いくらかかるの?カナダ語学留学の費用・料金相場

語学留学先をカナダにする大きな魅力の一つが、コスト面です。欧米文化そのものの雰囲気や生活を体験することができ、なおかつアメリカやイギリスよりも安い費用で留学することができるカナダは、コストを抑えて語学留学を実現したい人にとっておすすめの留学先です。しかし、実際のところカナダ留学はどのくらいの費用で行けるのでしょうか?ここでは、カナダへの語学留学にかかる実際の費用相場について詳しくご紹介します。

カナダ留学費用にかかる内訳

語学留学には語学学校に支払う授業料や宿泊以外にも、さまざまな費用がかかります。そこで、ここではカナダ留学全体にかかる費用について、できる限り細かく内訳を出してみました。これからカナダ留学を検討されている方はぜひ参考にしてください。

往復の航空券代

日本からカナダへの往復の航空券代は航空会社やシーズンによっても異なりますが、期間限定のプロモーションやセールを除けば、直行便だと12〜18万円、経由便だと10〜15万円程度が相場となります。

カナダへ行くには直行便の多いエアカナダがもっとも便利で早いです。そのほかにも、東西どちらへ向かうかにもよりますが、アジア経由やアメリカ経由でカナダに入国をする方法もあります。

アメリカ経由の場合は日系の航空会社も利用できるので人気があります。ただし、トータルでの渡航時間が直行便を利用するよりかかってしまうというネックもあり、結果的にエアカナダを利用する人が多いです。

授業料・滞在費

留学先で最も費用がかかるのが、授業料と滞在費です。カナダの語学留学先として人気なのは、バンクーバー、トロント、モントリオールの都市ですが、そのほかにもたくさんの語学留学先、または日本人が極力少ないところでという基準で、マイナーな小さな街を選ぶ人もいます。これらの大体の平均的な学費としては、1ヶ月(4週間)あたり8〜12万円程度が相場となります。

語学学校の場合は、長期割引や、シーズンごとにキャンペーンを行っている学校もありますので、そのタイミングを狙って申し込むと費用を安く済ませることができます。

次に滞在費についてですが、滞在先の選択肢としてあるのが、学生寮、ホームスティ、シェアハウスなどです。その中でももっとも高くなるのはホームスティ、次いで学生寮、シェアハウスとなります。ホームスティの場合は、食事付きの場合もあり、3食を考えるとお得でいいかなという感じもしますが、全てのステイ先が料理上手または味覚が合うとは限らないうえ、その家庭のルーツや宗教によっては食べることができない食事もあるため、その点で不便に感じるかもしれません。

具体的な費用を平均すると、ホームステイは個室・3食付き・インターネット込みで4週間で7〜8万円程、シェアハウスですと、物件によって条件は変わってきますが、おおよそ4〜5万円程となっています。

入学金

語学学校に申し込む際に支払う入学金は、1万円前後が一般的と言われています。入学するタイミングをある程度調整できるのであれば、オフシーズンに限定して入学金が半額や無料になるキャンペーンを展開している場合もありますので、そうした時期に申し込むのも一つの節約方法です。

教材費用

教材費は、真新しい教材を購入するケースもあれば、学校指定の教材があり、その本をコピーしたプリントが配られるケースもあります。カナダの学校ではこのプリントが配られるケースはとても多いです。その場合は、4週間で3,000円当たりが相場です。

光熱費

電気代・水道代の光熱費については、通常の家はメーター制またはセントラルヒーティングシステムですが、一人暮らしをしない限りは、家賃にすでに含まれているか、一緒に住んでいるメンバーで月毎に割り勘にするという支払い方法がほとんどです。寒さが厳しいカナダでは、やはり冬期間の暖房費がかなり高額になるため、その時期に留学をする際は事前に「幾らくらいになるのか?」ということを先方に聞いてみると、おおよその月の出費を知ることができるのでおすすめです。

生活費(食費・雑費)

雑費に関してはトイレットペーパーなどの生活消耗品が高めです。カナダでは、買い物をした際のビニール袋も購入するというところが多いので、環境に関係する商品は日本に比べ少し割高です。また食費については、食品は一部無税、さらにまとめ買いをすると安くなります。肉や果物は日本より安いと感じるかもしれません。外食では、チップ制度もあるため高くつきやすいです。

交通費

カナダの公共交通の交通料金は日本のように一駅ごとの運賃加算ではなくエリアごとに分かれています。滞在する都市によっても変わってきますが、比較的中心地に近いエリアの場合のマンスリーパスは、おおよそ7,000円〜12,000円となります。タクシーは初乗り料金が日本よりも安めなので、帰宅が遅くなった場合には利用するのもおすすめです。

海外旅行保険

海外保険の場合は、日本から事前に加入する方法とカナダに入国してから加入する場合と2通りあります。金額の目安は1ヶ月で、日本が1.2万円、カナダが5,000円程となっているのでカナダで保険に入る方が割安です。ただし、日本の保険の場合は、盗難や個人賠償責任、または生活用動産などの保証までがカバーされているので、万が一のためを考えてどちらにするか選択するのがベストです。

カナダ留学の費用を抑えるポイントはこれ!

留学費用を節約するためのコツを簡単に紹介します。学費は、閑散期などを狙って割引キャンペーンを活用しましょう。そして、生活費を抑えるために普段は自炊中心にして、外食をしたいときには、レストランでお持ち帰りのオーダーをする、またはフードコートなどを利用し、特別な日にレストランで奮発をするなどのメリハリをつけると良いでしょう。住居費はコストがかかりますが、毎月の定期代を考えれば多少高かったとしても、利便性のある学校の近くや街の中心地に住むのが、短期滞在を楽しめるポイントです。

アメリカ、イギリスより費用を抑えてネイティブ英語を学ぶならカナダ

さまざまなカテゴリーに分けて、カナダ語学留学の費用相場についてご紹介しましたが、やはりどの項目を比べてみてもアメリカやイギリスへの留学よりも3〜5割ほどリーズナブルになるのが、カナダ留学です。留学するのであれば、必ずネイティブ英語を学びたい、欧米文化や環境、滞在する街の雰囲気も楽しみたいと考えている方には、価格を抑えてきれいな英語を学べるカナダは、まさにパーフェクトな国といえるでしょう。

カナダ語学留学に関する記事の一覧を見る

The following two tabs change content below.
佐々木 久枝
カナダ在住。各地図書館の本を読破することが楽しみの一つ。いわゆる本の虫。言葉や文字にとても惹かれ、現在は英・仏語を話し、国内外で語学講師の経験を持つ。移住を機にリモートワーカーとなり執筆、翻訳、通訳、取材、商品紹介のキャッチ等を手がける。述べ20カ国以上を旅した経験から世界は繋がっていると体感し、国も人種もボーダレスな人生を謳歌する一児のママ。(ブログ:https://writer-sasaki.blogspot.jp/