こんな人は要注意!語学留学に失敗する人の5つの共通点

語学留学の成功談はあらゆるメディアでたくさん知ることができます。しかしその一方で、一念発起をして海外へ語学留学をしたのにも関わらず、「英語もあまり上達しなかったし、出会いもなく残念な結果で終わってしまった。こんなことなら語学留学なんてしなければよかった。」と帰国後の英語学習へのモチベーションまでも下がってしまったという方も中にはいるのではないでしょうか。

では、具体的にどのような人が語学留学に失敗してしまうのでしょう。事前の心得や準備、現地での過ごし方を中心に語学留学に失敗する人の5つの共通点をご紹介します。

1. 留学の目的が定まっていない

どんな目的で留学に行くのか?語学留学をするための一番重要なポイントとなる目的がはっきりと具体的に定まっていない留学は、とても危険で失敗する確率が高いといえます。

なぜ語学留学をすることにしたのか?語学留学に通ってどのように成長したいのか?をしっかりと自分自身に問いかけることが必要です。これらのことを深く考えずに、留学後のゴールが見えていないと、周りの雰囲気に流されがちになります。そして、最終的には楽な方向にばかり流され、気がついたら留学期間を終えてしまっていたという結果に陥るのです。

期間が定められた留学だからこそ、最終的な大きな目標と、モチベーションを保つための小さな目標設定はとても重要です。

2. 留学先のリサーチが足りない

インターネットでたくさんの情報が得られるようになった今、留学先のリサーチ不足で語学留学を失敗してしまったというのは、あまりにもナンセンスなことです。エージェントを通したから大丈夫だろうと高をくくってしまうのもあまりおすすめしません。

留学エージェントはたくさんの情報を教えてくれますが、マイナスとなるポイントは積極的に教えてくれないかもしれません。また、アドバイザーが良いと薦めたカリキュラムや学校が、必ずしもあなたの求めている場所とは限りません。

現地に留学してしまってから「こんなはずじゃなかった」「聞いていた内容と違う」などど納得のいかない結果にならないよう、留学エージェントからある程度情報を集めたら、あなた自身でもリサーチしてみるのをおすすめします。

学校やカリキュラムについてまで調べる時間がないという人であれば、せめて留学先の国や滞在先の地域がどんな場所なのか、気に入って過ごせるところなのかどうかを事前にリサーチしイメージを膨らますことが大切です。そして、できれば治安や危険なエリアについてもチェックしておいてください。

これから英語環境に身を置き、英語漬けて勉強をする気持ちがあるのなら、留学先の事前リサーチもできるところまで、自分で行うのがベターです。

3.留学前の学習準備が足りない

語学留学のための事前準備や手続き等が終了してひと安心すると、「留学は英語を勉強するために行くのだから、すべてをスタートさせるのは現地に到着してからでよい」と多少のんびりとした考えを持ってしまう方もいることでしょう。しかし、そのお気楽な考えはあなたの語学留学を失敗へと導く可能性があります。

英文法の復習、挨拶・自己紹介用の簡単な英会話の暗記など、自分自身で準備できることはいろいろとあります。語学留学は、貴重で限りある時間です。その時間をすこしでも有意義なものとするための小さな努力をしましょう。

4. 現地で日本人とつるんでしまう

初めて訪れた外国での生活、知らない人たちとの交流や慣れない学校生活。母国語でない言葉を使ってこれらの日々を送ることは、あなたが思っている以上にストレスがたまり疲労感を感じることでしょう。

頑張って勉強をした後に、現地で知り合った日本人の人たちと日本語で話してみたら、母国語はなんて楽なんだろう!と思わずにいられません。この開放感は今までに味わったことのない嬉しい感覚です。しかし、母国語というのは恐ろしいもので、つい先ほどまで詰め込んでいた英語をすっかり忘れてしまうほどの強さを持っているのです。

日本人とつるんではいけないと言っているのではありません。ただ、語学学習はスポーツと同じで使った筋肉のぶんだけが発達し、一度休むと鍛えた時間の2倍の速さで衰えていく、というくらい忘れるのも早いということを心に留めておくことが必要です。

5. 失敗を恐れて自分の殻に閉じこもる

大人になると、知らないことは恥ずかしいという気持ちが勝り、失敗を恐れて積極的にリスクを冒すことがなかなかできなくなってきます。社会人としてすでに会社である程度の地位を確立している人であればなおさらそう感じることでしょう。しかし、英語を勉強する場においてこの「間違ってはいけない」という気持ちは、学習の向上を妨げる一番の原因となります。

間違えるのは当たり前、日本語のアクセントがあるのも、話の途中でどもってしまったり、ゆっくりとしか話せないのも当たり前。そう自分に言い聞かせて、自分のペースで堂々と失敗を起こしてください。

こと留学においては、失敗を恐れる気持ちが結局は一番失敗を招き、英語学習の上達を阻む要因になるということを肝に銘じてください。

まとめ

これらは基本的な語学留学の失敗ポイントですが、初めての留学であればこの基本を知っているだけでもずいぶん違います。
また、社会人留学ともなれば、時間やお金の他にも仕事を一定期間ストップさせるというリスクを背負いながらの留学となるでしょう。そこまでして語学留学へ行くのに、結果的に失敗をしてしまい、後悔だらけの苦い経験となってしまっては元も子もありません。

人生の新たな挑戦として、ポジティブな気持ちで計画をした語学留学を残念な結果で終わらせないためにも、これらのことは心に留めて行動してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
佐々木 久枝
カナダ在住。各地図書館の本を読破することが楽しみの一つ。いわゆる本の虫。言葉や文字にとても惹かれ、現在は英・仏語を話し、国内外で語学講師の経験を持つ。移住を機にリモートワーカーとなり執筆、翻訳、通訳、取材、商品紹介のキャッチ等を手がける。述べ20カ国以上を旅した経験から世界は繋がっていると体感し、国も人種もボーダレスな人生を謳歌する一児のママ。(ブログ:https://writer-sasaki.blogspot.jp/

Engly 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

Engly編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習

ENGLISH COMPANY

「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースに、90日間で飛躍的な英語力向上を目指す。

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞