できるビジネスマンが大金を払ってでもパーソナルコーチ式スクールで英語を学ぶ5つの理由

ここ最近、英語を学びたい大手企業や外資系企業で働くビジネスマンやOL、ベンチャー企業の幹部層らの間で急速に人気を集めている英語学習法があります。それが、パーソナルコーチ式の英会話スクールです。

パーソナルコーチ式の英会話スクールとは?

パーソナルコーチ式英会話スクールとは、一言で分かりやすく言えば英語を学ぶためのトレーニングジムのような場所です。受講生一人一人に専属のカウンセラーやコンサルタントがつき、毎日の英語学習の進捗を徹底的に管理してもらいながら短期間で目標の達成を目指します。さながら専属トレーナーのもとで筋力トレーニングをするジムのような感覚で英語力を鍛えていきます。(参考記事:「社会人に大人気!パーソナルコーチ式英会話スクールの魅力とは?」)

パーソナルコーチ式スクールでは、受講生側も英語力向上に対してかなりハードなコミットメントが求められる上に、価格も1カ月あたり10万円~20万円近くが相場となっており、通常の英会話スクールと比較してもかなり高めとなっています。しかし、それでも都心の一部のエリートビジネスマンたちの間では、パーソナルコーチ式の英会話スクールに通学して英語を学ぶのがとても流行っているのです。

できるビジネスマンがパーソナルコーチ式スクールに通う5つの理由

最近ではオンライン英会話など低価格で気軽に大量のレッスンを受けられるサービスもたくさんありますし、無料の英語アプリや学習サイトなども充実しているので、英語を学ぶのにかかるコストは以前と比較してかなり下がってきていると言えます。それにも関わらずなぜ、彼らはあえて大金を払ってパーソナルコーチ式のスクールに通うのでしょうか。ここでは、その代表的な理由を5つご紹介したいと思います。

  1. 英語は短期集中で仕上げたほうが効率的だと知っている
  2. 既に色々と試して英語学習の限界を感じている
  3. 学習を管理してもらう価値を知っている
  4. そこでしか得られない貴重な出会いがある
  5. 支払いは一回。効果は一生。を理解している

それぞれのポイントについてご紹介したいと思います。

1. 英語は短期集中で仕上げたほうが効率的だと知っている

皆さんの中には、もう長年英会話スクールに通学しているにも関わらず、一向に英語力が上がらないと感じている方はいらっしゃらないでしょうか。もしそのような状況に陥ってしまっているのであれば、今すぐに英語の学習法を考え直す必要があります。

これまで英語にあまり触れていなかった方がある一定レベル(TOEICでいくと800以上ぐらいのイメージ)まで英語力を高めるうえでは、英会話スクールで週1回数時間だけ英語に触れるという学習スタイルよりも、ある一定期間、短期集中で毎日数時間ほど集中して英語の学習に取り組み、一気に仕上げるというスタイルのほうがはるかに効率的なのです。

なお、これは英語の学習に限ったことではありません。プログラミングやデザインなど、他の勉強でも同様です。短期集中で学ぶ場合は、一度学んだことを忘れないうちに復習し、記憶に定着させることができるので、能力や知識をどんどんと積み上げていくことができます。逆に、週に1回数時間だけ学ぶといったやり方だと、せっかく学習をしてもその後に何もしなければ学んだことはすぐに忘れてしまうため、次に学習するときはまた一から覚え直すこととなり、非常に効率が悪くなってしまうのです。

たとえば2~3ヶ月間という短期の語学留学でも、日本で英語を学ぶよりもより早く語学力が高まるのも同じ理由です。たとえ数か月間だけだとしても一切日本語を話さずに英語だけを使っていれば、自然と脳のなかでは英語を話すための回路が強化されていき、英語で考え、英語で発信する力が身についていきます。もちろん留学から帰国後に何もしなければ英語力は筋肉と同じようにすぐに落ちてしまうため、英語力を維持するためには毎日コツコツ学び続けることが重要となります。しかし、その前段階では一定期間集中して学び、土台を築き上げてしまったほうが結果として早道となるのです。

受験勉強やビジネスについてなど、これまでの人生の中で常に学ぶ習慣がついている優秀なビジネスマンは、このことをよく理解しています。そのため、彼らは何か新しいことを学ぶときは一定時間それだけに意識を集中して学ぶというスタイルを確立しています。だからこそ彼らはあえてパーソナルコーチ式英会話スクールを選び、数か月から1年間ほどは覚悟を決めて必死に英語の勉強に取り組むのです。

2. 既に色々と試して英語学習の限界を感じている

パーソナルコーチ式英会話スクールを選ぶビジネスマンの多くは、既に何かしら自分自身で英語学習に取り組み、一定の限界を感じている方が多い傾向にあります。会社の福利厚生プログラムを活用して英会話スクールに通学してみたり、オンライン英会話を活用して自学自習してみたりなどその学習法は様々ですが、やはり自分流のスタイルではどこかのタイミングで頭打ちが来てしまいます。

それには「そもそも効率的な学習方法が確立できていない」「強制力がないためついつい忙しさにかまけてしまい、学習時間が確保できない」「どうしても英語学習のモチベーションが続かない」といった様々な理由がありますが、自分ひとりの力では自分の限界は突破できなというのはスポーツの世界でも同じです。そして一通り英語学習を試してみた彼らが最終的に行き着くのが、パーソナルコーチ式英会話スクールなのです。

パーソナルコーチ式英会話スクールでは、「何を」「どのように」やれば最短で英語力が伸びるのかというロジックもしっかりと伝えてもらえるうえ、受講生一人一人の英語レベルや課題、生活スケジュールに合わせた学習プログラムも組んでもらえるので、学習にあたって迷うことがありません。決められたカリキュラムとプログラムを信じて突き進んでいけば、自然と今まで超えることができなかった壁を超えることができるのが、パーソナルコーチ式英会話スクールの魅力なのです。だからこそ、英語学習に限界を感じているビジネスマンにとって、現状を打破してくれるパーソナルコーチ式スクールは最後の手段として人気があるのです。

3. 学習を管理してもらう価値を知っている

ビジネスマンの多くは日々の仕事に忙しく、英語の勉強以外にもやらなければいけないことや学ばなければいけないことが山のようにあります。そのような多忙な生活の中で英語学習の優先順位を高め、しっかりと時間を確保し続けることはどんなに強い意志を持ったビジネスマンの方でも簡単なことではありません。そして、優秀なビジネスマンほど、英語学習に意志の力だけで挑むのは困難であることをよく理解しています。だからこそ、彼らは自分の英語学習のマネジメントを自分自身だけでしようとせず、あえてパーソナルコーチ式スクールのカウンセラーに任せるのです。

外部のカウンセラーに学習時間や学習量をマネジメントしてもらうことで、毎日の英語学習に強制力が生まれます。この強制力が、英語学習にはとても重要なのです。筋力トレーニングの場合、自分が辛いと感じるところ以上の負荷を常にかけ続けなければ、一向に筋肉を増やすことはできません。英語学習も同様で、常に自分に一定の負荷をかけ続けることが、英語力向上の近道なのです。自分自身で自分に負荷をかけるのはなかなか難しいですが、一度パーソナルコーチ式スクールに大金を払ってしまえば、元を取り戻さなければいけないというモチベーションも沸きますし、何より専属のカウンセラーが徹底的に学習進捗を管理してやらざるを得ない環境を作ってくれます。また、共に学ぶ受講生同士がお互いにプレッシャーをかけ合うこともあります。こうした厳しい環境に合えて身を置くことで、他人の力を借りながら英語力を高めていく。それができるビジネスマンの賢い英語学習法なのです。

4. そこでしか得られない貴重な出会いがある

これは実際に通学したことがある方でないと実感するのが難しいかもしれませんが、パーソナルコーチ式英会話スクールには、普段の生活では決して会えないような人々とのとても貴重な出会いがあります。パーソナルコーチ式英会話スクールの場合、まずプログラムに参加するために数十万円という決して安くはない金額を支払う必要があるため、その時点でスクールに申し込む受講生の母集団はかなり限られます。イメージとしては、男性は年収600万円~1,000万円以上、女性は400万円~600万円以上の方で、年齢層は20代後半~40代がターゲットとなっている感じでしょうか。

パーソナルコーチ式スクールにはそれだけの金額を払ってでも英語力を上げたいという高い目的意識を持つ方だけが集まるので、受講生は当然ながら仕事でも第一線で活躍している方が多い傾向にあります。大手企業や外資系企業のリーダー、マネジャークラス、ベンチャー企業の幹部、弁護士や公認会計士といった士業系の方、客室乗務員など職業は様々ですが、それぞれの世界では既に一定の成功を収めている方も少なくありません。

このプログラムと金額によるスクリーニング効果は絶大で、スクリーニングのバーが高ければ高いほど、不思議と出会える受講生の人柄や人格が素晴らしい方が多くなっていく傾向があります。一言で言えば、高い金額を払ったぶんだけ、それに見合った素晴らしい人々に出会えるということです。

そして、パーソナルコーチ式英会話スクールの何より素晴らしい点は、こうした社会的地位も高く人物的にも魅力がある人々と、同じ英語を学ぶ仲間としてフラットに知り合うことができるという点です。

英語を学ぶ受講生という意味では、日々の仕事の役職や年齢などは関係ありません。大企業の役員もベンチャー企業の若手社員も同じ立場で英語を学ぶのです。そのため、パーソナルコーチ式英会話スクールでは、もし仕事で知り合っていたら絶対に気軽には話せないといったような人と知り合い、友人になることもできます。共にハードなプログラムを乗り越えることで、友人を超えて同志のような感覚を得ることもあります。

パーソナルコーチ式英会話スクールに通学した経験があるビジネスマンの方からは、英語力の向上はもちろんだが、それ以上にそこで知り合えた仲間が自分にとって英語以上の財産となったという話をよく聞きます。プログラム終了後も個人的に交流を続ける受講生が多いのも特徴で、受講生にとっては立場関係なく英語の話で盛り上がれる、居心地の良いサードプレイスのような場所になるのです。こうしたかけがえのない出会いの場となっているのも、パーソナルコーチ式英会話スクールの大きな魅力の一つだと言えます。

5. 支払いは一回。効果は一生。を理解している

「英語の学習に月10万円も支払うのは高すぎる。」これはとても一般的な感覚ではないでしょうか。しかし、たしかにコストだけを見てみるとパーソナルコーチ式英会話スクールの費用は高いのですが、肝心なのは得られる効果です。そして、できるビジネスマンは「支払いは一回だけだが、学んで身につけたことは一生もの」だということをよく理解しています。

英語さえ身につけることができれば仕事の幅はグローバルに広がりますし、昇進や転職を通じて年収を100万円上げることも難しくはありません。また、幸か不幸か日本では英語をビジネスで使用できる人材の希少価値は未だにとても高いので、マーケティングやセールス、エンジニアなど自分の本来の職種の強みに英語を掛け合わせることさえできれば、一気に市場価値を高めることができます。英語が使えるようになるだけで、将来のキャリアや生涯年収が大きく変わる可能性もあるのです。そう考えれば、逆に月10万円という投資は非常に安いと考えることもできます。

また、仕事に限らず英語を通じて世界を見ることは、人生そのものを豊かにしてくれます。英語を学ぶということは、英語ができるようになってはじめて体験することができる世界へのチケットを手にするということでもあるのです。

このように英語を学ぶことで得られる価値を考えれば、パーソナルコーチ式英会話スクールで一定期間集中して英語を学ぶ時間、そしてそこに払うお金は、長い目で見ると決して高くはないことを誰もが理解できるはずです。そしてできるビジネスマンほどそのことを理解しているからこそ、彼らは惜しみもなく大金を払ってスクールに通う決意をできるのです。

おすすめのパーソナルコーチ式スクール

上記で説明したように、パーソナルコーチ式英会話スクールには高い価格に見合うだけの価値、もしくはそれ以上の価値があります。しかし、その価値を存分に引き出すためには、スクールのカリキュラムに頼るだけではなく、受講生自身にも英語を本気で学ぶという覚悟が求められます。そしてその覚悟をするためには、スクールが提唱するメソッドやカリキュラム、学習方法に共感し、心から信じることができ、迷わずにそのやり方で走り抜けられるスクールを選ぶ必要があります。

パーソナルコーチ式英会話スクールはスクールによってそれぞれ特徴が異なりますので、自分に合ったスクール選びをすることがとても重要となります。必要であれば申込前に一通り無料カウンセリングを受けてみて、どこが一番自分に会っているのかを肌で感じるのもおすすめです。ここでは、おすすめのスクールとその特徴を一覧でまとめています。

トライズ

トライズは、トライオン株式会社が運営するパーソナルコーチ型の英会話スクールです。日本人の英語習得に必要と言われる学習時間、1,000時間を1年間でこなすというプログラムです。週3回のネイティブ講師とのレッスンに加えて週6回の自習プログラムをこなすことで、最短5カ月で、英語圏で暮らせるレベルの英語力習得を目指します。受講生ひとりひとりに合わせた学習計画を作成してくれる専属コンサルタントとネイティブ講師による毎日の徹底サポート、月1回のテストにより成長の実感を得ながら常に学習モチベーションを維持してプログラムに取り組むことが可能です。学習継続率は92.4パーセント、受講生満足度も88%と非常に高く、30日以内の全額返金保証・無料の3ヶ月受講期間延長・途中解約時でも残期間の授業料全額返金など最低限のリスクでレッスンを始められる保証サービスも充実しており、本気で英語を仕上げたい社会人の方には大変おすすめできるサービスです。


ライザップイングリッシュ

ライザップイングリッシュは、成果の出るダイエットで有名なライザップが提供する英語のパーソナルトレーニングサービスです。ライザップならではのストイックな学習システムで受講生の英語力を最短距離で向上させ、最短2カ月で結果を出すことを目指します。専属トレーナーが徹底した個人カウンセリングにより目標達成に向けたフルオーダーメイドの学習カリキュラムを作成、日々の学習管理により達成を支援してくれます。セッションは完全個室でのマンツーマンレッスンなので、集中して自身の課題を徹底的につぶすことが可能です。最短期間で徹底的に英語力を磨き上げたい方にはとてもおすすめできるサービスです。


VERITAS

VERITASは、グローバルビジネスの現場で求められるプロフェッショナルな英語力を2ヶ月からの短期集中で身につける、少人数制ビジネス英語プログラムです。ハーバード・ビジネス・スクールのケース教材を利用した独自のメソッドと「ノンネイティブの日本人」に特化した語学力習得プログラム、ネイティブ+日本人のサポート体制を強みとして、少人数制ながら既に過去100名以上の受講実績を誇っており、継続率も97%と非常に満足度が高い点が特徴です。受講生の多くがTOEICスコアアップはもちろん海外本社への異動や転職、MBA取得などキャリアアップを実現しており、最高の仲間と濃密な時間を過ごすことができます。


TOKKUN ENGLISH

TOKKUN ENGLISHは、世界で活躍できるグローバルリーダーの育成を目的としてマッキンゼー出身のコンサルタントが設立した短期集中型のコンサルティングプログラムです。一人一人の課題に合わせたオーダーメイドのカリキュラムと専属コンサルタントによる毎日のフォロー、修了後の継続サポートにより世界に通用するビジネス英語力を身につけます。「ビジネス英会話」「TOEIC®」の2コースから選択可能で、目的に沿ったカリキュラムを受講可能です。2ヶ月間本気で英語と向き合い、ビジネス英語を一気に仕上げたいという方にとっておすすめのプログラムです。


レアジョブ本気塾

レアジョブ本気塾は、オンライン英会話最大手のレアジョブが運営する短期集中型英会話学習プログラムです。受講生のニーズとレベルに合わせて「ハンズオン(2ヶ月)」「ワークショップ(3ヶ月)」の2コースが用意されており、レアジョブの強みを活かしたオンラインレッスンと学習カリキュラム、日本人専属トレーナーやネイティブファシリテーターによる徹底した学習サポートにより短期間で飛躍的な英会話力向上を目指します。ハンズオン受講者の100%、ワークショップ受講者の87%が「話せるようになった実感がある」と回答するなど既に受講生からの高い評価も受けており、本気で英語を学び直したい方にとてもおすすめのプログラムです。

まとめ

いかがでしょうか。パーソナルコーチ式英会話スクールは、「本気で英語を学びたい」「英語を死ぬ気で勉強するのはこれで最後にしたい」といった方にとってはとてもおすすめできる場所です。興味がある方は上記の情報を参考にしながら自分に合ったスクールを見つけ、一定期間は他の全てのことよりも英語学習を優先し、全力で英語にコミットしてみましょう。きっとプログラムが終わる頃には今とは違う世界が見えているはずです。ぜひ頑張ってくださいね。

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめの英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

シェーン英会話

日本初のISO認証も取得。35年以上の実績を誇る英国式レッスンで学ぶシェーン英会話

NOVA英会話

低価格が強み。講師は全員ネイティブ外国人。「1万円ポッキリ留学」が大人気のNOVA

ECC外語学院

1回80分が基本!カリキュラム・講師・サポートの総合力で選ぶならECC外語学院