いくらかかるの?安いと評判のフィリピン留学の費用・料金相場

フィリピン留学の大きな魅力の一つが、何と言ってもその安さです。フィリピンへの語学留学はアメリカやイギリスへの留学と比較して半額程度の費用で行くことができるため、コスト面で考えると非常に魅力的です。しかし、実際のところフィリピン留学はどのくらいの費用で行けるのでしょうか?ここでは、フィリピン留学にかかる実際の費用相場について詳しくご紹介します。

フィリピン留学にかかる費用の内訳

語学留学には語学学校に支払う授業料や宿泊以外にも、様々な費用がかかります。そこで、ここではフィリピン留学全体にかかる費用について、できる限り細かく内訳を出してみました。これからフィリピン留学を検討されている方はぜひ参考にしてください。

往復の航空券代

日本からフィリピンへの往復の航空券代は、航空会社やシーズンによっても異なります。また、セブ留学の場合はマニラ経由ではなく直行便にすると料金が高くなります。日本からフィリピンに行く場合、最もメジャーな航空会社はフィリピン航空、もしくはLCCのセブパシフィック航空となります。フィリピン航空の場合は往復6~7万円程度、セブパシフィックの場合は往復3~4万円程度が相場となります。

授業料・滞在費

まず、最も費用がかかるのが、語学学校に支払う授業料と滞在費です。この授業料と滞在費用は学校によって大きく異なりますが、1日8コマの授業を週5日受けるスタンダードな留学スタイルを想定したときの1ヶ月あたりの相場としては、10万円~25万円程度となります。

特に費用が変わるのは、授業料ではなく宿泊する部屋のタイプです。複数人で一つの部屋をシェアする集団部屋の場合は費用が安くなりますし、個室を希望する場合は必然的に料金が高くなります。また、語学学校のロケーションや部屋のグレードによっても料金は上がっていきます。

また、フィリピンには社会人専門の語学学校の場合もありますが、そうした学校の場合は必然的にグレードも上がり、料金も高くなります。例えばセブのMBAは、ビジネス英会話コースで一人部屋・デラックスを選択すると1ヶ月でも30万以上かかります。料金は相場の2倍近くとなりますが、そのぶん快適な環境で学習できるため、金銭的に余裕がある社会人からは人気があります。

入学金

語学学校に申し込む際に支払う入学金は、1~2万円程度が相場となります。シーズンによっては入学金が半額になったり無料になったりするキャンペーンを展開しているところもありますので、そうした時期を狙うことで入学金を節約することもできます。

教材費用

教材費用については、その学校オリジナルのテキストを利用しているか、市販の教材を利用しているかなどによっても異なりますが、相場としては数千円~1万円程度を考えておきましょう。

空港ピックアップ費用

フィリピンの空港に到着してから、学校の用意した宿泊施設までの送迎を別途依頼する場合、ピックアップ費用もかかります。ピックアップ費用は無料の学校も多いのですが、有料の場合、相場としては2,000~4,000円程度かかります。また、タクシーを使って自力で行くこともできますが、例えばセブのマクタン空港からセブ市内までは、渋滞の状況にもよりますが片道500~800円程度です。また、ほとんどの学校が帰国時については送迎サービスを行っていませんので、宿舎からタクシーに乗って空港に向かう形となります。

SSP

フィリピンに語学留学する場合、その期間に関わらず、SSP(Special Study Permit)と呼ばれる就学許可証の取得が義務付けられています。このSSP取得自体は語学学校に代行してもらえますが、その費用は6,000~6,500ペソ(14,000円~15,000円)程度で、半年間有効となります。

ACR I -Card

フィリピン留学の滞在期間が59日を超える場合は、ACR I-Card(Alien Certificate of Registration Identity-Card)と呼ばれる外国人登録証も取得する義務があり、こちらの費用は3,000~3,500ペソ(7,000円~8,200円)程度となっています。

滞在ビザ

フィリピンでは30日以内の滞在であれば事前に手続きの必要がない観光ビザでの滞在が可能です。30日を超えて滞在する場合には、語学学校が滞在ビザの延長申請手続きを行います。滞在延長ビザの費用は期間により異なりますが、8週間までは3,140ペソ(7,300円程度)、12週間までは7,550ペソ(17,500円程度)となっています。また、これに加えて学校の代行手数料がかかることもあります。

光熱費

電気代・水道代の光熱費については、使用分を支払うメーター制の学校、滞在費用に含まれている学校、定額を請求される学校など様々です。インフラが未整備なフィリピンでは電気料金が高いため、暑いからと言ってむやみやたらと冷房を使用されるとそのぶん学校側の負担が増えてしまうことから、電気代については細かい設定をしている学校も多いのが現状です。一ヶ月あたりの光熱費は数千円程度かかると考えておきましょう。

生活費(食費・雑費)

現地では生活費のうち、多くを占めるのが食費となりますが、食事については1日3食分の料金が滞在費に含まれている学校もありますし、朝食のみ含まれているケースなどもあります。ただし、フィリピンは物価が日本の3分の1程度と非常に安いため、レストランでも1食あたり200円~300円程度で十分に済ませることができます。食費の他にスーパーなどで日用品を購入したとしても、最低限の生活をするだけであれば月に3万円~4万円程度あれば、十分に生活が可能です。

交通費

フィリピンでの生活は、タクシーでの移動が基本となります。フィリピンのタクシーは初乗り40ペソ(約90円程度)と日本よりもはるかに安く、近場のショッピングモールやレストランなどに移動するだけであれば大体80~100ペソ(180~230円)程度の支払いで済んでしまいます。実際には友人らとタクシーを相乗りするケースも多いと思いますので、1ヶ月あたりの交通費は数千円程度と考えておけばよいでしょう。

海外旅行保険

海外旅行保険は留学期間や補償の内容にもよりますが、1ヶ月であれば1.5~2万円程度となります。海外旅行保険は万が一怪我や事故、盗難などに合った際に非常に重宝しますので、短期間であったとしても必ず加入することをおすすめします。

トータルの留学費用は1ヶ月あたり15~25万円程度

上記を踏まえると、フィリピン留学で1ヶ月にかかる金額は15~25万円程度で、ここに航空券代を加えたとしても、1ヶ月の短期留学であれば高くても30万程度で全て賄えることが分かります。アメリカやイギリスに留学する場合、授業料と滞在費だけでざっと30~40万円程度はかかり、ここに航空券代も含めるとさらに高くつきますので、欧米と比較すればかなりリーズナブルな留学が実現できることが分かります。

価格はコミュニティの質を決める

これまで見てきたように、フィリピン留学の魅力は何といってもその価格の安さであることは間違いありません。しかし、最近はそのフィリピン留学の中でも少し価格が高めの学校が社会人の間で人気が出てきています。セブにある社会人専門のMBAなどもその典型例です。
なぜ、安さがウリのフィリピンで、高価格帯の学校に人気が集まるのでしょうか?それは、価格がそこに来る人の「質」を決めるという側面があるからです。

普段は忙しい社会人にとって、短期で留学できるフィリピンは非常に魅力的です。その中でも経済的に余裕がある社会人は、相場が安いフィリピンだからこそ、あえてグレードを上げて快適な留学ライフを希望するケースが多いのです。

そのため、価格帯が高い学校には必然的に年収も高い大手企業や外資系企業、有名ベンチャー企業などに勤めるハイクラスな日本人の社会人留学生が多く集まる傾向があります。中には大手企業の役員クラスの方と教室で出会うケースも決して珍しくありません。そして、こうしたハイクラスの生徒を集める語学学校は、必然的に講師にもしっかりと投資をしており、採用基準も高く研修もしっかりと行っている傾向にあります。

そこに来る生徒も生徒を迎える講師も共に質が高いため、生徒の満足度は上がりやすく、結果として相場より高い金額を支払っていたとしてもほとんどの生徒が満足して帰国していくのです。このように、語学学校を選ぶ際には見た目の安さだけではなく「価格がコミュニティの質を決める」といった要素も考慮するとよいでしょう。

フィリピン語学留学に関する記事の一覧を見る

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。