社会人必見!受講料が20%も戻ってくる「一般教育訓練給付制度」とは?

英会話スクールへの通学をお考えの中には、レッスン料金の高さがネックとなって入会を躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、「一般教育訓練給付制度」という仕組みの活用です。この制度を活用すると、なんと英会話スクールへ支払う受講料の一部が戻ってくるのです。そこで、ここでは英語学習者の味方となるとてもお得な「一般教育訓練給付制度」についてご紹介します。

「一般教育訓練給付制度」とは?

「一般教育訓練給付制度」とは、一定の条件を満たした会社員の方が、厚生労働大臣が指定した「一般教育訓練給付制度対象コース」を受講し、修了後に申請をすると、実際に本人が支払った教育訓練諸経費のうち20%(最大10万円)がハローワークから支給されるという制度です。

英会話スクールへ入会する場合、レッスン料金や入会金、テキスト代なども含めて最初の数十万円の費用を支払うのが一般的ですが、なんとそのうち20%、最大10万円ものお金が手元に戻ってくるのです。英会話スクールに通学する会社員の方は、この制度を使わない手はありませんね。具体的にはどのような受講資格があるのでしょうか?

「一般教育訓練給付制度対象コース」の受講資格

「一般教育訓練給付制度対象コース」を受講するためには、下記の条件を満たしている必要があります。

  • 初めて制度を利用する場合:雇用保険加入期間が通算1年以上の方。
  • 2回目以降:雇用保険加入期間が(「支給決定日」の翌日から)通算3年以上の方。

なお、連続して同じ会社に3年以上勤めている必要はなく、転職していても途中の空白期間が1年以内で、かつ加入期間が合計3年以上あれば制度を利用することができます。また、離職している場合でも雇用保険への加入期間が通算3年以上あり、かつ離職日の翌日以降1年以内であれば制度を利用することができます。自身が対象者であるかどうかは管轄のハローワークに問い合わせると教えてもらえますので、気になる方は直接確認してみましょう。

「一般教育訓練給付制度」が適用されるコース

各英会話スクールでは、この「一般教育訓練給付制度」を適用可能なコースを用意していますので、対象のコースに申し込むことで給付金を得られます。英会話スクールへの入会をお考えの社会人の方は、ぜひこの制度を活用してしっかりキャッシュバックを受けましょう。以下に、各社の対象ページ・コースをご紹介しておきます。