英会話のGABA、AI技術で個人個人の細かな英会話レベルの測定実験を開始

英会話レッスンを受けていると、担当インストラクターから英語レベルに関してフィードバックをもらうことがあるかと思います。しかし、話す相手がいつも同じ相手だと、話しているうちにスピードやよく使われる単語などに慣れてくるため、自分の本当の英語レベルがどのくらいなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、マンツーマン英会話スクールを運営する株式会社GABAは、NTTデータ開発のAI技術「corevo®」の音声認識エンジンを使って個人の英会話レベルを測定する実験を始めました。学習者とインストラクターの会話をAIが解析し、Gaba英会話のレベル別の単語リストと照らし合わせて学習者の語彙力や表現力を測ります。

これにより、従来の英会話では計測が難しかった未学習・要復習事項や習得した単語レベル等のフィードバックができるようになるだけでなく、個人レベルにあった学習方法や教材をおすすめしてもらえるようになります。

実験は、12月15日から2018年3月31日の約4か月、NTTデータの企業内スクールで英語初級者から中級者50名を対象に行われます。

効率的な英語学習のために大切なことは、自分の英語レベルを知ることです。テクノロジーとマンツーマン英会話をかけあわせたこの実験は、よりよい英語学習環境を整えるための大きな一歩となるのではないでしょうか。

【関連ページ】Gabaマンツーマン英会話の口コミ・評判を見る

The following two tabs change content below.
ENGLY 編集部

ENGLY 編集部

ENGLY 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。