【体験取材レポート】話題の英語学習スポット「and Gaba.(アンド ガバ)」に行ってきました!

今回は、英語で楽しめるグループ形式のアクティビティを毎日開催している人気スポットが渋谷にあると聞いて興味津々。Englyスタッフが早速、偵察に行ってきました!

「and Gaba.」公式サイトをチェック

「and Gaba.(アンド ガバ)」ってなに?

「新スタイルの英語体験スペース」と銘打って2015年にオープンした「and Gaba.」。会員登録不要、無料~1000円の参加費で気軽に英語でのコミュニケーションを楽しめるスポットです。アクティビティをリードするファシリテーターはGabaマンツーマン英会話の講師ですが、Gabaの受講生ではなくても、高校生以上であれば誰でも参加可能です。

公式サイトの一覧には、海外のゲームを楽しむ、映画やTVについて語り合うなど、遊びに行く感覚で参加できそうなものから教材を使ってビジネスで使えるフレーズを学ぶような学び要素の強いものまで、幅広いアクティビティがラインナップ。所要時間はそれぞれ30分〜60分程度で、初級・中級の対象レベル別のアクティビティもあります。

さっそくネットで予約

まずはスケジュールカレンダーを開き、参加するアクティビティを絞り込みます。

カレンダーからは、既に満席で募集が締め切られた枠もたくさんあるのがわかります。当日空きがある場合は予約なしで飛び入り参加も可能ですが、土日祝日開催や人気のアクティビティの予約はお早めに。

参加したいアクティビティを選んだら、カレンダーに連動する予約フォームから申し込みます。今回は、ビジネスに関連する単語やフレーズを学べるという「Power English‐ビジネス‐初級」を選択。料金は当日支払うシステムです。

「Power English」参加体験

渋谷駅徒歩5分、「渋谷モディ」の5階へ

いよいよ予約当日。JR渋谷駅ハチ公口から歩いて5分ほどで渋谷モディ前に到着し、エスカレーターで5階へ。本や雑貨が並ぶ店内を抜けると、「and Gaba.」の看板を見つけました!

4人掛けテーブルが2つ、大型スクリーンが1つ、そして受付らしきカウンター。アクティビティ開始5分前ですが、すでに3人の参加者が着席しています。

売り場にとけ込むオープンスペース

予約時に、壁で区切られた教室ではなくオープンスペースだと知り、行き交うお客さんからまる見えなのが気になりそう…と内心、心配していたのですが、フロアの角地にあるand Gaba.エリアは書籍売り場にとけ込んでいて、道行く人の視線が気になることは全くありませんでした。

受付で迎えてくれたスタッフに予約名を告げ、あらかじめお会計します。(※支払いはクレジットカード、デビットカード、またはSuica、PASMOなどの交通機関系電子マネーに限られます。現金での支払いはできません。)

息もつかせぬ30分!

座席に着き、名前を書いたカードをスタンドに立てていると、ファシリテーターのAmandaさんが登場。参加者も簡単に自己紹介し合い、早速本題です。

最初にAmandaさんが提示した(もちろん英語で)のは、「オフィスでコピー機が壊れたら…」というシチュエーション。壊れたコピー機の前で佇む同僚に、何と言って声をかけるかを参加者が考えます。

いくつか回答が挙がったところで、2対2に分かれて配布された会話文の読み合わせを開始。オフィスで同僚や上司にアドバイスを求められたら、どう返答するかが今回のテーマのようです。ここで”You should〜”よりも”softer”な言い回しがないか、意見出し。

その後も、スクリーンを使用して文脈に合った後続センテンスを選ぶ4択に答えたり、ロールプレイに取り組んだりするうちに、アドバイスに適した言い回しが黒板にどんどんリストアップされていきます。電子辞書を持参しましたが、調べているような時間はありません!

Amandaさんが、センテンスに含まれる文法上の注意点や、文脈に合った単語選びについてポイント、ポイントで解説してくれるので、慌ててメモ(家に帰って復習しないと!)。発言の中で文法や発音の誤りがあれば、細かい点まできっちり指摘してくれます。

テンポのよい展開に頭は終始、英語でフル回転!短距離走を終えた後のような爽快感を得て、凝縮された30分を終えたのでした。

最後にアンケートに記入

アクティビティ終了後は教材が回収され(プリント等の教材は持ち帰れません)、アンケートが配られます。今後企画してほしいアクティビティなど、ここに記入すれば実現の可能性も!

体験を終えて

「Power English」いう力強いネーミングに相応しく、30分という限られた時間で集中的にコミュニケーション力を増強してくれるアクティビティでした。鍛えられました! “and”は「つなぐ」言葉であることから、「and Gaba.」というブランド名には「英語を通じて生まれた多様なつながりが、この場所から広がっていってほしい」という想いがこめられているのだそうです。

アンケートを提出してテーブルを振り返ると、次のプログラム、「Lunchtime Chat」(お昼ごはんを持ち込んでファシリテーターやほかの参加者と英語で自由におしゃべりできるフリータイム)の参加者が続々と集まり始めている様子。英語のおしゃべりで参加者同士が「つながる」アクティビティも楽しそう!

気になるあれこれ、聞いてみました

体験を終えて「and Gaba.」についてもうちょっと知りたいEnglyスタッフの質問に、株式会社GABAマーケティング部の福元さん&狩野さんが答えてくれました。

どのようなお客さんが「and Gaba.」を利用されていますか?

「平日は、お仕事帰り・出勤前の30代から40代の参加者が中心です。また、お子様連れOK(未就学児のみ)のアクティビティには、お母さん方の姿も。休日のアクティビティには幅広い層の方が参加されます。女性が多い傾向ですが、約3割の利用者は男性です」

特に人気のあるアクティビティは?

「『Power English』や、『Lifestyle-海外旅行』はとても人気があり、予約がすぐに埋まってしまいます。海外旅行はアンケートで要望が多かったテーマ。旅先での買い物やトラブル対処の際のやりとりを学べる、利用者のリクエストから生まれた企画です」

アクティビティのほかにも作ったり、学んだりできるワークショップを不定期で開催しているとうかがいました。これまでに好評だったワークショップは?

「ハーブとアロマテラピーの専門店『生活の木 渋谷モディ店』とのコラボレーションで、英語で会話しながらモイスチャーローションなどのスキンケアアイテムをつくるワークショップを行い、大好評でした。最近では、ワインショップとのコラボで3種類のワインをテイスティングしながら、味の表現などを英語で学べるイベントも。人気のあったワークショップは第2弾を企画することもあります。開催情報は公式サイトやFacebookなどで告知するので、ぜひまめにチェックしてみてください」

最後にEngly読者にひとこと、メッセージをお願いします。

「語学の習得には学んだフレーズや表現を実際に使ってみる・触れてみることが大切なので、『and Gaba. 』のアクティビティに気軽に参加して実践してみてくださいね(福元さん)」

and Gaba.概要

名前 and Gaba.
住所 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ5階
行き方 JR渋谷駅ハチ公口から徒歩5分の渋谷モディの5階
営業時間 平日:11:00〜21:00/土日祝:11:00〜20:00
参加費 無料〜1,000円
URL https://and.gaba.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Asahi

Asahi。玩具メーカー、専門商社等での勤務を経て、翻訳・ライティングに携わる。ホビー分野から金融、経済まで幅広いジャンルを経験。大阪生まれ、シンガポール→千葉育ち、東京都在住。上智大学文学部ドイツ文学科卒。