「友達との会話や授業も英語しか使えないので、英語の伸びをかなり実感しました。」オーストラリア・ブリスベン語学留学体験談

ここでは、語学留学を検討されている方のために、オーストラリア・ブリスベンへ語学留学をされたtakaboyさんの体験談をご紹介します。オーストラリアへの語学留学をお考えの方はぜひ参考にしてください。

語学留学体験者のプロフィール

ニックネーム takaboyさん(男性) 留学時の英語レベル 英会話中級
留学時の職業 会社員 留学時の年齢 20代後半
留学先の国 オーストラリア
留学先の都市 ブリスベン
留学期間 2016年1月から2016年12月まで
語学学校名 Inter national school in Brisbane
通っていたコース 日常英会話
レッスン形式 グループレッスン(5名以上)
滞在スタイル 学生寮

語学留学体験談インタビュー

語学留学について

Engly編集部
語学留学をしようと思ったきっかけは何ですか?
takaboyさん
子供のころからの夢で海外の人達と話したり生活をして彼らの考えや生活を知りたかったためです。ただ年齢や金銭面で今がタイミングでこのタイミングを逃すと一生行く機会がなくなると思ったため、会社を辞めていきました。
Engly編集部
語学学校での授業はどうでしたか?
takaboyさん
生徒は日本人や韓国人などのアジア人が半数で残りはコロンビアやブラジル人の南米系で、少しスペイン人などがいました。授業中の発言等は南米系の生徒が多くアジア人はあまりしゃべることがありませんでした。授業内容はゲームなどをおりまぜた楽しいものでした。また、文法を学ぶときも楽しみながら学ぶことを意識した授業でした。
Engly編集部
滞在先(ホームステイ・学生寮など)での生活はどうでしたか?
takaboyさん
学生寮だったため、周りはみんな若い20代や10代の若い人たちだけでした。夜はみんなでわいわいご飯を食べたりお酒を飲んだりテレビを見たりと楽しかったです。ただ、キッチンやリビングはあまりきれいではありませんでした。若いからこそあまり掃除をしたがる人がいなかったためだと思います。
Engly編集部
授業以外の時間や休日はどのように過ごしていましたか?
takaboyさん
授業後は英語の勉強を学校に残ってやったり、図書館に行って勉強をよくしていました。休日は観光地に友人といったりグラブやバーにいってリフレッシュをしていました。また公園でバーベキューをしたり映画をみにいったり市場やショッピングモールにいって買い物をしていました。
Engly編集部
留学中にどのような出会いがありましたか?
takaboyさん
学生寮でしたので10代後半の若い学生や学校では会社をやめてきた人もいました。一番衝撃的だったのはいろんな理由により母国に住めなくなったため、家族をつれて移住をするために来ていたお父さんがいたことです。仕事を得るために英語が話せないといけないので人一倍努力していたように思います。
Engly編集部
語学留学によってどのぐらい英語力は伸びましたか?
takaboyさん
入学した時は中級の一番下のクラスでしたが、3か月後の卒業するときには上級のクラスに入ることができました。特に伸びた分野はスピーキング力です。日本にいると話すことがないですが、友達や授業中も英語しか使えないので伸びはかなり実感しましたが毎日くたくたでした。
Engly編集部
語学留学で一番楽しかったことは何ですか?
takaboyさん
学校や現地で仲良くなった友人と公園でバーベキューやクラブに行って遊んだことが一番楽しかったです。少しお酒が入ればみんな陽気になりますし、日本にはないダンスをするという経験のないことも楽しくできたり、そういった場で新たな出会いもあるので毎回いい思い出ができたと思います。
Engly編集部
語学留学で一番辛かったことは何ですか?
takaboyさん
オーストラリアに行った当初、英語が話せないので意思疎通ができなかったことです。自信がまずないので受け身になって逃げ越しになっているので、友達もできないですし誰かに話しかけられても曖昧な返事をして毎日夜に後悔していました。
Engly編集部
語学留学をして一番よかったと思うことは何ですか?
takaboyさん
いろんな国の友達ができたことです。彼らの価値観や考え方が日本人のものと全く違ったり参考にできる面もあれば、日本人の良い部分も見えてきました。帰国した今でも時々連絡を取り合うほどの仲になった人もいて一生の宝だと思います。

語学留学先の都市、オーストラリア・ブリスベンについて

Engly編集部
留学先の国・都市を選んだ理由は何ですか?
takaboyさん
ビザの関係が大きいです。ワーキングホリデービザでいったため、取得できる国が決まっていて条件もありました。その中で日本との時差も少ないですし、英語圏で過ごしやすい気候などでオーストラリアに決めました。都市は都会過ぎず田舎過ぎないところという点でエージェントさんのアドバイスを元に決めました。
Engly編集部
留学先の都市について、行く前のイメージと行った後でどのようなギャップがありましたか?
takaboyさん
行く前は少し田舎であまり好きになれないと思っていました。私が都会が好きというのもありましたが行ってみてすごく過ごしやすい環境で交通量もちょうどいい感じでした。滞在中に移動する予定でしたがあまりに気に入ったため、結局一年間同じ都市にとどまってしまいました。
Engly編集部
治安はどうでしたか?
takaboyさん
私の住んでいた場所はあまり良いところではありませんでした。私は男であったため何もありませんでしたが女の子は変な車につけられたりということもあったみたいです。メインの中心街に行けば24時間警察官が見回りをしてくれているので、比較的安全でした。
Engly編集部
食事はどうでしたか?
takaboyさん
日本には勝てないと思いました。私はあまり食事が合わずパスタばかり食べていました。あちらのお米もあまりおいしくなく大きいお肉とチップスがメインですので、すぐに飽きが来ます。また値段も高いのであまり外食ができませんでした。日本食も外国人の好む味にしてあったので日本人好みの味ではなかったです。
Engly編集部
あなたが行った都市のよかった点はどこですか?
takaboyさん
都会過ぎない場所だったため、アジア人が少なかったことです。シドニーなどの大都会にいくと街を歩いてみるとあまりオーストラリアと感じられないこともありました。私の言った都市はちょうどいい感じのところでまた、少し田舎の雰囲気もあったためか、よくレストランや電車の中で日本人かと話しかけられました。日本が好きな地元の人が多く友好的に仲良くなれたりできたと思います。
Engly編集部
あなたが行った都市の悪かった点はどこですか?
takaboyさん
有名な観光名所がないことです。住む分にはいいのですが友人に勧めたり、実際に遊びに来られたりすると案内する場所がなく説明にも困ります。帰国後にどこの都市に行ったのかと聞かれる際に応えて説明しても微妙な反応をされてしまいます。

語学留学を考えている方へのメッセージ

Engly編集部
語学留学を検討中の方に一言アドバイスやメッセージをお願いします。
takaboyさん
行く前に何を目的に留学するのかを明確にすることです。そして日本にいる間に留学先でやることを現地の人と連絡をとり準備してしておくことです。行ってからではなかなか行動に移れなかったり、甘えてすぐに帰国してします人もいます。自分を追い込むという意味でも逃げ道を断ってやらなければいけない状況にしておくといいと思います。

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

Engly 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

Engly編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

フィリピン語学留学

海外留学実績3,700名以上!オンライン英会話で留学後も継続学習

0円留学.com

学費・宿泊が0円!航空券代やVISA関連費のみで留学ができる

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数40万人を超えるオンライン英会話の代名詞