【インタビュー】スパルタ英会話「3ヶ月の会話量は留学並み!だからできます。」

新宿駅から程近い新宿御苑に本拠を構える、今テレビなどメディアで話題の短期集中型英会話スクールをご存知でしょうか。それが「3ヶ月で英語を話せるようになる」ことを目指し、脳科学に基づいたメソッドでオンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッドなカリキュラムを提供している「スパルタ英会話」です。先日も情報バラエティ番組の「マツコ会議」に取り上げられるなど大きな注目を浴びています。

「スパルタ」というインパクトのある名前が特徴的ですが、実際にはどのような英会話スクールなのでしょうか?今回、ENGLY編集部では気になるスパルタ英会話の内情について同スクールでコンサルタントを務める田井譲さんと高橋舞さんに詳しくお話を伺いました!テレビを見て気になっていたという方はもちろん、短期集中型の英会話スクールを探している方もぜひ参考にしてください。

話者プロフィール:田井 譲氏(スパルタ英会話 語学コンサルタント/英語講師)

神奈川県横浜市出身。学生時代にカナダのバンクーバーに留学経験あり。帰国後は青年海外協力隊に入隊し、ボリビアに滞在。その後は英会話講師を経てスパルタ英会話の語学コンサルタントに。また、講師として初級者向けグループレッスンも担当。趣味は読書とボルダリングとテニス。(上部写真右)

話者プロフィール:高橋 舞氏(スパルタ英会話 語学コンサルタント)

北海道札幌市出身。学生時代にアメリカのサンフランシスコに留学経験あり。求人広告営業を経てスパルタ英会話の語学コンサルタントに。趣味はスノーボードとテニス、登山。(上部写真左)

インタビュー目次

スパルタ英会話とは?独自メソッドに迫る

Q:最初にスパルタ英会話について簡単にご紹介をお願いします。

田井:スパルタ英会話は、一言でいうと3ヶ月という短期集中型のスピーキングに特化した英会話スクールです。脳科学に基づいたスパルタ独自のメソッドで、3ヶ月間で受講生の英語を「話せる」レベルまで引き上げます。スパルタではただ「英会話ができるようになる」だけでなく「英語を使ってやりたいことができるようになる」場所を目指しています。スクールとしては、「語学留学が国内でできる英語漬け体制」「リラックスできるスクール空間」そして「スピーキング特化でトレーニングする」の3点をコンセプトに掲げています。

スパルタ英会話の受付。受付からENGLISH ONLY (英語オンリー)の空間に

スタジオの内観

Q:3ヶ月という期間にはこだわりがあるのでしょうか?

田井:人間が何かを習慣化させるためには少なくとも3ヶ月かかります。英語の勉強を3ヶ月間で習慣化し、さらに習慣化するだけではなく成果も出すために、独自のスパルタメソッドで中身の濃いカリキュラムを作っています。

Q:独自のスパルタメソッドとはどんなものですか?

田井:スパルタでは、脳科学の専門家として知られる慶応義塾大学大学院教授の前野隆司氏に監修いただき、脳科学的にどのようにすれば英語を話せるようになるのかを考えてスパルタメソッドを作成しています。例えば、英語の文章を10回連続で声に出すことでワーキングメモリー(情報を一時的に記憶に留める働き)から短期記憶に変え、その短期記憶を長期記憶化するために1日・1週間後・1ヶ月後というタイミングで復習していくといった教材を脳科学に基づいて作成しています。

Q:プログラムの内容について教えてください。

田井:スパルタではマンツーマンレッスン、グループレッスン、オンラインレッスンという3つのハイブリッド型レッスンを提供しており、マンツーマンレッスンで質の高いインプットとアウトプットを行いながら、質の高い学習で身につけた知識とスキルを活かし、グループレッスンとオンラインレッスンではアウトプットの量を最大化しています。マンツーマンで学習し、グループとオンラインで実際に使うというサイクルを回すことで、使える英語を着実に身につけていただくプログラムになっています。

Q:レッスンではどのような教材を使うのですか?

田井:スパルタの教材はスピーキングに特化した完全オリジナルの教材です。短時間でより効果的かつ効率的に英語が話せるようになるために英単語や表現、英文、学習ポイントなど厳選した英語を収録しているので、スパルタ独自の学習方法でとトレーニングを積んで頂ければ3ヶ月後にしっかり効果を実感できます。

弊社では先ほどお伝えしたように脳科学のメソッドを取り入れており、まずは文章を10回連続声に出す。そして1日後・1週間後・1ヶ月後というタイミングで復習をし、覚えていなければチェックする。チェックした苦手な文章を集中して復習するという誰が見てもすぐに分かる作り方をしています。さらに、テキストを渡すだけではなくコンサルタントがその使い方までしっかりサポートします。この10回連続して声に出し、復習することによって長期記憶化するというトレーニングはぜひ体感していただきたいですね。

ただしテキスト自体は英語のレベルや学習の目的によっては使用しないこともあります。例えば、3ヶ月後に海外でプレゼンテーションをしなければいけないので、そのために英語を勉強したいといった方の場合、テキストは使わずに受講生の方が持参した資料をベースにひたすら3ヶ月プレゼンの練習をするといったことも可能です。

マンツーマン・グループ・オンラインのハイブリッド

Q:マンツーマンの講師はどのような方が担当されるのですか?

高橋:スパルタでは英会話学習の段階から色々な英語に触れておくことを推奨しているため、アメリカやカナダ、イギリス、ニュージーランドなど世界中からネイティブ講師を集めています。将来「イギリス英語は聞き取れない」「オーストラリア英語は難しい」といったことになって欲しくないためです。

有名大学を卒業している講師が多く、採用率も1%ほどで100人に1人の狭き門となっています。例えば代表のカルメン先生は高学歴の女性講師で専攻も教育なので、非常に熱心に教えてくれます。私自身もすごく刺激を受けましたし、女性の方であれば彼女のレッスンを受けると「こういう人になりたい」と思うのではないでしょうか。講師の割合は男女比が7:3という感じで気さくな講師がとても多く、受講生の方が自主的に企画している卒業パーティーにも参加しているぐらいです。

Q:マンツーマンはどのぐらいのペースで受けられるのでしょうか?

田井:マンツーマンレッスンでは週に何回といった縛りは設けていませんが、3ヶ月で24回受けていただくという形になります。ならすと週2回のペースですね。週に一度だけ来て一気に2コマ連続でとるという方もいますし、必ず毎週来る必要もありません。マンツーマンは1コマ60分で、毎回はじめの10分は、グループレッスンを受講している方々と自己表現力UPに繋がるウォームアップをして、残りの50分は講師と1対1でみっちりとレッスンを行う形式です。

マンツーマンレッスンを集中して受けられる個別ブース

マンツーマンレッスンスペース

Q:グループレッスンはどんな内容なのでしょうか?

高橋:グループレッスンは一コマ50分で10分間の休憩を挟み、平日は11時から21時まで、土日祝日は朝10時~17時までずっとやっており、この時間内は自由に参加することができます。そのため、平日であれば最大10時間のグループレッスンを受けることも可能です。

グループレッスンは毎回トピックが決まっており、自己紹介のあとにその日のトピックについて話します。グループレッスンのトピックは事前に受講生にも知らされているので、予習したうえで参加することも可能です。参加人数は時間帯によってもばらつきがありますが、例えば平日の日中の時間帯であれば受講生は5、6名という感じです。平日夜の19時~20時代になると、仕事を終えたサラリーマンやOLの方が集まってくるので、10名前後はいますね。土日祝日の日中は最近だと15名ぐらい参加しています。

グループレッスンを行うスペース

Q:10人以上となると、かなり大人数ですね!講師は1人ですか?

田井:はい、講師は1名で、初級者向けは日本人講師が、それ以外はネイティブ講師が担当しています。グループレッスンの目的が「英語を学ぶ場」ではなく「英語をトレーニングする場」なので、人数の多さはほとんど関係ありません。講師が一方的に話すのではなく、できる限り受講生同士でペアワークをしていただきます。例えば、道案内のロールプレイングでは、最初に講師が代表的な表現だけを説明したうえで、受講生の一人が外国人役、もう一人が案内役となって練習するというイメージです。繰り返し繰り返し同じセンテンスをトレーニングすることで、使えるレベルまで引き上げます。また、講師も英語を話させて終わりではなくロールプレイング中の受講生の英語を聞いているので、アクティビティが終わった後にしっかりフィードバックもします。

Q:受講生のレベルによる差はどうフォローしていますか?

田井:講師としては、できる限り同じレベル同士でペアを組ませるように配慮していますが、中には教えるのが好きな上級レベルの受講生もいますので、その場合はあえてその方と初心者の受講生を組ませることなどもあります。初級者向けのグループレッスンもありますので、様々なレベルの方が心地よくできるレッスンを受けられる環境を整えています。

Q:最大1日10時間受けられるというのは、かなりお得ですよね。

田井:使いようによってはかなりお得ですね。一般的に英会話のグループレッスンでは1コマあたり3,000円ぐらいはかかりますので、まるまるスパルタでグループレッスンを受けて頂ければ3万円分の価値にはなります。ほとんどの他の英会話スクールでは、マンツーマンやグループレッスンの頻度が週2〜3回というのが一般的ではないでしょうか。なので、比較して頂くとスパルタでの会話量が圧倒的に多いということが分かっていただけるはずです。

Q:オンラインレッスンについても教えてください。

田井:オンラインレッスンはLINEチャットを使用して行います。平日は毎日夜20時にトレーナーからその日のトピックが送られてきます。トピックに対してコメントをするとトレーナーから質問が飛んでくるので、それに返信すると、文法をチェックしてフィードバックしてくれます。24時までやりとりができ、隙間時間を利用できるため、忙しい方にも利用しやすいサービスです。その他にも、ご自身で選んだトピックや、教室で習った表現や英文の練習おようび確認などもやってもらっています。講師は遅くとも5分以内ぐらいには返信してくれ、24時まではやりとりが続けられます。

また、チャットの他にも1分間で文法について学べるオンライン動画レッスンもあり、全てオリジナルで制作した500本以上の動画教材を用意しています。動画は1分間で終わるので、電車に乗ったときなどの隙間時間にやってもらっています。

Q:本当にハイブリッドですね!受講生の典型的な1日の過ごし方を教えてください。

高橋:すごく高いモチベーションで入ってきた方の場合、朝10時からマンツーマンレッスンを予約して、1時間みっちりマンツーマンをやります。その後11時からはグループレッスンに参加して、1時間だけランチをしたらまた13時からはグループレッスンに加わり、夜の18時まで続けます。そしてその後は自宅に帰って、20時から24時までオンラインレッスンを受けるという感じです。オンラインのチャットは平日のみですが、平日がお休みの方であればこのような英語漬けのスケジュールも可能です。

Q:他の英会話スクールとの一番の違いは何だと思いますか?

田井:まず、受講生のニーズに応じて個別にカリキュラムを考えられるという点。あとは、インプットとアウトプットができる機会がこれだけ多くある点です。質と量を最大化できる環境を提供できる点が強みです。

高橋:以前から日本の英語学習はアウトプットできる環境が少ないと思っていましたが、スパルタではアウトプットできる環境がスクールにも自宅にもあるという点でとても恵まれていると思います。他の英会話スクールでは、マンツーマンやグループレッスンの頻度が週2〜3回と考えて頂くと、スパルタで会話をするアウトプット量が圧倒的に多いのです。これはスクールとして受講生の方に3ヶ月で本当に話せるようになってもらいたいという想いの現れでもあります。また、価格を見ると3ヶ月で一見高いと感じる方もいるかもしれませんが、マンツーマンも週2回受けられて、グループレッスンも毎日10時間受けられて、さらにオンラインの英語チャットも毎日4時間できるなど、その内容を見てみれば、価格は決して高くないということが分かっていただけると思います。

3ヶ月後の姿をコンサルタントと一緒に考える

Q:コンサルタントの方にはどのようなサポートをしてもらえるのでしょうか?

高橋:コンサルタントは、受講検討中の方が体験レッスンに来ていただいたときに、英語の勉強方法やスパルタのメソッド、英語上達に向けた考え方などを説明させていただきます。そして、受講を決めていただいた後は、3カ月後にどうなっていたいかを深堀りさせていただき、そのうえでその目標を実現するためにどのような3ヶ月間にしていくかを話し合います。また、3ヶ月のなかで何度かコンサルティング面談を行い、学習で困っていることや目標が変わったときの軌道修正など、様々な相談に乗ってその方のカリキュラムの最適化を行います。

コンサルティングスペース

Q:学習のタイムマネジメントもしているのでしょうか?

田井:日々の細かい時間管理も希望される受講生の場合は、1日の中でどのタイミングであれば英語を勉強できるか、朝から夜までのスケジュールを細かく聞きながら一緒に考え、英語学習の習慣化をサポートします。「電車に乗ったらテキストを開く」などのように、自分が毎日やることに学習を紐づけることで、ストレスなく習慣化することができます。

例えば、まずは家に帰ったらすぐに机に座る習慣をつけてもらい、次はテキストを開く習慣をつけてもらいます。初めのうちはテキストを開くだけで大丈夫ですが、それができたら次は1回だけ声を出してもらう。1回声に出すことが当たり前になってきたら、次は10回声に出してもらう。このように当たり前にできることからスタートすることで、徐々に英語学習を習慣化できるようになります。

このプロセスを踏まずにいきなり最初から毎日10回声に出してくださいと言っても実現するのは難しいかもしれないので、コンサルタントが「いつ」「どこで」「何を」「どれぐらいの量」やるのかを相談させていただき、学習を始める際の最初の垣根をできる限り低くするようにサポートしています。

また、コンサルタントは、講師に対する不満や「イギリス英語が分かりづらいから練習したい」といった受講生の要望の吸い上げなども行っています。

Q:宿題などはどの程度課されるのでしょうか?

高橋:宿題は受講生の目的や目標、スケジュールによって内容も量も異なってきますが、例えばテキストを一行ずつ声に出して読み、タイムを測るという宿題が毎日5ページ分あります。また、LINEチャットと動画のレッスンを毎日やるようにお伝えしています。最低限これらを毎日やったうえで、さらに毎回の授業の予習、復習もしっかりとやってきてもらうイメージですね。その他には、自己紹介の練習やメールのライティングなどの宿題があり、マンツーマンレッスンで講師がチェックしています。その場で正しい英語をインプットして頂いています。

自己紹介のトレーニングでは最初に自己紹介の文章をライティングしてもらい、それを講師が添削したうえで覚えて頂きます。発音や文法、ワードチョイスなども講師がチェックします。実際のリアルな自己紹介を練習しますので、即実践に使える内容となっています。

宿題もできる自習スペース

Q:コンサルタントとして一番大切にしていることは何ですか?

高橋:3ヶ月を後悔してほしくないので「結果を出す」という点を強く意識しています。私はネイティブのように英語を教えることはできませんが、そのぶん受講生の気持ち面でのサポートをしたいと考えています。また「3ヶ月で本当に話せるようになるのか?」と迷っている方の背中もぜひ押してあげたいですね。

田井:3ヶ月間終わったときに受講生の方から「ありがとう」「おかげで上達しました!」と笑顔で言ってもらえるように、全力を尽くします。それが一番の報酬です。

受講生同士が仲良くなりやすい、雰囲気の良さが魅力

Q:受講生はどんな人が多いですか?

高橋:年齢でみると下は高校生・大学生の方から上はシニアの方まで幅広くいますが、層としては20代~30代の方が一番厚くなっていますね。もちろん40代、50代の方もいます。男女比は女性が6~7割、男性3~4割ぐらいです。職業は、割合としてはやはり会社勤めの方が一番多いですが、会社の役員の方や企業経営者、留学をしたい大学生の方、主婦の方まで多様です。

あとは、皆さんとても向上心が強いですね。受講生の皆さんからは、グループレッスンはエネルギーが溢れているので、ここに来ると学習に対するモチベーションが落ちているときでもすごくやる気がもらえるという話をよく聞きます。

英語のレベルとしては、中学高校で普通に英語を勉強したものの、海外経験などはないので言っていることは何となく分かってもどのように返せばよいのか分からないといった初級から中級ぐらいの方が多いですね。

Q:受講生同士の交流もありますか?

高橋:グループレッスンをきっかけに仲良くなっている方は多いですね。あとは、月に1度はパーティーもあるので、受講生同士もコミュニケーションをとっています。

田井:私もこの前始めて知ったのですが、スパルタの卒業生の方が自主的に運営しているスタッフも入っていない「スパルタフレンズ」というLINEグループがあるそうで、そこでは英語学習に便利なサイトやセミナー情報、パーティーに行くかどうかなどを情報共有していると聞きました。自宅や職場以外にもコミュニティができているというのは価値があることなのかなと感じています。なぜこんなに受講生同士が仲良くなるのかを考えていたのですが、やはり英語は敬語がないぶん、人と人との距離がぐっと縮まりやすいのかなと思います。

Q:3ヶ月間という短期間で皆さんどのぐらい成果を出されていますか?

田井:たとえば、そろばんを海外に広める仕事がしたいという女性の方は、ずっと英語が嫌いで逃げ続けており、海外にいくときは通訳をつけていたのですが、スパルタを受講後、今では通訳なしでも一人で英語のやりとりができるまでレベルが上がりました。

また、スパルタはTOEICのスコアアップなどは目的としていないため、テストを全員に受けていただくといったこともしていないのですが、受講生の方からは特にTOEIC対策もしていないのにスコアが100点アップした、200点アップした、という話はよく聞きます。もちろんTOEICスコアを集中的に伸ばしたいという方であれば、コンサルタントが目標のスコアをとるための学習計画を一緒に考えたり、学習時間をマネジメントしたりしてサポートすることも可能です。

Q:成果があまり出なかった場合のフォローアップなどもあるのでしょうか?

田井:フォローアップのコースも用意しています。追加で料金をいただく形にはなってしまいますが、追加でマンツーマンレッスンを受けたり、グループレッスン通い放題をもう1ヶ月つけたりすることができます。3カ月のプログラム終了時にラストコンサルティングをやるので、その際にご案内をしています。ただし、できる限りフォローアップコースがなくても大丈夫なように3ヶ月でぐっと英語力を上げていただくのが理想ですね。

Q:受講生の方は、数多くあるスクールの中からなぜスパルタを選ばれたのでしょうか?

高橋:実際に体験レッスンでスクールに来ていただいたときに、グループレッスンの笑いが絶えない雰囲気や、マンツーマンレッスンの講師のよさを実感し、「緊張したけれどすごくよかった」という声をいただくことがすごく多いですね。

田井:グループレッスンの雰囲気は本当によいですね。自分が講師としてやるときも、いつもアクティビティを止めるのが大変なぐらい盛り上がります。あとは、毎回レッスンに出ているうちに徐々に話せるようになる手ごたえをつかんでいただいているという点も大きいと思います。

英語学習者の方へのメッセージ

Q:どんな方にスクールに来てほしいですか?

高橋:色々なスクールを渡り歩いてきたけれども結局話せるようにならなかったという方、絶対に話せるようになりたいという強い気持ちを持っている方に来ていただきたいですね。

田井:「何となく英語はできたほうがよいかな」ぐらいの気持ちだと、スパルタを活用しきってもらうのが難しいというところがあるので、「やる」という気持ちだけは持ってきて欲しいですね。「英語を使ってこれをやりたい」といった目的がある方や、明確な目的がなかったとしても「英語を使えるようになりたい」という強い意思がある方は大歓迎です。

Q:最後に、受講検討中の方にメッセージをお願いします。

田井:スパルタ英会話に来ていただければ「英語を話せるようになる」と自信を持って言えます。これまで話すトレーニングをしていない人は、それをしっかりとすることで必ず話せるようになるという自信があるので、英語を話せるようになりたいという人はまずは体験レッスンにきていただき、スパルタの雰囲気の良さやカリキュラムの内容を体感していただきたいですね。3ヶ月をやりきるという気持ちがある方は全力でサポートします。また、我々はまだまだやりたいことも多く、サービスを創り上げている最中なので、お客様からも要望があればぜひどんどん声を聞かせていただきたいなと思っています。

高橋:3ヶ月という時間を絶対に無駄にはしません。私も「英語が話せるようになる」という点は自信を持って伝えたいですね。3ヶ月間で受講生の方に必要なことだけを伝えるので、本当に話せるようになるのだということを実感していただきたいですね。

編集後記

「スパルタ英会話」と聞くと、思わずスパルタ講師が受講生に対して厳しく指導し、膨大な量の課題を課されて徹底的に学習を管理される、といったようなイメージを描きがちですが、実際にスパルタ英会話に行ってみてコンサルタントの方のお話を聞いてみると、その印象は大きく変わりました。もちろん、毎日最大10時間受け放題のグループレッスンや4時間のオンライン英語チャットなど、大量のインプット・アウトプットを担保するための仕組みは整っているのですが、メソッド自体は脳科学をベースとしていかに効率的に英語力を高めるかという理論的なアプローチに重点を置いており、スパルタ式教育にありがちな精神論ではありません。

また、お話をお伺いして強く感じたスパルタ英会話の魅力は、スクールとしての「雰囲気の良さ」です。コンサルタントの方々の実直なお人柄もそうですし、アメリカの西海岸を思わせるようなお洒落なレッスンスタジオの雰囲気、受講生同士の仲の良さなど、思わず通いたくなる雰囲気のよさがスパルタ英会話らしさなのかなと感じました。

週2回のペースで完全カスタマイズ可能なマンツーマンレッスンが受けられ、グループレッスンも受け放題、さらにオンラインの添削チャットや動画教材まで充実しているというハイブリッド型のスパルタ英会話は、価格面から見てもかなり魅力的なプログラムです。3ヶ月という短い時間で結果を出したい方、英語学習のモチベーションを上げてくれる素敵な仲間と出会いたいという方は、ぜひ一度体験レッスンを試してみてはいかがでしょうか?

スパルタ英会話の詳細

サービス名 スパルタ英会話
URL http://spartan-english.jp/
運営会社名 株式会社Story Land
本社所在地 東京都新宿区新宿1-16-10 コスモス御苑ビル 702
スクール所在地 新宿御苑校(東京都新宿区新宿1-16-10 コスモス御苑ビル 702)
設立 2014年12月24日
資本金 1000万円(2017年3月末調べ)
入学金 5万円
教材費用 入会金に含まれる
期間 1ヶ月〜
コースと料金 ●サービス内容
・対象プロジェクトのテキスト:オリジナルテキスト教材、受講生が用意したテキスト教材も利用可
・コンサルティング:学習進捗状況や強み・弱み、悩みを専属コンサルタントがサポート
・マンツーマンレッスン:週2回、ネイティブ講師と教材を使用したディスカッション形式レッスン
・グループレッスン:毎日最大10時間、ネイティブ講師と他の受講生とのゲーム形式のレッスン
・学習進捗チェックテスト:週2回、前回のレッスン内容をふまえた英会話テストを実施
・スパルタトレーナー(チャット):予約無しで毎日4時間のチャット英会話、英会話を日常に組み込んでアウトプット
・S-チャンネル(動画教材):英会話必須フレーズを1プログラム10分☓30日で学べる動画アプリでスキマ時間に英語力を強化
・自己紹介文の添削:ネイティブ講師が添削する自己紹介をレッスンで繰り返し使用することで英会話基礎力を強化
・書籍やDVDの貸し出し:資格やビジネス書籍、海外の書籍を利用可

●コース内容
・短期集中型スパルタ 1〜4ヶ月コース/ビジネスコース:毎日の通い放題のグループレッスン、細かい箇所のフィードバックを行うカスタマイズ型マンツーマンレッスン、スパルタ強化トレーニング
・長期継続型スパルタ フォローコース:スパルタ卒業生限定のグループレッスンの通い放題、弱点を伸ばすマンツーマンレッスン

●受講料金:198,000円〜(税抜・入会金除く)
・一括払いまたは分割払い(最大3回まで)

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

英会話スクールに関する記事の一覧を見る

英会話スクールランキングの一覧を見る

英会話スクールの一覧を見る

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめの英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

シェーン英会話

日本初のISO認証も取得。35年以上の実績を誇る英国式レッスンで学ぶシェーン英会話

NOVA英会話

低価格が強み。講師は全員ネイティブ外国人。「1万円ポッキリ留学」が大人気のNOVA

ECC外語学院

1回80分が基本!カリキュラム・講師・サポートの総合力で選ぶならECC外語学院