第二言語習得研究(SLA)に学ぶ効率的な英語学習法

人間が母語以外の第二言語を習得するプロセスを科学的に解明する学問「第二言語習得(SLA:Second Language Acquisition)」の理論に基づく効率的な英語学習ノウハウについてご紹介しています。第二言語習得研究においては、人間が第二言語を習得していく過程を脳科学や言語学、心理学、社会学といった学際的アプローチに基づく理論として学ぶことがができ、全ての英語学習者にとって参考になる点が数多くあります。「せっかく時間とコストをかけて英語を学ぶからには、できるかぎり効率的な方法で学びたい」という方はぜひ参考にしてください。

第二言語習得研究(SLA)に関する記事の一覧

効率的な英語学習法を科学する。第二言語習得(SLA)とは?

英語学習者であれば誰もが抱える疑問。それは「どのように英語を勉強すれば、最も効率的に最短ルートで英語を身につけ...

第二言語習得研究から考える、日本人が英語を苦手とする3つの理由

「なぜ日本人はこんなに英語が苦手なのか?」英語学習に苦労している方であれば、一度はこのような疑問を持ったことが...

クラッシェンが唱えた第二言語習得5つの仮説「モニターモデル」とは?

第二言語習得研究において最も有名な人物の一人が、南カリフォルニア大学で名誉教授を務める言語学者のStephen...

習得学習仮説とは?第二言語習得に関するクラッシェンの5つの仮説(1)

第二言語習得研究の分野における第一人者の一人である言語学者のスティーブン・クラッシェン氏は、1970年~80年...

自然習得順序仮説とは?第二言語習得に関するクラッシェンの5つの仮説(2)

第二言語習得研究の分野における第一人者の一人である言語学者のスティーブン・クラッシェン氏は、1970年~80年...

モニター仮説とは?第二言語習得に関するクラッシェンの5つの仮説(3)

第二言語習得研究の分野における第一人者の一人である言語学者のスティーブン・クラッシェン氏は、1970年~80年...

インプット仮説とは?第二言語習得に関するクラッシェンの5つの仮説(4)

第二言語習得研究の分野における第一人者の一人である言語学者のスティーブン・クラッシェン氏は、1970年~80年...

情意フィルター仮説とは?第二言語習得に関するクラッシェンの5つの仮説(5)

第二言語習得研究の分野における第一人者の一人である言語学者のスティーブン・クラッシェン氏は、1970年~80年...

言語転移とは?日本人に間違えやすい英語がある理由

英語を話したり書いたりしているときに、知識としては正しく理解できているにも関わらず、いつも間違えてしまう文法や...

アウトプット仮説とは?第二言語習得に関するスウェインの仮説

第二言語習得において、インプットとアウトプットはどちらがより効果的なのでしょうか。「インプット仮説」で知られる...

なぜお酒を飲むと英語が話せるのか?英語力の向上を妨げる「情意フィルター」とは?

英語を学んでいる方の中には、普段はなかなかうまく英会話ができないけれども、お酒を飲んだ途端に流暢に英語を話せる...

インタラクション仮説とは?第二言語習得に関するロングの仮説

第二言語習得において、インプットとアウトプットとではどちらがより重要なのでしょうか?「インプット仮説」で知られ...






The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。