インプット仮説とは?第二言語習得に関するクラッシェンの5つの仮説(4)

第二言語習得研究の分野における第一人者の一人である言語学者のスティーブン・クラッシェン氏は、1970年~80年代にかけて「モニターモデル」と呼ばれる第二言語習得に関する5つの仮説を提唱しました。ここでは、その中でも最も重要な仮説の一つである「インプット仮説」について詳しく説明したいと思います。

インプット仮説(The input hypothesis)とは?

インプット仮説は、クラッシェン氏が5つの仮説の中で「理論」「実践」の両面において最も重要だと主張した仮説で、「人はどのように言語を『習得』するのか」という根源的な問いに対する自身の解を示したものとなります。

インプット仮説において、クラッシェン氏は学習者の言語能力は現在のレベルよりも僅かに高いレベルのインプット(理解可能なインプット)を理解することで、自然的な順序に沿って進歩するものだと主張しました。

クラッシェン氏は現在の言語習得レベルを「i」とし、それよりも僅かに高いレベルを「i+1」と表現しました。「+1」とは自然的な順序に沿った次のレベルのことを指します。学習者は現在の能力を大きく超える「i+2」のインプットでも、現在の能力と変わらない「i+0」のインプットでもなく、「i+1」という理解可能なインプットを受け続けることで自然と言語を習得していくと提唱したのです。

さらに、クラッシェン氏はこの仮説をさらに発展させた推論として、話すことは習得の結果であり原因ではないため、話す能力は直接教えることはできず、理解可能なインプットの結果として自然に表出するものだと主張し、アウトプットそのもののトレーニングは第二言語能力の向上には影響しないとしました。また、自然的な順序に沿って理解可能なインプットが与えられていくことで文法は自動で習得されるため、文法事項を意識的に教育する必要はないとも主張しました。

このように、第二言語習得におけるアウトプットの必要性を否定し、「i+1」という理解可能なインプットのみが第二言語習得につながると主張したのがクラッシェンの仮説における一番のポイントです。

インプット仮説に対する批判

第二言語習得におけるアウトプットや文法教育の必要性を否定し、理解可能なインプットの重要性だけを強調したインプット仮説には批判もあります。代表的な批判としては、そもそも「i+1」というレベルの概念が曖昧であり、具体的にどのようなインプットを指すのかが分からないというものが挙げられます。インプット仮説に対する具体的な反論としては、Merrill Swain氏が唱えた「アウトプット仮説」、言語習得には言葉のやりとり(インタラクション)が重要だと唱えたMichael Long氏の「インタラクション仮説」などが挙げられます。

現在の第二言語習得研究においては、「インプット」は第二言語習得において「必要」であるが「十分」ではないとする考え方が主流となっており、インプットだけではなくアウトプットも言語習得に貢献すると考えられています。

これは、英語学習者の実感値としても分かるのではないでしょうか。そもそも十分なインプットなくしては英語を話したり書いたりすることは難しいものの、一方でアウトプットをすることで初めて自分の中で曖昧になっている文法や規則に気づくこともあり、アウトプットは自分の中にある「知識」と実際に運用できる「知識」との間のギャップに気づかせてくれます。このギャップを把握することがインプットの効率を高めてくれます。

また、アウトプットの必要性に駆られることでインプットの質が上がるという影響も見逃せません。ただテレビを見ているだけのときのリスニングと、伝えられたことを誰かに伝言しなければいけないというシーンでのリスニングとでは、後者のほうが圧倒的に高い集中力を求められるため、結果として学習効率は上がります。このように、アウトプットそのものやアウトプットの必要性が第二言語の習得に与える影響も決して小さくないのです。

まとめ

いかがでしょうか?クラッシェン氏のインプット仮説は、アウトプットはあくまで習得の結果だとして第二言語習得におけるアウトプットの必要性を否定している点に批判が集まっているものの、インプットの重要性については私たちに多くの示唆を与えてくれます。特に理解可能なインプットという「i+1」の概念は抽象的で曖昧ではあるものの、現在のレベルよりも少しだけ高いレベルのインプットに取り組むという手法は、全く単語も文法構造も分からない文章を読んだり聞いたりするよりも効果的だという主張には納得感があります。英語学習におけるインプットの質を高めたいという方はぜひこの「i+1」を意識したトレーニングを課すことをおすすめします。

【参照サイト】Principles and Practice in Second Language Acquisition

第二言語習得(SLA)に関する記事の一覧を見る

第二言語習得研究に基づいて効率的な英語学習をしたい方へ

第二言語習得について学べば学ぶほど、第二言語習得理論に基づく科学的なトレーニングで効率的に英語学習を進めたいと感じる方も多いのではないかと思います。そこで、ここでは第二言語習得に基づく英語学習プログラムを強みとしているおすすめのスクールをご紹介します。第二言語習得研究の成果がプログラムに落とし込まれたスクールで学びたいという方はぜひ参考にして下さい。

第二言語習得研究に基づく英語のパーソナルジム「ENGLISH COMPANY」

ENGLISH COMPANY

ENGLISH COMPANYは、大学受験予備校も運営する恵学社が運営する、英語のパーソナルジムです。長期留学経験者や英語指導資格保有者などの英語指導のスペシャリストが専任のパーソナルトレーナーとして受講生の英語学習をサポートし、90日間で飛躍的な英語力向上を目指します。トレーニングは「第二言語習得研究」の科学的な知見をベースとしており、日本人が受験勉強などを通じて培ってきた英語力を引き出し、実践的な英語力へと転換することを重視しています。既にTOEICスコアを大幅アップさせた受講生も多数おり、実績も豊富なプログラムなので、3カ月で集中的に英語力を高めたいという方には大変おすすめできるサービスです。

「PCPPモデル」に基づいてビジネス英語を学べるオンライン英会話「レアジョブ」

オンライン英会話業界でシェアNo.1を誇り、イード・アワード2017「英会話スクール」オンライン英会話部門でも最優秀賞に選ばれているレアジョブ英会話の「ビジネス英会話コース」では、「PCPPモデル」と呼ばれる第二言語習得研究に基づいた実践的なビジネス英語テキストに基づく英会話レッスンが受けられます。PCPPモデルは、提示(Presentation)・理解(Comprehension)・練習(Practice)・産出(Production)の流れでレッスンを行うことで着実なアウトプット力を身につける学習法です。 ビジネス英会話コースではレアジョブの全講師中、トップ5%の最優秀講師だけが担当するので、テキストはもちろん講師の質も非常に高く、短期間でビジネス英語力を高めたい方に大変おすすめできるオンライン英会話です。

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。