英会話スクールに通って英語力が伸びたという話を聞かないのですが?

英会話を始めようと思い立ち、誰かにアドバイスを求めると、「英会話スクールに通っても無駄だ」「英会話スクールに通学して英語を話せるようになった人を見たことがない」といった否定的な意見をよく耳にします。しかし、当然ながらこの答えは真実ではありません。確かに英会話スクールに通っても一向に英語が上達しない人も数多くいますが、一方でTOEICのスコアアップなどしっかりと成果を出している方も数多くおり、伸びるか伸びないかはその人次第、というのが正しい答えです。

英語力を伸ばすために必要なのは絶対的な学習時間であり、英会話スクールはあくまで学習方法の一つでしかありません。英会話スクールへの通学の有無に関わらず、しっかりと英語学習の時間を確保している方は着実に英語力が上がりますし、逆に学習時間が足りない方は一向に英語力が上がらないというだけの違いなのです。

それでは英語を習得にはどの程度の学習時間が必要なのか?という話ですが、この問いに対する回答としては米国国務省の付属機関、FSI(Foreign Service Institute:外務省職員局)の調査データが参考になります。FSIによると、英語を母語とする国務省の研修生にとって日本語は最も習得が難しい言語グループに属しており、習得までに88週間(2,200時間)もの時間を要するとされています。これは日本語と英語の「言語間距離」が最も遠いことに起因していますので、ここでは日本人が英語を習得するのにかかる時間も同じ2,200時間だと仮定します。

日本人の場合、中学・高校で自学自習も含めて1,000~1,500時間程度は英語を学んでいることを考慮すると、個人差はあれども大学生や社会人になってから少なくともさらに1,000時間程度は英語学習に取り組む必要があると考えられます。逆に言うと、1,000時間しっかりと英語を学べば、個人差はあれ誰でもある程度のレベルまでは上達できるということです。

この1,000時間の中に英会話スクールへの通学を組み込むこともできますし、オンライン英会話や語学留学など他の手段を選ぶ方もいるでしょう。大事なことは、英会話スクールへ通学するかどうかよりも、この1,000時間という絶対的な学習時間を確保できるかどうかなのです。

英会話スクールへの通学だけで1,000時間を担保する場合、当然ながらレッスンを受けるだけでは途方もない年数がかかってしまいます。英会話スクールへの通学だけで英語力を高めるためには、レッスン以外にも自宅での予習・復習に時間をかける、英会話スクールが提供してくれるオンライン英会話や学習ツール、アプリなどもフルに活用するなどしてトータルの学習時間を確保していく必要があります。週20時間の英語学習時間を確保できるとすれば、1年間で1,000時間に到達することも可能です。

しかし、仕事が忙しい社会人の方の場合、週20時間という学習時間を継続的に確保し続けるのは簡単なことではありません。そこで最近人気が出てきているのが、レッスン以外の時間も含めて毎日の英語学習時間や進捗を専任のパーソナルコーチが徹底的に管理・サポートしてくれるパーソナルコーチ式の英会話スクールです。パーソナルコーチ式スクールの場合は短期間でかなりの英語学習量を求められるため、カリキュラムをこなしていくだけでもかなりハードなのですが、そのぶん確実に成果を期待することができます。

これまで大手英会話スクールに通学していてもなかなか成果が出なかったが、どうしても短期間で成果を出したいという方は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。さらに詳細については「社会人に大人気!パーソナルコーチ式英会話スクールの魅力とは?」を参考にして下さい。

英会話スクールに関するよくある質問の一覧を見る

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめの英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

シェーン英会話

日本初のISO認証も取得。35年以上の実績を誇る英国式レッスンで学ぶシェーン英会話

NOVA英会話

低価格が強み。講師は全員ネイティブ外国人。「1万円ポッキリ留学」が大人気のNOVA

ECC外語学院

1回80分が基本!カリキュラム・講師・サポートの総合力で選ぶならECC外語学院


The following two tabs change content below.
ENGLY 編集部

ENGLY 編集部

ENGLY 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。