発音や訛りは大丈夫?フィリピン人講師の英語力

フィリピンへの語学留学を検討される際に、日本人英語学習者の多くが心配されるのが、ネイティブスピーカーではないフィリピン人から英語を学んで本当に大丈夫か?という点です。英会話の初心者にとっては、最初に間違った発音や訛り、言い回しなどを記憶してしまうと、後から修正するのはなかなか簡単ではありません。そのため、できれば最初から正しく綺麗な英語を学びたいという気持ちはよく分かります。

フィリピン留学に関するウェブサイトや書籍などでは、フィリピンでは英語が公用語であり、初等教育の段階から母国語の授業を除いて英語で科目を習うため、日本人よりも非常に英語力が高いという意見が大半を占めています。実際にフィリピンに行ってみると分かりますが、人々は映画館では字幕なしで英語の映画を楽しんでいますし、ショッピングやレストラン、ホテル、タクシーでも英語はほとんどの場面でしっかりと通じます。看板や文書なども英語で溢れており、日本人より英語力が総じて高いことは間違いありません。

しかし、そうは言ってもフィリピンではタガログ語やセブアノ語をはじめとする数多くのローカル言語があり、普段は人々も現地の言葉で話しているのが現状です。フィリピン人ならではの発音や訛りもありますし、ネイティブがよく使用するような言い回しやスラングをフィリピン人が同じように使うわけではありません。その意味では、フィリピンの英語が全く問題ないかと言えば、そう言い切るのもなかなか難しいところです。

そこで、ここではフィリピン人講師の英語力は実際にどの程度なのか、様々な角度から検証していきたいと思います。

データから見るフィリピン人の英語力

まずは、既に公表されているいくつかのデータを基にして、フィリピン人の実際の英語力について見ていきましょう。

英語人口は世界第3位?

フィリピン人の英語力を測る指標としてよく引き合いに出されるのが、フィリピンの英語人口は世界第3位というもの。実際に、本当にそれほど多くの人が英語を話しているのでしょうか?完全なデータではないものの、英語版Wikipediaに掲載されている”List of countries by English-speaking population“を見てみると、フィリピン人では人口の92.5%にあたる8980万人が英語を話すことができ、この数はアメリカ、インド、パキスタンに次いで世界第4位、英語が母国語であるアメリカを除けば世界第3位、という数値となっています。人口が多いものの英語話者比率は決して高くないインドやパキスタンとは違い、フィリピンは90%以上の人々が英語を話せるという点も特筆に値します。

フィリピンのビジネス英語力は世界No.1

続いて、米国カルフォルニアに拠点を置くGlobal English社が公表しているBusiness English Index(BEI)と呼ばれるビジネス英語力に関する国際指標の調査結果を見てみましょう。このBEIは世界78ヶ国、13万人以上を対象に各国の人々のビジネス英語力を調査したもので、日本も参加しています。

BEIでは、ビジネス英語力をBEGINER(1~3)、BASIC(4~6)、INTERMEDIATE(7~8)、ADVANCED(9~10)の10段階に区分しているのですが、下記2013年の調査結果を見てみると、フィリピンのBEIは7.95となっており、オランダやノルウェーなど非常に教育水準が高いヨーロッパ各国や、イギリス、オーストラリアなど英語を母国語とする国すらも抑えて、堂々の世界第1位に輝いていることが分かります。アメリカやイギリスなど英語を母国語とする国のBEIが低いのは、これらの国には移民をはじめとしてネイティブスピーカーではない人々も含まれているためです。

bei(出所:Heightened Urgency for Business English in an Increasingly Global Workforce

逆に、日本のBEIはどうかというと、4.29となりフィリピンとは3スコア以上の差があります。この現状を考えると、フィリピン人から英語を学ぶということは十分合理的だと考えることもできます。

フィリピンのTOEFLスコア平均は90

続いて、英語力に関する代表的な国際指標の一つ、TOEFL iBTのスコアについても見てみましょう。下記は、TOEFLが公表している2015年の各国別のスコア平均のうち、アジア諸国のデータのみに絞ったものとなります。少し分かりづらいですが、5列あるスコアのうち、左からリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングとなり、一番右端が合計スコアとなります。合計スコアを比較してみると、フィリピンは90で、シンガポールの97、パキスタンの91に次いで第3位となっています。一方の日本は71で、ラオス、タジキスタン、アフガニスタンに次いで下から4番目となっています。

toefl(出所:Test and Score Data Summary for TOEFL iBT® Tests(January 2015– December 2015 Test Data

なかなか受け入れがたい現実ではありますが、これが日本人の英語力の実力であり、フィリピンはおろか、アジア諸国のほとんどの国よりも英語力が低いのが現状です。海外の大学院やMBA留学を目指したことがある方であれば、留学前にTOEFLで90点以上をとることの大変さを実感している方も多いと思いますので、平均が90というフィリピンの凄さがより身に染みて分かるのではないでしょうか。

フィリピン人講師の実情

上記データで見てきたように、フィリピンは総じて実際に英語力が高く、国際的な評価を得ていることが分かります。しかし、マクロなデータの結果がいくら優れているとは言え、実際にレッスンをしてくれる講師の英語力が低くては意味がありません。実際にフィリピンの語学学校で働いている講師の実力はどの程度なのでしょうか?

フィリピンのセブにある語学学校、ブライチャーの創業者である松井博氏は、同氏のブログの中で、「平均的なフィリピン人講師の英語レベルが低すぎる。実例を公開します」と題して同社に応募してくるフィリピン人の英語力の実情を公表しています。

同氏の指摘する通り、残念ながらフィリピンにある語学学校の全ての講師が、英語講師として十分な英語力を有しているわけではありません。フィリピン人講師が会話の中で間違った文法を使っていることもありますし、ネイティブが使うような難解な表現は使えずに、自分が慣れ親しんでいる簡易な言い回しを何度も繰り返して使っている講師などもいます。

講師の質については、語学学校によって大きなばらつきがあるのが現状です。ブライチャーのようにしっかりとした選考基準を設けている学校もあれば、とにかく生徒受け入れ体制を整えるために選考ハードルを下げて採用を続けている学校もあります。

こればかりは実際に現地に行って授業を受けてみないことには分からないですが、学校選びの際には、講師の選考基準や採用フローをしっかりと明示してくれる学校を選ぶのがおすすめです。

フィリピン人講師の発音と訛り

多くの日本人が気にしているフィリピン人講師の発音と訛りについてもご説明します。フィリピンでは一般的にアメリカ英語が話されていますので、発音もイギリス英語ではなくアメリカ英語がベースとなります。

しかし、フィリピン人講師の全員がネイティブと全く遜色のない流暢なアメリカ英語を話せるかというと、そうではありません。フィリピンは混血が進んでいる多民族国家であり、現地語の訛りはもちろんですが、スペイン語系や中国語の訛りを持つ講師などもおり、訛りの度合いや訛り方も講師によって様々です。

このような多様性をプラスに捉えるか、マイナスに捉えるかは人によって分かれるところです。例えばアメリカに行っても、一般的に日本人がイメージするようなアメリカ英語を全員が話しているわけではありません。アメリカでは東海岸と西海岸でも発音が異なりますし、東海岸でもボストン訛りとニューヨーク訛りなど、地域によって発音が異なります。また、移民が多いアメリカでは、黒人系、アジア系、ヒスパニック系で全く違う訛り方をしています。

英語学習者にとって確かに発音や訛りは気になるところですが、そもそもこれが「正しい英語の発音」と定義するのが難しいほど世界中で違う発音の英語が話されている以上、綺麗なアメリカ英語にどこまでこだわるべきか、という点も考えるべきでしょう。むしろグローバルビジネスの現場における英語の実践力を身につけたい方は、フランス訛り、スペイン訛り、インド訛り、中国訛りなど様々な地域の英語に触れ、仮に相手が綺麗な発音でなかったとしても相手の意図をしっかりと理解できるリスニングスキルをつけることのほうが重要です。

また、フィリピン人の英語が訛っているように、当然ながら日本人の英語にも日本独特の訛りがあります。仮に訛りの強いフィリピン人講師から英語を教えてもらうとしても、彼らの訛りを身につけるよりも、日本人独特の訛りを取り除くほうがはるかに難しいと言えます。

訛りや発音は必要以上に気にすることなく、まずは自分の意見や考えを堂々と正しい文法と豊かな語彙で伝えられるようになることを重視することをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?結論としてフィリピン人講師の英語力について言えることは、彼らは総じて日本人よりも英語のベーシックスキルが高く、国際的にも高い評価を得ているという点です。ただし、実際の講師の英語レベルについては当然ながらばらつきがあるため、しっかりと講師の質を担保している語学学校を選ぶことが重要です。そして、フィリピン英語の発音や訛りについては、必要以上に気にすることなく、むしろ多様な英語に触れるチャンスと捉えることをおすすめします。

フィリピンへの語学留学をきっかけとして、グローバルに活躍するキャリアを築いている方は数多くいます。語学留学を検討されている方は、ぜひフィリピン人講師の力を借りながら、大きな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

フィリピン語学留学に関する記事の一覧を見る

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。