カナダ語学留学のメリットとデメリットを徹底比較!

ここでは、カナダへの語学留学を検討されている方のために、カナダ留学に関するメリットとデメリットをまとめました。カナダは、留学の場として長年にわたり人気のある土地であり、留学までとはいかなくても、旅行をかねた短期滞在で英語も勉強してみたいと訪れる方も多くいます。これまでたくさんの方が記してきた、カナダ留学の体験談を見てもメリットがより多く語られています。しかし、どこの国にもデメリットはあるものです。ここではメリット・デメリットの両方の側面からカナダ留学の実態についてご紹介します。

カナダ留学のメリット

まずは、カナダ留学のメリットからご紹介したいと思います。カナダ留学の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 英語が綺麗
  • 治安がよい
  • 学費が安め
  • 異なる人種に寛容

それぞれのポイントについて詳しくご紹介していきます。

メリット1:英語が綺麗

 
カナダ英語は、とても聞きやすくきれいであると言われています。英語を勉強する上で、文法はとても大切な要素ではありますが、相手が何を言っているのか聞き取れないのでは会話は成り立ちません。自信のない英語レベルでネイティブやほかの英語話者と話すことはとても勇気のいることです。しかし、そこを乗り越え2往復でも3往復でも良いから、その相手とコミュニケーションを交わすことが上達の一歩となります。そのときに、比較的訛りのすくない聞き取りやすい英語に触ることで、相手の言っていることがわかる!と自信を持つことができるのはとても大切なことです。
特に、社会人が英語を学ぶ際の目標として掲げるのが、留学後に英語を実践の場で使えるようになる。という点です。その点において、英語がきれいで聞き取りやすいというカナダ英語は、英語上達の速度をぐんと押し上げてくれるコミュニケーションにおすすめの英語であるといえます。

メリット2:治安がよい

カナダは他の国に比べて比較的治安が良いと言われています。その理由として、カナダ人はゆったりとした国民性であり、自然と共存して生活していること。教育の面でも先進国であることから、学生が多いこと。銃規制があり、アメリカとは異なり個人による所持が認められていないこと。などが挙げられます。

実際に他の国での留学や旅行を経験し、カナダを最終地として決めた人たちからの感想を聞いても、この国は治安が良い・他国と比べ比較的安全な国だ。と口を揃えて言います。もちろん自国ではないため、地理や情報に乏しいことや、言語が完璧ではないという点から、日本に住んでいるときよりは注意を払う必要はあります。しかしそのことさえ忘れなければ、穏やかに楽しく滞在期間を過ごすことができる環境が揃っているといえるでしょう。

メリット3:学費が安め

英語の語学留学先として挙げられるアメリカやイギリスと比べると、カナダ留学は費用がが安い点が大きな魅力です。学費はもちろんのこと、それに付随する住居費や生活費も割安なので、総合的な留学費用も安くなります。また語学学校内でのアクティビティや学校外の交際費にしても、自然公園へハイキングに出かけたり、天気の良い日はポットラックなどで食べ物を持ち寄り、ピクニックをしたりして過ごすなど、お金をかけずとも楽しめる環境がそこにあります。カナダを訪れる留学生は、そのような自然を活かしたアクティビティを堪能するために、カナダを留学先として決めたという人も少なくないのです。

メリット4:異なる人種に寛容

カナダは、世界有数の移民大国として有名な国です。欧米人やアジア人の他にも、中東やインドなどたくさんの移民がカナダで生活しています。大規模にいわゆる「チャイナタウン」のような場所が存在するのはバンクーバーやトロントですが、どの州にもその国々の人たちが自身の文化を楽しむことのできる、レストランやカフェ、スーパーマーケットや教会またはコミュニティが点在しています。

たとえカナダに移民したとしても、カナダ人として生きていくというよりは、自身のルーツを守りながらカナダという国の文化と共存するという考え方が通用するのもカナダならではのメリットです。語学留学という短期の滞在だったとしても、日本人である自分を受け入れてもらえ、なおかつ国際色豊かなさまざまな人種と関わりあえるのもカナダ留学の魅力の一つです。

カナダ留学のデメリット

上記で説明したようにカナダ留学にはさまざまなメリットがある一方で、いくつかのデメリットももちろんあります。カナダ留学の代表的なデメリットとしては下記が挙げられます。

  • 気候
  • 娯楽

それぞれのポイントについて詳しくご紹介していきます。

デメリット1:気候

西海岸か東海岸か、滞在する地域にもよりますが、東海岸の場合で、特に冬に行く場合は寒さに注意する必要があります。カナダ留学の人気都市でもある東側のトロントとモントリオールは、1月〜3月上旬にかけては極寒や大雪に見舞われることが多々あります。

気候は一年の中で春と秋が非常に短く、夏は日本と同じくらい、冬は少し肌寒いなと上着が必要になってくる時期を含めれば6ヶ月とも言われています。こんな状況下でもさまざまなアクティビティーを楽しむことは可能ですが、そのためには、カナダ仕様の防寒対策が必要です。手持ちの防寒着やブーツ等を持参してもよいですが、1年以内の短期滞在であれば、カナダのクラシファイドを利用して現地調達するのも一つの方法です。

デメリット2:娯楽

留学する都市にもよりますが、ニューヨークやサンフランシスコ、ロンドンなどの大都市と比較すると、娯楽やイベントが基本的に少ないのがカナダです。もちろん各都市に美術館や博物館、季節ごとにイベントもありますが、数は多くありませんし、観光する場所も世界有数の大都市に比べればこじんまりとし少なめです。

それでもカナダにも行きたいし、娯楽も楽しみたい!というのであれば、北米有数の世界都市と言われ、カナダ国内では娯楽やイベントが盛んにあるトロントを目指すのが良いでしょう。カナダは英語の勉強だけではなく遊びもメインとして存分に楽しみたいという方にはあまりおすすめできませんが、逆に勉強をメインに集中したい方にはよい環境であるとも言えます。

まとめ

いかがでしょうか。カナダ留学には、多少のデメリットもありますが、そのデメリットさえも移住するのではないのだから、経験として楽しむ。という考え方もありますし、上記にあるように、それ以上にたくさんの魅力があります。留学を夢や希望だけでは終わらせない”必要経費等の現実的な面”。滞在自体を左右する”国民性や環境”。そして、”留学後に習得した英語を実践の場で活かしたい、という第一目的の達成”など。これらに近づけるのもカナダ留学をオススメするポイントです。ぜひメリットだけではなくデメリットにも目を向けながら、ベストな留学先の選択をしてくださいね。

カナダ語学留学に関する記事の一覧を見る

The following two tabs change content below.
佐々木 久枝
カナダ在住。各地図書館の本を読破することが楽しみの一つ。いわゆる本の虫。言葉や文字にとても惹かれ、現在は英・仏語を話し、国内外で語学講師の経験を持つ。移住を機にリモートワーカーとなり執筆、翻訳、通訳、取材、商品紹介のキャッチ等を手がける。述べ20カ国以上を旅した経験から世界は繋がっていると体感し、国も人種もボーダレスな人生を謳歌する一児のママ。(ブログ:https://writer-sasaki.blogspot.jp/