社会人の語学留学ってどうなの?おすすめの留学スタイル

英語学習をしている社会人の方であれば、誰しもが一度は海外への語学留学を考えたことがあるのではないでしょうか?

語学留学は、目的意識を明確にしたうえで取り組めば、短期間でも大幅に英語力を向上できるとても効率的な方法です。しかし、現在仕事をしている社会人の方の中には、語学留学期間中のブランクがもたらすキャリアへの悪影響や、留学の費用対効果などが懸念でなかなか一歩が踏み出せないという方も多いのではないかと思います。

そこでここでは、「社会人の語学留学」というテーマで、社会人にとって最適な語学留学について考えていきます。

語学留学で本当に英語力は伸びるのか?

語学留学を検討中の方々にとって、やはり一番気になる懸念が「語学留学で本当に英語力は伸びるのか?」という点だと思います。インターネットでは「語学留学などしても無駄」といったネガティブな意見が聞かれることも多いですが、実際のところどうなのでしょうか?

語学留学による英語力の向上度合いは、当然ながら留学期間によって異なります。留学期間別に大体の期待値を考えるとすれば、下記のようになります。

  • 超短期(1週間~2週間):英語に慣れる程度
  • 短期(1ヶ月~3ヶ月):英語に抵抗感がなくなり、自分の課題が明確になる
  • 中期(4ヶ月~6カ月):一定の成果を実感できる
  • 長期(6カ月~1年以上):英語に対する自信がつく

語学留学の成果には、当然ながら個人差が大きくあります。現状の英語力はもちろん、留学期間中の学習時間や環境づくり、意識によっても成果は大きく変わってきますので、伸びるかどうかは人次第、という側面が最も大きいのですが、あえて期間別に期待できる成果を考えるとすれば上記のようなイメージではないでしょうか。

まず、超短期の留学では、いくら毎日英語漬けにしたとしても、大幅な英語力向上を感じることは難しいでしょう。「英語で聞いたり話したりする環境に慣れた」程度の成果で終わるケースがほとんどですので、人によってはこの程度の期間であれば留学するよりも普通に海外旅行を楽しんだほうがよいという方もいるかもしれません。

また、社会人の方の語学留学の中で比較的人気があるのが1ヶ月~3ヶ月程度の短期留学ですが、3ヶ月間で英語が話せなかった人が自由に話せるようになるということはありません。イメージとしては、「英語に対する抵抗感がなくなる」「今後の学習に向けた自分の課題が明確になる」程度の成果を期待しておくのがよいでしょう。

それ以上の期間となれば、さすがに自分自身で英語力の上達を実感するレベルの変化はあるでしょう。半年以上留学していれば、留学先で相当怠惰な生活を送らない限りは、自分の英語力に対して一定の自信がついているはずです。

語学留学を検討中の方の中には「どの程度の期間がベストなのか?」という質問をする方も多いのですが、本気で目に見える成果を出したいのであれば3ヶ月以上。留学から帰国後の継続的な英語学習を前提に、まずはベースアップを図りたいというのであれば1ヶ月~3ヶ月、というのが一つの目安になるのではないかと思います。

繰り返しになりますが、語学留学の成果は人によって大きく変わります。現地ではレッスン以外の時間も豊富にありますので、この時間を英語の学習に使うのか観光を楽しむのか、日本人の友人と過ごすのか現地の人と過ごすのかなどによっても帰国時の成果は全く違ったものになります。毎日同じ先生の同じ授業を受けてもクラスの成績は生徒によって大きく異なるように、何ヶ月間この学校に行けば確実にこのレベルに到達するといった保証はありません。語学留学というせっかくの機会を活かすも殺すも自分次第だということを肝に銘じておきましょう。

社会人が語学留学をするリスクとリターン

社会人の方が語学留学を検討する際に真っ先に考えるのは、語学留学により一時的に仕事を中断することのリスクとリターンでしょう。語学留学はMBA留学や大学院留学などとは異なり資格が手に入るわけでもないので、留学したこと自体がキャリアとしてみなされることはありません。そのため、社会人の方はこのリスクとリターンをしっかりと考え、語学留学をするか否か、するとしたらどの程度の期間にするのか、などを慎重に判断する必要があります。

社会人が語学留学をするリスク

社会人が語学留学をすることによるリスクとしては、下記が挙げられます。

  • キャリアにブランクができる
  • 帰国後の転職活動が上手くいかない
  • 想定よりも英語力が伸びない

一番のリスクは、語学留学により休職・退職することでキャリアにブランクが空いてしまうという点です。特に3ヶ月以上の中・長期の留学をする方は、帰国後の転職活動に大きな影響が出る可能性がありますので注意が必要です。

英語力を身につけて、語学を活かせる仕事に転職したいと考える方は多いのですが、実際にはいくら英語力があったとしても、それプラスαの専門性やスキル、経験などがなければ転職活動で評価されることはあまりありません。英語だけが強みという場合、想像以上に苦労する必要があるので注意が必要です。

また、語学留学による英語力向上に大きな期待を抱いている方もいるかもしれませんが、上記で説明した通り、留学期間によっては思ったほどの変化が見られない可能性もあります。「海外留学さえすれば必ず英語力は伸びる」という「留学任せ」の発想はいち早く捨てる必要があります。

社会人が語学留学により得られるリターン

一方で、社会人の方が語学留学により得られるリターンも数多くあります。

  • 新たな出会いや経験により価値観が広がる
  • 自分のキャリアを見つめ直す機会となる
  • 自分次第では高い英語力が身につく

語学留学は、ただ単に英語を学ぶ以上のリターンを得られる非常に貴重な機会です。文化や価値観などが異なる海外で様々な国籍の人々とともに生活をすることで、確実に自分が生きてきた世界は広がります。

特に海外では周りの空気に流されず、自分の意思を持ってやりたいことをやっている人も多いので、そうした人々の生き方に直に触れることで、これまでの自分の生き方を見つめ直すきっかけができ、キャリアや仕事に対する価値観が変わることもあります。語学留学をしたことで、思わぬ方向へとキャリアを転換させる方も珍しくありません。

そして、語学留学は自分次第では英語力を短期間で飛躍的に上昇させる機会にすることもできます。現地で海外やネイティブの友人を作る、レッスン外の時間もひたすら英語の自学自習を頑張る、など努力次第で大きな成果を得ることができます。

社会人におすすめの語学留学スタイル

ベストな語学留学のスタイルは個人によっても異なりますが、ここではEngly編集部が独自の視点で、社会人にとってベストな留学スタイルをご紹介したいと思います。

最近注目を集めている社会人フィリピン留学

一つ目は、最近英語学習をしている社会人の間で人気が急上昇している、フィリピン留学です。フィリピンは日本から4~5時間のフライトで行ける身近な南国なので、有給や休暇を使えば仕事を辞めずに気軽に留学することができます。また、他国と比べて留学費用も安い上、授業は一般的な語学留学とは違いマンツーマンがメインなので、短期間でも一定の成果を期待することができます。まさに短期間で効率的に英語力を上げたい社会人にとって理想の留学先と言えるでしょう。中には1~2週間程度の短期フィリピン留学を何度も繰り返している方もいます。フィリピン留学の詳細については、下記を参考にしてください。

有名大学のエクステンションという選択肢

語学留学ではありませんが、社会人の方におすすめの留学スタイルとして、有名大学のエクステンションコースに通うという選択もあります。

エクステンションとは、海外の大学が社会人向けに開講しているビジネス講座で、国際ビジネスやマーケティング、マネジメントなどに関する授業を受けることができます。コースの修了後にインターンシップ機会を提供している学校などもあります。

特にアメリカのコロンビア大学、UCバークレー、UCLAといった有名大学のエクステンションコースは人気があります。エクステンションプログラムを受けるためにはTOEFL・TOEICなどで一定の英語力が求められますが、MBA留学・大学院留学よりはハードルが低く費用も大きく抑えられるうえ、3ヶ月~9カ月程度の短期間で、サーティフィケートを取得することもできるので、ビジネスと英語の両方を学びたいという方にとってはおすすめの選択肢だと言えます。エクステンション留学の詳細については、下記を参考にしてください。

  • エクステンション留学

社会人限定の語学学校がおすすめ

語学留学を検討されている社会人の方におすすめなのが、社会人限定の語学学校です。一般的な語学学校の場合、生徒の大半は高校卒業後の若者や大学生などとなりますので、クラス全体が若い雰囲気となります。また、生徒同士の会話の内容も学生らしい話題が中心となるため、社会人の方の中には話が合わないと感じる方もいるかもしれません。

そうした環境ではなく、一定の社会人経験を持ったプロフェッショナルな大人だけが集まった環境で落ち着いて英語を勉強したいという方におすすめなのが、社会人限定の語学学校です。最近では社会人の語学留学希望者数が増加しているため、それらのニーズを受けて社会人専用のキャンパスやコースを用意する語学学校や、社会人限定の学校などが出てきているのです。

こうした学校に入学すれば、社会人同士で世界中の知り合いを作ることができ、ビジネスや仕事の話題などもできるので、より自分の状況に適した環境で英語学習に励むことができるはずです。ここでは、社会人限定の代表的な語学学校を下記に紹介しておきます。

  • EF社会人の語学留学
  • MBA社会人のフィリピン英語留学

まとめ

いかがでしょうか?社会人だからといって語学留学を躊躇する必要は全くありません。一度語学学校に入学すれば分かることですが、語学学校には世界中から多くの社会人が英語を学びに来ており、最近ではシニア世代の生徒なども増えてきています。語学学習に年齢やキャリアは関係ありませんし、いつ始めても遅くありません。

むしろ、留学先では社会人だからこそ感じることや分かることなどもたくさんあります。キャリアに関するリスクや費用対効果など、抑える部分はしっかりと抑える必要がありますが、目的意識を明確にしたうえでの語学留学であれば、例え短期間であっても必ずその後の人生にとってプラスになる経験ができるはずです。

少しでも語学留学に興味がある社会人の方は、まずは情報収集からでもよいのでぜひ初めの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。