ビズメイツ、国内企業への外国人労働者紹介事業を開始。フィリピンIT人材を正社員として紹介

ビジネス特化型のオンライン英会話学習サービス「Bizmates」を展開するビズメイツ株式会社(以下、ビズメイツ)が6月から国内企業向けに外国人労働者紹介事業を開始することを発表しました。同社に英会話講師として応募した累計20万人のフィリピン人の中から選ばれた、高いスキルをもつIT人材を国内企業に紹介していきます。紹介する際は、正社員として紹介するだけでなく、採用後は日本企業と海外人材双方に語学を教え、また、異文化に対応できるようにするなど支援していく方針です。

ビズメイツが同事業に参入する背景には、日本のIT業界が売り手市場であること、また、IT人材不足が見込まれることがあります。厚生労働省が発表したデータによると、2018年3月時点の情報処理・通信技術者の有効求人倍率は2.47倍となっています。また、経済産業省が発表したデータによると、2030年には78.9万人のIT人材が不足する見込みです。

そうした背景がある中、日本国内における外国人労働者は2017年には約128万人となり、4年前と比較して約2倍近く増加しています。ただ、未だに海外在住の労働者を採用するための国内のプラットフォームは確立されているとはいえず、国内企業が海外で採用活動を行うとなると多大なコストと労力を要しているのが現状です。今後、ビズメイツはこうした課題を解消する一端を担っていきます。

現在、フィリピンは英語運用能力が高いフィリピン人が多いことから欧米の大手企業のコールセンターをはじめとするBPO(Business Process Outsourcing)の拠点となっているだけでなく、フィリピンにおいてIT/BPM(Information Technology and Business Process Management)産業と呼ばれている重点産業7分野(ボイスBPO(コールセンター)・ノンボイスBPO・ソフトウェア開発を含むITアウトソーシング、医療情報管理、エンジニアリングサービス、アニメーションやCGなどのクリエイティブアウトソーシング、ゲーム開発)が目覚ましい発展を遂げています。

IT/BPM産業は、フィリピンのIBPAPデータによると、2022年まで年9.2%の成長を続け、売上高は38.9億米ドルになると見込まれています。また、同産業において毎年10万人分の雇用が生まれ、2022年にはIT分野における正規雇用労働力数が180万人に上るともいわれており、IT人材の著しい増加が予想されます。

人口1億人を超え、その平均年齢は23歳と、今後の発展が期待されるフィリピンの優秀なIT人材を紹介するビズメイツのサービスは、国内企業のニーズにマッチするサービスとして拡大していきそうです。

【関連ページ】Bizmates(ビズメイツ)の口コミ・評判
【参照ページ】職業別一般職業紹介状況[実数](常用(除パート))
【参照ページ】参考資料(IT人材育成の状況等について)
【参照ページ】「外国人雇用状況」の届出状況【概要版】(平成29年10月末現在)
【参照ページ】IBPAP
【参照ページ】PH-IT-BPM-Roadmap-2022
【参照ページ】更なる成長が期待されるフィリピンのIT/BPM産業とは?

The following two tabs change content below.
ENGLY 編集部

ENGLY 編集部

ENGLY 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめのオンライン英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

DMM英会話

ネイティブ含む60ヶ国以上の講師の授業が24時間受けられるのに低価格!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞