開始時間に間に合わなかった場合、レッスンは受けられますか?

急な仕事や用事などで、やむをえず開始時間に間に合わないことがあります。こういうとき、レッスンに遅刻してしまったら、レッスンは受けられないのでしょうか。

レッスンに遅刻したときの対応は、スクールにより異なります。15分以上の遅刻は欠席扱いというところもあれば、予約時間枠の中であればレッスンを受けてくれるスクールもあります。

30分間のレッスンに10分遅刻したとき、残りの20分間レッスンを受けることができる場合もありますが、予定時刻に生徒と連絡が取れないことで講師は無断キャンセルとみなし、離席することもあります。このようにレッスンが受けられない場合には生徒側の過失となるため、1回分のレッスンを消化することになります。

レッスンの予約枠自体に間に合わない場合はキャンセルの手続きをしましょう。なお、キャンセルをする場合のルールもスクールによって異なるため、注意しましょう。レッスン30分前までのキャンセルならチケットが返還されるというところもあれば、レッスンの1時間前を過ぎるとキャンセル不可というところもあります。

スクールによっては遅刻やキャンセルをくり返して悪質とみなされた場合には会員情報を削除されるケースもあります。

まずは遅刻することがわかった時点で前もって伝えるようにしましょう。そして講師がコールに応答してくれた際には必ず謝りましょう。”I’m sorry I’m late.”(遅れてごめんなさい)に加え、遅れてしまった事情を伝えます。

なるべく遅刻のないようにスケジュール調整しつつ、遅刻をしてしまった場合にはスクールのルールに従って対応しましょう。レッスン時間前の対応に迷ったときには、カスタマーセンターへ相談しましょう。

オンライン英会話に関するよくある質問の一覧を見る

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめのオンライン英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

DMM英会話

ネイティブ含む60ヶ国以上の講師の授業が24時間受けられるのに低価格!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞


The following two tabs change content below.
ENGLY 編集部

ENGLY 編集部

ENGLY 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。