリピンの場合はその半額程度で済んでしまうのです。

フィリピンへの航空券も往復10万円以内で買えますし、LCCを利用すればさらにコストを抑えることができます。社会人で退職後に語学留学をされる方の場合、留学期間中は収入がなくなってしまうため、帰国後の転職活動期間も考えるとできるかぎり出費を抑えたいというのが本音だと思います。そんな方にとってフィリピン留学は絶好の選択肢だと言えます。

日本から近い

フィリピンは日本から最も近い英語圏の国となります。東京から、最も留学先として人気があるフィリピンのセブまでは約5時間で行くことができます。また、時差も1時間しかないため、到着後に時差ボケで体調を崩すといった心配もありません。到着の翌日から帰国の前日までしっかりと充実した留学ライフを送ることができます。この距離の近さが生み出す気軽さが、フィリピン留学が人気を博している一つの大きな理由です。

事前の面倒な手続きが必要ない

フィリピンの場合は、30日以内の滞在であれば面倒なビザの申請手続きなどは必要ありません。フィリピン留学をされる社会人の多くが1ヶ月以内の短期留学ですので、何かと忙しい社会人にとってこの手軽さは魅力です。また、滞在期間が30日を超える場合でも、パスポートと証明写真を語学学校に渡せば通常はその後の滞在延長手続きについては学校側が全て対応してくれるため、煩雑な手続きは必要ありません。事前の手続きに手間をかけることなく旅行気分で留学できるのも、フィリピン留学の魅力の一つです。

マンツーマンレッスンが受けられる

フィリピンの語学学校では、マンツーマンレッスンが主流です。欧米の語学学校では、通常1クラス10~15人程度で構成されるグループレッスンが主流で、少人数制を押し出している学校でも4~6人程度のレッスンとなり、マンツーマンでのレッスンを受けたい場合は別途オプション費用を支払うしかありません。

しかし、フィリピンではマンツーマンをベースとしたレッスンカリキュラムが基本なので、例えば1日8コマあったとすれば6コマがマンツーマン、1コマがグループで1コマが自習、といった組み方となります。また、さらにぎっしりとマンツーマンを詰め込みたければグループレッスンや自習のコマも低価格でマンツーマンに切り替えることもでき、とにかく会話量を担保するという意味ではとても効率的なレッスンスタイルとなっています。

マンツーマンが基本だからこそ、フィリピン留学の場合は期間が短くても一気に英語力を上げることも難しくありません。

短期留学に向いている

上記で説明した通り、フィリピン留学はとても低価格ですぐに来ることができ、事前の面倒な手続きも必要なく、かつマンツーマンでレッスンが受けられるという特徴があります。そのため、短期間で成果を出したい方にとっては非常におすすめの語学留学先なのです。フィリピン留学が社会人の方から支持を集める理由もここにあります。

社会人で語学留学をする場合、現職の方は有給や長期休暇を利用してくるケースが多く、1週間~2週間といった超短期の留学スタイルが一般的です。逆に仕事を辞めてくる方でも、キャリアのブランクを考慮して1ヶ月~3ヶ月程度の留学をする方が多いのが現状です。このような短期留学の場合、渡航費用や渡航時間を無駄に費やすことはもったいないですし、期間が短いぶん、マンツーマンなどで効率的に学習をする必要があります。こうした社会人ならではの留学ニーズに最もマッチした留学先が、フィリピンなのです。

日本人と相性のよい講師

フィリピン人講師は、概してとてもフレンドリーで初対面でも打ち解けやすい人が多い傾向にあります。また、フィリピン人の英語は日本人にとってもとても聞き取りやすく、ネイティブより会話がしやすいと感じるはずです。英語がほとんど話せない初心者にとっては、こうしたフィリピン人のフレンドリーで陽気な性格やフィリピンならではの英語が最初の一歩を踏み出す上でとてもありがたく感じるはずです。

欧米に長期留学する前にプレ留学にも最適

最近社会人の間で徐々に浸透しつつあるフィリピン留学の効果的な活用法。それが、欧米圏へのMBAや大学院など長期留学の準備としてフィリピン留学を活用する、いわゆるプレ留学です。MBA留学で上位のビジネススクールに出願するためのTOEFL・IELTS対策やインタビュー対策などにも、フィリピン留学のマンツーマンレッスンは最適なのです。

南国リゾートでリフレッシュもできる

フィリピン留学の特典は、セブに留学すれば週末はリゾートライフも楽しめるという点です。セブのマクタン島は数多くの南国リゾートが連なる人気の観光地でもあり、毎年日本からも多くの観光客が訪れています。語学学校が集中しているセブ市内からもタクシーに乗って1時間程度で行けるので、週末のリフレッシュには最適です。また、セブのマクタン空港から国内線に1時間程度乗れば、ボラカイ島やパラワン島といった世界屈指のリゾートエリアに行くことも可能です。こうした南国フィリピンならではの楽しみ方ができる点も大きな魅力です。

フィリピン留学のデメリット

上記で説明したように、フィリピン留学には数多くのメリットがある反面、フィリピンならではのデメリットも存在しています。フィリピン留学の代表的なデメリットとしては下記が挙げられます。

  1. イメージと現実とのギャップ
  2. インフラが未整備
  3. 治安に問題がある地域も
  4. ネイティブの講師ではない
  5. 講師の当たり外れは大きい
  6. 日本人慣れしすぎた講師陣
  7. マンツーマンのデメリット
  8. 出会える人が限られる
  9. フィリピンのリゾートの実力

イメージと現実とのギャップ

語学留学で初めてフィリピンを訪れた方、特にセブに訪れた方の多くが抱く感想。それが、「海の綺麗なリゾートだと思っていたのに、全然違う!」というものです。これは事前のリサーチ不足でもありますが、実際にとても良く聞く話です。

セブは日本人の間でも人気の観光地なので「セブ=リゾート」というイメージが強いのですが、実際にはセブの中でもリゾートホテルらが集中しているのは空港があるマクタン島の東側のエリアであり、セブの語学学校の多くはこのエリアではなく、セブ市内の中心地に位置しているのです。

セブ市内の中心地は、リゾートという雰囲気ではなく東南アジアらしい雑多な街並みが続いています。ITパークやビジネスパークと呼ばれるように近代的なオフィスビルが立ち並ぶ整然としたエリアもありますが、一方でスラムも隣接しており、いわゆる開発途上国といった雰囲気です。セブ市内は車が非常に多く大気汚染も進んでいますし、舗装がしっかりされていない道路も多くあります。「リゾートに留学」という気分でセブに来ると、そのギャップに絶句してしまう可能性があるので注意が必要です。

インフラが未整備

フィリピンは年間のGDP成長率が6%を超えており、東南アジアの中で最も速く経済成長を遂げている国です。しかし、その成長速度に国全体のインフラが追いついていないのが現状です。そのため、フィリピンでは停電や洪水なども頻繁に発生しますし、インターネット環境も日本ほど快適ではありません。

日本のインフラに慣れてしまっている方にとってはストレスを感じるケースが多いため、語学学校側も最大限の配慮をしていますが、宿泊施設のシャワーや水回りが壊れたり、WIFIがつながらなかったりといったトラブルはよく起こりますので、こうした開発途上国ならではの生活環境が苦手な方は、フィリピン留学は向いていないかもしれません。

治安に問題がある地域も

フィリピンの治安は当然ながら日本と比較すると良くありません。治安は都市により異なり、最も治安が悪いのは首都マニラです。日本人の留学先として人気のあるセブは、マニラよりはだいぶ治安が良く、タクシードライバーなども親切な人が多い印象を受けます。

公共の場ではスマートフォンや財布、電子機器などの貴重品を身につけたり見せたりしない、夜は一人で出歩かない、危険な場所には近づかないなど海外滞在時に最低限気をつけるべきことを守っていれば、トラブルに合う可能性は低いでしょう。

しかし、比較的安全なセブ市内の中でもスラム地域などは全く事情が異なりますので立ち入ってはいけません。乗り合いタクシーのジプニーはなるべく利用せず、タクシーを使うなどの工夫も必要です。また、セブ市内のマンゴーストリート、コロンストリートと呼ばれる繁華街では、日本人が客引きに騙されたり、怪しい人物に声をかけられたりといった事件も多発しており、ましてアヤラモールと呼ばれる高級ショッピングモールですら男性が女性に声をかけられ、その女性が執拗に男性をどこかに連れ出そうとするといったことも起こっていることから、セブだからといって気を緩めることなく、常に一定の警戒心を持って過ごすことが求められます。

ネイティブの講師ではない

フィリピン留学の場合、当たり前ですが講師はフィリピン人であり、ネイティブ講師ではありません。フィリピン人講師の英語力が高いことは周知のとおりですが、それでもやはりネイティブとは大きな差があるのが現実です。

例えば、フィリピンではアメリカ英語が主流ですが、本当にネイティブと遜色ない綺麗なアメリカ英語の発音ができる講師の数はどうしても限られます。また、発音だけではなく、英語を話すスピードもネイティブよりはかなりゆっくりです。そのため、英会話の初心者にとってはフィリピン人の英語はとても聞き取りやすくおすすめなのですが、フィリピン人と英語で問題なく会話ができるからといって、ネイティブと会話ができるかというと、そうではありません。ネイティブスピーカーにネイティブスピードで話しかけられれば、ネイティブ英語とフィリピン英語がどれだけ難易度が違うものなのかがはっきり分かるはずです。

そして、発音やスピード以外にも問題なのは、フィリピン人講師の多くはネイティブが良く使う言い回しやスラングを知らないという点です。アメリカにいると毎日何度も聞くような表現を、フィリピンでは全く聞かないというケースも少なくありません。フィリピンの人々がいくら日常的にテレビや映画などを英語で見ていたとしても、普段話している言葉はタガログ語やセブアノ語といった現地語ですので、どうしてもネイティブならではの言い回しが会話に登場する回数は少ないのです。

そのため、フィリピンで語学留学をした後にアメリカに留学すると、いかに両者の英語が異なるかがはっきりと分かるはずです。もちろん、フィリピンでの留学により自分の考えや意見を英語で伝える力や、基礎的な英語コミュニケーションスキルは飛躍的に伸ばすことが可能です。しかし、それでもいざアメリカに留学してみると、多くの人はネイティブと対等に会話するためにはまだまだ上達が必要だと実感するのです。

講師の当たり外れは大きい

これはフィリピン留学に限ったことではありませんが、フィリピンの語学学校の講師には当たり外れが多いのも現実です。英語を第二言語として学習する人向けの専門的な指導資格を持ったプロフェッショナルなベテラン講師もいる一方で、フィリピンの語学学校に在籍する講師の多くは、大学や大学院で学びながら講師も掛け持ちしている20代前半の講師です。

もちろん、年齢が若い講師の中にも非常に綺麗なアメリカ英語を話す講師はたくさんいますし、高い指導力や優れた人間性を兼ね備えた講師もいます。しかし、彼らの多くは、英語がいくら得意だったとしても「教える」という点に関してはプロフェッショナルではありません。生徒の個性に応じた指導方法やカリキュラムを考えたり、アメとムチを使い分けたりといった教育技術については素人です。最近では講師の質向上に向けた研修などに積極的に取り組んでいる講師も多いのですが、語学留学でフィリピンにやってくる留学生の増加に伴い、多くの語学学校は常に新しい講師を採用し続けていますので、それらの新米講師にあたると、英語力だけではなく指導力や熱意などに対して物足りなさや不満を感じることもあるでしょう。

日本人慣れしすぎた講師陣

フィリピン人講師は概してとてもフレンドリーかつ親切で、日本人との相性も非常に良いと感じます。しかし、英語の上達という観点で考えてみると、それが逆に足枷となる可能性もあります。フィリピンの語学学校に務める講師の多くは日本人や日本人の英語にとても慣れていますので、日本訛りの強い英語に対するリスニングスキルも高いですし、単語と単語をつなぎ合わせただけのような伝え方でも、彼らの理解力が高いがゆえに会話が成り立ってしまうのです。

そのため、フィリピン人講師と英会話を続けていると、自分の実力以上に英会話力がついたと錯覚してしまうことがあります。しかし、フィリピン留学後にいざアメリカやイギリスのネイティブスピーカーと話してみると、彼らの言っていることもさっぱり分からないし自分の言っていることも理解してもらえないということがよく起こります。

グローバルに通用する真の英語力を身につけたいという方は、その点をしっかりと理解したうえで英語の学習に取り組む必要があります。フィリピン留学の成果に満足することなく、ネイティブやその他の国出身の様々な英語に触れ、実践力を身につけることが重要です。

マンツーマンのデメリット

マンツーマンレッスンのいいところは、とにかく英会話の量を担保できるという点です。日本人の最も大きな課題であるスピーキング力を向上させるためには、とにかく英語で考え、英語で話す機会をできる限り多く増やし、継続するしかありません。そのうえでマンツーマンレッスンが効果的なことは間違いないのですが、実践的なビジネス英語力という意味でいくと、マンツーマンレッスンだけでは必要な力が身につかないのも事実です。

アメリカやイギリスの語学学校では、様々な国籍の生徒が集まり、一クラス10~15名あたりで構成されるのが一般的です。生徒はアジアだけではなくヨーロッパや南米、アフリカなど世界中から来ており、グローバルな雰囲気を存分に味わえます。こうした環境に立たされると、間違っているかどうかも深く気にせずどんどんと積極的に発言する他国の生徒に押されて、日本人はどうしても発言回数が少なくなってしまいがちです。しかし、多くの場合、日本人留学生はこのままではダメだと思い、何度かクラスをこなすうちに自分も積極的に発言し始めるのです。こうして自分の殻を破り、周りを気にせず英語でどんどん発言をしていく度胸こそが、グローバルビジネスの現場においても求められているのです。

欧米の語学学校であれば、日本人であれば誰もが味わうこうした挫折と克服を疑似的に体験することができますが、フィリピン留学の場合、こうした環境に追い込まれることがないため、本当の意味で使える英語力は身につきづらいと考えることもできます。

英語を使ってビジネスの現場で活躍するためには、フィリピン留学のようにマンツーマンで効率的にベーシックな英会話スキルをつける時間も、欧米留学のようにグループの中でも恐れずに堂々と自分の意見を英語で発信するスキルを身につける時間も、両方が必要なのです。

出会える人が限られる

フィリピン留学の魅力は何といっても日本から5時間程度ですぐに来れるという気軽さです。しかし、この日本から近いという立地は、裏を返せばデメリットともなりえます。それは、フィリピンに語学留学をしにくる人々はどうしてもアジア圏に限定されがちだという点です。フィリピンに語学留学で来ている人のうち、最も多いのは韓国人です。その他、日本人、中国人、台湾人など近隣のアジア諸国からの留学生が多く、中東からの生徒もいるにはいますが数はそれほど多くありません。ヨーロッパや南米からやってくる留学生はほとんどいないのが現状です。

しかし、例えばアメリカの語学学校の場合、日本、中国、韓国、台湾といった東アジア勢はもちろん多いのですが、それ以外にもベトナムやタイ、スリランカ、サウジアラビアなど他のアジア諸国の学生、加えてスペインやフランス、ドイツ、スイス、ノルウェーなどヨーロッパの学生、加えてブラジルやベネズエラ、コロンビアの学生など、非常に多くの国籍の生徒と出会う機会があります。

欧米へ語学留学するのとフィリピンへ語学留学するのとでは、留学により得られる友人や知人のネットワークが大きく変わってくるのです。こうした目に見えない財産はないがしろにされがちですが、英語を学ぶ本来の目的を考えれば、できる限り幅広い国籍の人々と触れ合う経験をしたほうがよいことは間違いありません。

フィリピンのリゾートの実力

フィリピン留学、特にセブに留学する場合の特典として多くの方が楽しみにしているのが、フィリピンらしい南国リゾートで過ごす時間です。セブ島ではシュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティも数多く楽しめますし、リゾートホテルのビーチやプールサイドでゆっくりと過ごすだけでも優雅な気分を味わうことができます。しかし、海の綺麗さや透明度という点で考えると、セブ島のビーチや海はそこまでレベルが高くありません。南国リゾート好きの方であれば、沖縄のほうがよいと感じる方もいるかもしれません。

セブからさらに国内線で1時間程度かけてボラカイ島やパラワン島といったリゾート地に行けば、沖縄でも到底味わえないような綺麗なブルーの海に出会うことができますが、全ての方がこれらのエリアに行けるわけでもありません。セブのビーチに期待しすぎると、がっかりする可能性もありますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしょうか?フィリピン留学にはぜひともおすすめしたい素晴らしいメリットが数多くある一方で、あまり強調されることはないデメリットも存在しているのです。現在フィリピンへの語学留学を検討している方は、ぜひメリットだけではなくデメリットにも目を向けながらベストな選択をしましょう。

フィリピン語学留学に関する記事の一覧を見る

The following two tabs change content below.
ENGLY 編集部

ENGLY 編集部

ENGLY 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。