はじめてTOEFL iBTを受ける人におすすめの学習法4選

TOEFLはアメリカのETSという機関が開発した試験で、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4セクションで構成されています。アメリカの大学をはじめとして海外の大学の多くが留学生を受け入れる際にTOEFLのスコアを要求しているほか、最近では日本でもAO試験などでTOEFL iBTのスコア提出を要する国際系の大学や学部が増えてきていることもあり、TOEFL iBTを受ける必要に迫られている人は増えているのではないでしょうか。そこで、今回は初めてTOEFL iBTを受けるという方におすすめのTOEFL学習法を紹介します。

  1. 公式問題集を解く
  2. スピーキングとライティングのテンプレートを習得する
  3. TOEFL iBTに必要な語彙を身につける
  4. パソコン上での英文の読み書きに慣れる

1. 公式問題集を解く

ETSから「The Official Guide to the TOEFL Test」という公式問題集が出ています。試験を作っているETSが出版しているだけあって、この公式本は実際の試験にかなり近い内容となっています。TOEFl iBTを受けたことがない人は、TOEFL iBTにはどんな問題が出てくるのかを知るために、まずは一度公式問題集を解いてみることをおすすめします。

なお、問題を解く際には本番と同じように時間を図り、自身の苦手なセクションや課題を把握するようにしましょう。ライティングのトピックもたくさん掲載されていますので、初めの一冊として持っておいて損はありません。

2. スピーキングとライティングのテンプレートを習得する

英語4技能の中でも海外経験がない日本人がもっとも苦手意識を持っており、スコアが低くなりがちなのはスピーキングセクションです。しかし、スピーキングセクションで出される問題はライティングセクションで問われる問題と類似しています。

そのため、解答時間の長さは異なるものの、スピーキングセクションはライティングセクションの口頭バージョンと考えることができ、ライティングとほぼ同じ要領で取り組むことができます。

スピーキングとライティングの両セクションに共通して行える準備が、それぞれのテンプレートを持っておくということです。使うと決めているテンプレートを持っていることで、迷いなく書きはじめたり、自信を持って発話を始めたりすることができます。基本の枠組みや使う単語が少なからず決まっていると、スムーズに進みますし、文の内容を濃くすることに集中することができます。

普段の英会話などでテンプレートを使用することについては様々な意見がありますが、TOEFLのような試験でスコアを獲得したい場合、やみくもに書いたり話したりするのではなく、テンプレートに沿ったシンプルな構成を守り、採点者にとって読みやすくクリアな文を作ることが賢明な策となります。普段の学習からスピーキングやライティングの問題では作ったテンプレートを使って回答するトレーニングを行っておくとよいでしょう。

3. TOEFL iBTに必要な語彙を身につける

TOEFLに限ったことではありませんが、まずは単語を学習することが大事です。TOEFL iBTでは英検準1級レベルの単語がほぼ基礎レベルの単語として求められます。

TOEICがビジネスに関する内容が中心となっているのに対し、TOEFL iBTは留学生が留学先で授業を英語で受けることを想定して作られたアカデミックな内容となっています。そのため、人類学、考古学、美術史、アメリカ史、言語学、地質学などの授業で使われる単語が大量に使われます。マニアックな単語まで全てを網羅する必要がありませんが、頻出度別に分けられている単語帳などを使用して、頻出度の高い単語はしっかりと身につけておく必要があります。

4. パソコン上での英文の読み書きに慣れる

皆さんはパソコン上で行われる試験を受験したことがあるでしょうか?TOEFL iBTの試験が英検やTOEICと決定的に違う点は、すべてパソコン上で行われる試験だということです。

ペーパーベースのテキストなどに書いてある長文はスラスラと読めても、パソコン上にある英文となると視線・態勢・文面との距離感などの条件がいつもと違い、読むスピードが普段より遅くなってしまうという人も少なくありません。ただでさえ初めてのTOEFL受験で緊張しているなかで、そのような普段と違う条件下で問題を解かなければならないとなると、実力が十分に発揮しきれない可能性が少なからずあります。

また、TOEFL iBTでは英検などで行う英作文と違いキーボードで英文をタイピングしなければなりません。普段から英文でのタイピングに慣れていない人は想定以上に時間がかかる可能性もあるので注意が必要です。

TOEFLの学習をする際、特にリーディング、ライティングの学習をする時は、なるべくパソコン上で行うようにし、本番で普段と違う環境に戸惑わないよう慣れておきましょう。最初にご紹介した公式本にはCD-ROMがついていてパソコン上で本番に近い形で問題を解くことができます。そういった教材を積極的に活用するとよいです。

まとめ

いかがでしたか?今回はTOEFL iBTを初めて受ける人におすすめの学習法を4つご紹介しました。上記で挙げているものは、今まで一度もTOEFL iBTを受けたことのない場合に必要最低限行っておくとよいものです。TOEFL iBTは難易度の高い試験ですので、高いスコアを取るためにはたくさんの学習が必要です。試験までにあまり時間がない方や、初めての受験で不安な方は、ぜひ参考にしてみてください!

The following two tabs change content below.
佐藤 ちか

佐藤 ちか

中学2年時にニュージーランドの現地校へ転校する形をとり1年間留学。高校進学後オーストラリアへ交換留学で再び1年間留学。高校在学中に英検1級、TOEIC965点、TOEFLibt106点を取得。早稲田大学国際教養学部に現役合格。現在は英会話講師や、英語学習アプリの運営に携わっている。主に英語の資格対策関連を得意としている。自身でも日々英語学習を続けている。