英語を「楽しく」学びたい方は必見。英字新聞の「Japan Times ST」がすごい!

英語力を高める上で大事なことの一つは、一日うち少しの時間でもいいので英語に触れる機会を作り、それを習慣化して継続することです。しかし、継続することの重要性は分かっていても、日々の仕事に忙しくなかなか思うように英語に触れる時間が作れないという方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、そんな方におすすめの英語学習法です。それは、英字新聞のジャパンタイムズ社が発行する「The Japan Times ST」を活用した勉強法です。

The Japan Times ST とは?

「The Japan Times ST」は、英字新聞のジャパンタイムズ社が発行している英語学習者向けの週刊英字新聞です。「ST」は「Student」の意味で、英語学習者に内容や構成が最適化されている英字新聞という点が特徴です。英字新聞というと英語学習にはハードルが高いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、実は「The Japan Times ST」は英語学習の初心者にもおすすめの英語学習教材なのです。

The Japan Times ST の紙面。一面を飾るのは馴染みのあるトピック

The Japan Times STはこんな人におすすめ!

The Japan Times STは、下記のようなニーズや悩みを抱えている英語学習者の方にとてもおすすめできます!

  • 英語学習の初心者から中級者の方
  • 継続できるリーディング素材を探しているというという方
  • 時事問題からエンタメまで幅広いテーマの英語に触れたいという方
  • デジタルより紙のほうがやる気が起こるという方

上記に一つでも当てはまるという方は、ぜひ一度試しにThe Japan Times STを購読してみることをおすすめします。なぜ、The Japan Times STは英語学習教材として魅力的なのでしょうか?次に、その理由をご紹介したいと思います。

The Japan Times ST がおすすめできる10の理由

The Japan Times ST が、英語学習者の教材としてなぜおすすめできるのか?ここでは、その理由を10つに分けてご紹介したいと思います。

  1. 英語学習用に制作されている
  2. 日本語も書いてあり英語学習初心者も安心
  3. 辞書を引く必要がない
  4. 最新の話題が満載なので楽しい
  5. 知っている話題だから理解しやすい
  6. ニュース以外にも様々なコンテンツが充実
  7. 週刊なので消化不良を起こしにくい
  8. 1部300円という安さ
  9. 音声教材もある
  10. ウェブサイトで全訳が見られる

それぞれのポイントについてご紹介していきます。

1. 英語学習用に制作されている

「英字新聞=ハードルが高い」というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、The Japan Times STの最も優れている点は、紙面自体が英語学習者にとって最適な作りとなっている点です。ニュース記事の選定はもちろん、文章内で使われている英語についても「文法」や「ネイティブがよく使う言い回し」などを考慮して作成されており、リーディング素材として最適な作り込みがされています。また、ニュース記事以外にも英語表現を学べるコーナーなど英語学習を目的とするコンテンツが豊富に散りばめられているので、記事を読むだけで楽しく英語が学べる紙面構成となっているのです。

2. 日本語も書いてあり英語学習初心者も安心

「英字新聞は英語で書かれているから、内容が完全に理解できずに途中で挫折しそう。」と思う方もいるかもしれません。しかし、実はThe Japan Times STは英字新聞とは言え、紙面には多くの日本語が使われており、英語学習初心者でも安心して記事を読めるように最大限に配慮されています。例えば記事の英文見出しの下には、記事内容を端的にまとめた日本語の見出しや要約文もついていますし、コーナーによっては英文記事を和訳した内容なども載っています。全てが英語で書かれているとなると「とっつきにくい」と感じてしまいますが、The Japan Times STではバランスよく日本語での解説や文章が乗っているので、しっかりと記事の内容を楽しむことができます。

3. 辞書を引く必要がない

英語学習者にとって最適化された記事と説明しましたが、The Japan Times STの何と言っても便利なところは、記事内に登場する難しい単語やイディオムの和訳が記事下にまとめて掲載されているところです。そのため、記事を読んでいるときに分からない単語が出てきても、そのたびにスマホで調べたり辞書を引いたりする必要がありません。記事の内容を理解しながらスムーズに読み進めていくことができ、なおかつ新しい単語にたくさん出会うことができるので、学習効率は大きく上がります。

4. 最新の話題が満載なので楽しい

The Japan Times STが取り上げる内容は、国内外のメディアやニュースなどで取り上げられている最新の話題が満載なので、毎回楽しく読むことができます。「楽しさ」は英語学習を継続させる上でとても大事なポイントですが、その点The Japan Times STは非常に魅力的です。また、世界で話題になっている最新の時事トピックをたくさん知ることができるので、英語学習教材としてはもちろん、主要な国際ニュースの情報源としても十分に活用できます。

5. 知っている話題だから理解しやすい

The Japan Times STは週刊の発行なので、新聞やテレビなどを普段から見る方であれば、どこかで一度は見たり聞いたりしたことがあるニュースの内容が多い傾向にあります。そのため、ある程度の背景知識を持った上で記事を読むことができるので内容を理解しやすく、英語学習初心者の方でも楽しく読み進めることができます。

6. ニュース以外にも様々なコンテンツが充実

具体的な記事の内容については後で詳しくご紹介しますが、The Japan Times STは最新の時事ニュース以外にも最新の洋画の紹介コンテンツや世界の観光スポットの紹介コンテンツなど、エンタメ系の内容も充実しています。また、新しい英単語が学べるコーナーや英文ライティングの課題、TOEIC演習など、英語学習者のニーズに沿った学習記事もあり、そのまま教材として活用できるコンテンツも充実しています。

7. 週刊なので消化不良を起こしにくい

The Japan Times STのポイントは、日刊ではなく「週刊」(毎週金曜発刊)であるというところです。1部につき24~32ページとボリュームも適度に抑えられており、1週間に1度のペースなので、消化不良を起こすことがありません。英字新聞を取り出すと、読み切れないまま溜まってしまうということが起こりがちですが、The Japan Times STの場合はそうした心配もなく、むしろ次号が届くのが楽しみになるような感覚で学習を続けることができます。1週間、その週の新聞を隅から隅までみっちりと読み込めば、新たな単語や語彙、英会話表現に自然とたくさん触れることができますし、リーディング力はかなり効率的に身につくはずです。また、読んだ記事を音読することでリスニングやスピーキングに役立てることもできます。

8. 1部300円という安さ

The Japan Times STは、上記で説明したように非常に充実したコンテンツを持っていながら、購読料は1部につきたった300円、月額1,132円で購読することができます。1部300円ですから、1日あたり40円程度で英字新聞が読めるという計算になります。英語学習教材としては非常にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

9. 音声教材もある

The Japan Times STに掲載された記事の一部については、オンラインのウェブサイト上に音声が公開されているため、リスニング教材として活用することもできます。また、さらに本格的に勉強したいという方のために、「The Japan Times ST ニュースCD」というCDリスニング教材も用意されています。国内外のニュースやエッセイなど人気の英語学習コラムの音声がナチュラルスピードで収録されており、新聞とセットで購入すればリーディング・リスニングの学習効率がさらに高まります。

10. ウェブサイトで全訳が見られる

The Japan Times STのオンラインウェブサイトでは、記事の全訳が公開されています。英文記事を読んでみてもどうしても内容が理解できなかったという人は和訳を見て復習することもできますし、逆にウェブサイトの和訳をベースにライティングの練習をしてみて、新聞上の英文記事と比較しながら、自分が思いつかなかった英語表現を学んでいくという勉強法も効果的です。

The Japan Times ST の紙面。日本語も書かれているので初心者でも読みやすい。

The Japan Times STのおすすめコンテンツ

The Japan Times STでは、下記のコンテンツを楽しむことができます。

ニュースに関するコンテンツ

英字新聞のメインとなるニュース記事は、重要度の高い最新ニュースに加えて、ビジネスやテクノロジー、科学やヘルスケアに至るまで幅広いニュース記事が掲載されており、いずれも「読みたい」と興味を持てる記事が選定されています。

  • Front Page:「STの顔」とも言うべき1面。その週の最重要ニュースが並ぶ。記事内の重要ボキャブラリーを学ぶコーナー「Vocabulary Pocket」がある。
  • Easy Reading:初心者でも理解しやすい、やさしい英語で書かれた記事コーナー。文法とボキャブラリー解説がついており、英語学習初心者におすすめ。
  • National news / World news:国内国外の重要ニュースをまとめたコーナー。
  • Business & Tech(毎月1週目・3週目号):ビジネス・IT関係のニュース記事。
  • Science & Health(毎月2週目4週目号):科学・健康系のニュース記事。
  • Entertainment:映画・音楽やセレブのゴシップなどのエンタメ系ニュース記事。今週のセレブの一言を英語で読むコーナーもある。
  • This week’s OMG! :今週のびっくりニュース。世界中の驚くべきニュースを紹介。
  • Feature:環境、教育、医療、文化、ライフスタイルなどに関する読み物記事コーナー。
  • Center Spread:見開きで美しいカラー写真を使った記事。
  • People:不定期で掲載される話題の有名人へのインタビュー記事。

上記の中でも特におすすめの記事は、やはり1面の記事です。テレビや新聞などで一度は見たことがあるニュースが掲載されている確率が高く、背景知識をベースにスムーズに読むことができます。また、映画や音楽などエンタメ業界の話題トピックを扱う「Entertainment」も楽しく読むことができておすすめです。

ニュース以外のコンテンツ

The Japan Times STでは、ニュース以外のコンテンツも充実しています。ネイティブライターが書いているコラムやエッセイ、ダイアログ形式の記事、レビュー記事などバラエティにに富んでおり、読んでいて飽きることがありません。

  • Essay:様々な国籍のネイティブライターが綴るエッセイ。大学の入試問題にも使われることが多いコーナー。
  • Armchair Traveler:世界の観光地を英語で紹介するコラム。海外旅行好きの方は必見のコーナー。
  • Point Counter Point:世の中の問題を議論するダイアログ。議論をする際に使われる英語表現も多く学べる。
  • Enjoy Tokyo(毎月1・3週目号):カフェ、レストラン、美術館、アミューズメント施設など、毎回東京の面白スポットを英語でレポートするコーナー。
  • New York Minute(毎月2・4週目号):ニューヨーク在住のライターが綴る現地レポート。
  • Sound Advice(毎月2・4週目号):カナダ人ライターが最新洋楽アルバムをレビューする、洋楽好き必見のコーナー。
  • Psychological Game(毎月4週目号):英語で楽しむ心理テスト。「診断結果が気になってどんどん先を読みたくなる」という声が多い人気のコラム。
  • Snack Review(毎月4週目号):ネイティブライターが新発売のスナック菓子を英語でレビューするコラム。味や食感など「食」に関する英語表現が学べる。

上記の中でもおすすめなのは、世界の観光地を知ることができる「Armchair Traveler」。記事を読むと、思わずそこに旅行しに行きたくなってしまいます。また、海外旅行はなかなか行けないという方は、東京のおすすめスポットを英語で紹介してくれる「Enjoy Tokyo」を読むのも楽しいでしょう。

英語学習コンテンツ

The Japan Times STのなかには、記事だけではなく下記のような英語学習コンテンツも掲載されています。

  • TOEICテスト Reading Section徹底演習:毎週本番そっくりのTOEIC問題(Part 5・ Part 6・Part 7)演習課題が掲載されており、TOEIC指導専門校の講師陣が執筆した詳しい解説も読める。継続的なTOEIC対策におすすめ。
  • 目からウロコの英文ライティング:代々木ゼミナールの大矢復先生が毎週英文ライティングの課題を出題するコーナー。読者の作った英文に講評を加えながら、ライティングのポイントを解説してくれる。
  • 英語なるほどQ&A:読者からの英語に関する質問に答えてくれるコーナー。
  • Odds & Ends:日本在住のアメリカ人ライターが、日本人が間違えやすい英語のポイントを解説するコーナー。和製英語を数多く取り上げる。
  • 留学生Lillianの 教えて!日本のコト(毎月1・3週目号):アメリカの高校から日本に留学中のLillianが日本で生活する中で感じる疑問に英語で答える練習をするコーナー。日本のことを英語で説明する力が身につく。

上記の中でも実践的な英会話力を身につける上でおすすめなのが、「留学生Lillianの 教えて!日本のコト」というコーナーです。日本の文化や慣習などを英語で説明するのはなかなか難しいですが、このコーナーを読んでいると、例えば日本人はなぜ人の家にあがるときに「お邪魔します」というのか、といったように日本特有の文化や慣習そのものについても勉強することができ、かつそれを英語で説明する際のボキャブラリーなども勉強できます。

その他のコンテンツ

上記で紹介した以外にも、The Japan Times STは毎週楽しく新聞を読めるコンテンツが満載です。

  • STシネマ倶楽部:公開前の洋画の台本を一足先にチェックできるコーナー。映画好きにおすすめ。
  • Warm-up Games:英語に関する週替わりのゲームと英語のクロスワード。クロスワードは正解を書いて応募すると、抽選で素敵なプレゼントもあたる。
  • ニュースの疑問に答える 時事問題解説ゼミ:国際ジャーナリストの沢田博氏がニュースに関する疑問に答えるコーナー。
  • Can’t wait till the punchline!:毎週英語のジョークを紹介するコーナー。

公開前の洋画をチェックできる「STシネマ倶楽部」は、映画好きはもちろん、そうでない方でも楽しめるとてもおすすめの記事です。リラックスしながらエンタメ雑誌を読んでいる感覚で英語に触れることができます。

The Japan Times STの気になる価格

上記でご紹介したように、The Japan Times STは英語学習者が毎週楽しみながら英語を学べるコンテンツが満載です。そして、これだけのコンテンツを低価格で楽しめるのがThe Japan Times STのよいところでもあります。購読料金は下記となっています。

購読期間 購読料金
13週(3ヵ月) 3,390円
26週(6ヵ月) 6,780円
52週(12ヵ月) 13,560円

1部につきたった300円、1ヶ月あたり1,132円という低価格で購読ができます。購読期間中は解約ができないので、興味を持った方はまずは3ヶ月間試してみるというのがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?冒頭で説明したように、英語力を効率的に高めるためには、英語に触れる機会を生活の中に習慣として取り入れることが重要ですが、継続するためには「楽しさ」が必要です。そこでおすすめできるのが、週刊で無理なく続けられる「The Japan Times ST」なのです。The Japan Times STで英文記事のリーディングに慣れることができれば、英文サイトや本格的な英字新聞を読むことへの抵抗感も一気になくなるはずです。興味を持った方は、ぜひ一度The Japan Times STを試してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

Engly 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

Engly編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数40万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム