英語で「英語の学び方」が学べる!TEDトークおすすめ動画3選

TEDとはTechnology Entertainment Designの略で、様々な業界の人が英語でプレゼンテーションを行う番組です。TEDトークは英語で行われており、英語の勉強になるのはもちろん、人生や英語学習に役立つノウハウが紹介されているなど、内容自体とても勉強になるものがたくさんあります。

今回は、英語で「英語の学び方」が学べるTEDトークのおすすめ動画を3つご紹介したいと思います。

1. Rapid Language Hacking(Benny Lewis)

トークの話者であるベニーさんは、大学卒業後にスペインに移住しスペイン語を学び始めました。しかし、スクールに通ったり本を読んだり思いつく限りのことを行っても、スペイン語を習得することができず、自身には語学の才能がないと諦めそうになった経験があったそうです。

ベニーさんは、6ヶ月間かけてもなかなかスペイン語が上達しなかった理由として、スペイン語を「勉強すること」に重点を置いていたためと述べています。そこで、勉強だけをするのを辞め、スペイン語を「話すこと」を始めました。「まだ話す準備ができていない」「話す前にもっと勉強しなければならない」といった様々な言い訳を捨てて「話すこと」に集中し始めたところ、数週間後にはスペイン語を話せるようになってきた実感を持てるようになったそうです。

「言語を話し始めるにあたって、人々は様々な言い訳をする。」とベニーさんは言います。代表的な言い訳の1つに、話すにはまだ十分な語彙力がないから、いうものがあります。ベニーさん自身、記憶力に自信はないそうですが、単語やフレーズを覚えるには楽しむ工夫をすることが大事だと言っています。単語はイメージと関連させて、フレーズはリズムに乗せて繰り返しリピートすると、記憶力に自信がない人でも比較的簡単に覚えることができるそうです。

他にも、「文法が嫌い」「教材を買うお金がない」など、いま言語を話し始めない理由がたくさん出てくるかもしれませんが、ベニーさんはこれらの理由を打ち消す具体的な方法をトークの中で提案しています。

“I think a whole new world will begin if you try and speak a new language with people.”

2. Why you should speak English like you’re playing a video game(Marianna Pascal)

マリアンナさんは20年間に渡って、英語を話すための指導をアジア人に行なってきました。1,000人以上の生徒を指導してきた中で、英語で上手にコミュニケーションをとることができることと、英語のレベルの高さはあまり関係がなく、英語に対するattitude(姿勢)が大きく関係していることに気づいたそうです。「英語のレベルが極端に低いにも関わらず、英語でコミュニケーションを取れる人はたくさんいます」と、マリアンナさんは断言します。

マリアンナさんの娘がピアノの授業を受けていたとき、授業を嫌がる娘を見て、娘のピアノに向き合う姿勢と、生徒たちの英語に向き合う姿勢に共通点を見出しました。マリアンナさんの娘はピアノのレッスンに行くことを恐れていて、その理由はレッスン中のミスを恐れていたからでした。ミスの数が少ない=ピアノが上手である、という考えを、マリアンナさんの娘を含む生徒や教師が持っていたためです。

マリアンナさんの生徒たちもまた、英会話がミスの数によって評価されるのではないか、という恐れを持っているようでした。

学校では小さな文法ミスがあればバツをつけられてしまいますが、実際の世界で重要なのは、話している内容を相手が理解できることです。マリアンナさんは「英語は現代の世界では目的を達成するためのツールである」ということを強調しています。英語力が低くてもコミュニケーションを上手にとることができる生徒は、自信を持っていてミスや批判を恐れていない、とマリアンナさんは感じました。そして、コミュニケーションの際に最も重要なポイントは、話す相手に集中することだと言っています。

英語力が高くても自分自身に集中してしまうと、相手とコミュニケーションをとれない、ということを実体験で感じたそうです。

“When you speak, don’t focus on yourself. Focus on the other person and the result you want to achieve.”

「英語を話すことに自信が持てない」と悩んでいる方は、ぜひこのスピーチを観ることをおすすめします。

3. Learning how to learn(Barbara Oakley)

スピーチの話者であるバーバラさんは、大学の工学部の教授です。彼女は小中高と、苦手な数学や科学では赤点ばかりだったそうです。卒業後は大学に行くお金がなかったため、軍隊に入隊したというユニークな経歴を持っています。

言語や文化が大好きで好奇心が旺盛だったこともあり、26歳で軍隊を辞めてからは世界中の教授に連絡を取り、「どうやって学んだのですか?」「どう教えることで他の人が学べるようにしていますか?」と聞いてまわりました。その中でも神経科学や認知心理学に着目し、その分野でトップの専門家と話し、効果的な学習を行うための鍵を見つけました。

脳の働きは、根本的に異なる2つのモードに大別することができます。何かに集中して取り組んでいる時の「集中モード」と、神経系がリラックスしている状態である「拡散モード」です。ダリやエジソンなどの偉人は、「拡散モード」でリラックスをしながらぼんやりとアイディアについて思考し、そのまま眠りに落ちた後、ふと目が覚めた瞬間に「集中モード」に切り替えて、発明を完成させました。バーバラさんは、効果的に学習をするにはこの2つのモード間を行き来することを推奨しています。

“Learning how to learn is the most powerful tool you can ever grasp.”

トークでは他にも、やりたくないことに出会ったときの対処法や、学習効果を最大にする方法など、英語を学習されている方に役立つ学習のノウハウが紹介されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、英語で「英語の学び方」が学べるTEDトークの動画を3つご紹介しました。ご紹介した3つのトークには、すべての英語学習者の方に役立つ学習のヒントがたくさん詰まっています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
佐藤 ちか

佐藤 ちか

中学2年時にニュージーランドの現地校へ転校する形をとり1年間留学。高校進学後オーストラリアへ交換留学で再び1年間留学。高校在学中に英検1級、TOEIC965点、TOEFLibt106点を取得。早稲田大学国際教養学部に現役合格。現在は英会話講師や、英語学習アプリの運営に携わっている。主に英語の資格対策関連を得意としている。自身でも日々英語学習を続けている。

Engly 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

Engly編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム