「一番良かったことは、多角的な視点で国際問題や英語を学べたことです。」カナダ・トロント語学留学体験談

ここでは、語学留学を検討されている方のために、カナダ・トロントへ語学留学をされたteaさんの体験談をご紹介します。カナダへの語学留学をお考えの方はぜひ参考にしてください。

語学留学体験者のプロフィール

ニックネーム teaさん(男性) 留学時の英語レベル 英会話中級
留学時の職業 会社員 留学時の年齢 20代前半
留学先の国 カナダ
留学先の都市 トロント
留学期間 2014年3月から2014年12月まで
語学学校名 ILSC
通っていたコース 日常英会話
レッスン形式 グループレッスン(5名以上)
滞在スタイル アパート・ホテル

語学留学体験談インタビュー

語学留学について

Engly編集部
語学留学をしようと思ったきっかけは何ですか?
teaさん
日本の恵まれた環境だけでなく国際交流の雰囲気を感じながら、自分の培った英語がどこまで通用するのか知りたくなったためです。また表現方法をさらに豊かにさせて、自分の感情を英語で表したいと思ったためでもあります。
Engly編集部
語学学校での授業はどうでしたか?
teaさん
他の語学学校では体験出来ない130もの選択授業を自分の能力に合わせてオーダーメイドしていけました。英会話を通した実践的な授業が多く、1日中英語だけに触れているという感覚が大変新鮮でした。レベル毎に日常表現からビジネス英語を扱っていたので何も分からないという事態には陥りませんでした。
Engly編集部
滞在先(ホームステイ・学生寮など)での生活はどうでしたか?
teaさん
日本のホテルとそこまでの違いは感じませんでしたが、都市と気候の独特なニオイは部屋の中からも日々感じていました。また食事内容や食器一つ一つが見慣れないもので、手に触れたり何か行動する度に心臓がドキドキする感覚になっていたと思います。
Engly編集部
授業以外の時間や休日はどのように過ごしていましたか?
teaさん
知り合った友人達と夜に食事をしたり、街の散策を中心に行っていました。カフェが好きだったので入店しては英語で注文をするといった事もしていました。学校周辺にショッピングモールがあったのでお菓子を買ったり、服を見て楽しんだりしていました。
Engly編集部
留学中にどのような出会いがありましたか?
teaさん
世界40か国の留学生が集まっているので、カナダ在住以外の人とも仲良くなれました。特にヨーロッパ系の人や中南米系の人がクラスに多くいたので、その友人達と仲良くなれました。また何かあった際にお互いが頼れると思い、日本人留学生とも積極的に交流していました。
Engly編集部
語学留学によってどのぐらい英語力は伸びましたか?
teaさん
反射神経的に流暢に会話する事は出来ませんでしたが、リスニング能力は格段に伸びたと思っています。また言葉だけを聞き取ろうとせずに、相手の表情やその時の雰囲気を汲み取りながら英会話をしていけるようになったので、自分の表現方法も向上したように思います。中級カリキュラムならば概ね理解出来ていました。
Engly編集部
語学留学で一番楽しかったことは何ですか?
teaさん
多角的な視点で国際問題やコメディー英語を学べた点です。もちろんプライベートのショッピングやイベントも楽しかったのですが、英語を学ぶという観点からは授業内容の豊富さにワクワク感を覚えていました。初級段階だと日本でも行う基礎的文法や読解表現の勉強があるのですが、中級以上になると映画や写真等の趣味を活かしたコミュニケーション科目を受けられるようになるので、一種の向上心のようなものにもなっていました。
Engly編集部
語学留学で一番辛かったことは何ですか?
teaさん
留学当初は高揚感から全てが楽しく感じられていましたが、1か月が過ぎていくとお蕎麦や味噌汁といった日本食が恋しくなっていく感覚がありました。また気候の寒暖差が大きいので、度々体調を崩していた点が自分自身の中で辛かったです。
Engly編集部
語学留学をして一番よかったと思うことは何ですか?
teaさん
英語で冗談やジョークが言えるようになった事です。日常会話等の根幹部分は授業で教えてもらいましたが、より自分自身の生活に則した英語は友人同士の会話から生まれてきたものだったので、日本で学んでいた時よりも若者英語や流行り言葉のような表現を豊富に知る事が出来ました。また日本について知りたいといった友人もいたので、英語というツールを通して教えてあげられるのは良い機会だなと感じていました。

語学留学先の都市、カナダ・トロントについて

Engly編集部
留学先の国・都市を選んだ理由は何ですか?
teaさん
様々な国で英語は使われていますが、カナダで話されている言葉はより標準型に近くて、発音が聞き取りやすいという評判を聞いたので選びました。ネイティブや地方によっては同じ英語でも通じない事があるので、そうした壁をなるべく排除しておきたいという思いもありました。またトロントを選んだ理由はより高度な英語能力が求められる学校が多く、様々な題材を取り扱ってもらえるので、英語以外の学習にも大きく繋がると感じたためです。
Engly編集部
留学先の都市について、行く前のイメージと行った後でどのようなギャップがありましたか?
teaさん
発展した都市で近代建築を多く抱えている都市だと思っていましたが、実際は殺伐とした空気で無機質な印象を持ちました。しかし予想以上に人柄の良い人が多くて、多国籍の人で溢れているからか、日本人に話しかけられても落ち着いた様子で道案内してくれていました。
Engly編集部
治安はどうでしたか?
teaさん
日本にいる時と変わらない印象です。都会でありながら田舎の雰囲気を感じさせる土地なので、自分のパーソナルスペースは守られている感じでした。学校周辺の交通インフラも整っていましたし、英語が話せるなら長期滞在も問題ないと思っていました。
Engly編集部
食事はどうでしたか?
teaさん
多国籍の人が多い影響からか、街のカフェやレストランには様々な国の料理が提供されていました。それは中南米に限らずアジア料理も盛んに展開されていましたし、区分けされているように各国のお店がありました。そのため食事に飽きるといった事はありませんでした。
Engly編集部
あなたが行った都市のよかった点はどこですか?
teaさん
外国人に寛容なので、留学してすぐに馴染む事が出来ました。住民のような感覚で過ごす事が出来ましたし、カフェがあちこちに点在されていたので、トロントの空気を全身で体感出来る点に良さを感じていました。また意外にもお店の営業が長くて、急な買い出しが必要になっても買いに行けるのが嬉しかったです。
Engly編集部
あなたが行った都市の悪かった点はどこですか?
teaさん
都市の位置関係上から季節という概念があるので、日本にいた時のような服装で過ごせるのは良い点だと思いましたが、寒気が訪れると非常に寒く、防寒対策は時期によってはいの一番に大切だと感じました。また季節関係なく物価が高いので、ある程度の資金がないと長期滞在は出来ないと思いました。

語学留学を考えている方へのメッセージ

Engly編集部
語学留学を検討中の方に一言アドバイスやメッセージをお願いします。
teaさん
海外へ行くのは不安も大きいと思いますが、現地に到着すればポジティブな気持ちの方が強くなります。また英語しか話せないならば英語を勉強しようという意欲が日本にいる時と比べて何倍も高くなるので、飛び込む気持ちというよりも落ち着いた物腰で計画的に留学を検討してみるのも良いかと思います。また留学当初と帰国時でどの程度能力が向上したかが分かるように英文日記を付ける事が大切だと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

Engly 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

Engly編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習

0円留学.com

学費・宿泊が0円!航空券代やVISA関連費のみで留学ができる

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数40万人を超えるオンライン英会話の代名詞