フィリピン人講師・ネイティブ講師・日本人バイリンガル講師を徹底比較!オンライン英会話の講師選び

オンライン英会話サービスを選ぶ際に、比較ポイントの一つとして挙げられるのが講師の国籍です。オンライン英会話サービスでは一般的にフィリピン人講師を採用しているケースが多いのですが、なかにはネイティブ講師のレッスンや日本人バイリンガル講師のレッスンを受けられるサービスもあります。

オンライン英会話を利用して英語学習をしたいと考えている人の話を聞くと、「フィリピン人からネイティブに通じる英語を学べるか不安」「全く英語が話せないからまずは日本人講師から学びたい」「ネイティブ講師のレッスンを受けたい」など講師にまつわる不安や要望は様々です。そこで、ここではフィリピン人講師・ネイティブ講師・日本人バイリンガル講師それぞれの特徴について分かりやすく比較表にしてまとめました。

どの講師を選ぶべきか、どのオンライン英会話サービスを利用しようか迷っているという方はぜひ参考にしてください。

フィリピン人講師・ネイティブ講師・日本人バイリンガル講師を徹底比較

フィリピン人講師・ネイティブ講師・日本人バイリンガル講師の大まかな特徴を、項目別に比較してみました。なお、講師の特徴や性格、能力などには当然ながら大きく個人差がありますので、あくまで下記は全体的な傾向とお考え下さい。

フィリピン人講師 ネイティブ講師 日本人バイリンガル講師
ネイティブ表現
ネイティブの文化理解
ネイティブ発音
日本人学習者への共感度
親しみやすさ
レッスン価格 ◎(安い) △(高い) 〇(やや高い)
おすすめ英会話レベル 初心者・中級者向け 中級者・上級者向け 超初心者向け

ネイティブ表現

ネイティブならではの言い回しや表現、スラングといったアメリカやイギリスなどで日常的に使用されている英会話表現について学びたいという方は、やはりネイティブ講師から学ぶのが一番です。フィリピン人講師は「正しい英語」ではありますが、ネイティブ特有の表現などを使える講師はほとんどいません。逆に、日本人バイリンガル講師の場合、アメリカやイギリスなどに留学経験がある講師が多いため、フィリピン人講師よりはネイティブの言い回しをよく知っているケースがあります。

ネイティブの文化理解

アメリカやイギリスの生活習慣といったネイティブの文化について学びたいという方も、ネイティブ講師が一番おすすめです。フィリピン人講師のほとんどは一度も海外に出たことがなく、アメリカやイギリスなどに滞在した経験を持つ講師は非常に少ないので、海外ドラマやテレビなどから一定の知識を得ていたとしても、現地のリアルなカルチャーに触れてはいるわけではありません。一方で、日本人バイリンガル講師の場合は先述のように留学経験ある講師やパートナーがネイティブという講師も多いため、ネイティブの文化についても一定の知識を持っている傾向にあります。

ネイティブ発音

ネイティブの発音といってもアメリカ、イギリス、オーストラリアなど国によって発音は大きく異なりますし、アメリカ国内、イギリス国内でも大きな差があります。そのため、ネイティブの発音が学びたいという方はまずどの国の発音を学びたいのかを明確にする必要がありますが、国さえ明確になっていれば、ベストなのはその国出身の講師のレッスンを受けることです。また、一般的にフィリピン人講師はアメリカ英語を話しますが、発音は講師によってもばらつきがあります。ネイティブとほぼ遜色がない綺麗なアメリカ英語を話す講師もいれば、スペイン訛り、中国語訛りの講師もいます。日本人バイリンガル講師の場合、帰国子女の方や長期の留学経験がある方であればかなり発音はきれいです。

日本人学習者への共感度

英語を第二言語として学ぶ日本人の気持ちをどこまで理解したうえで指導してくれるかという観点で見ると、やはり一番共感度が高いのは日本人バイリンガル講師です。特に帰国子女ではなく自分自身も社会人になってから苦労して英語を身につけたという方であれば、より学習者の目線に立った指導をしてもらえるでしょう。フィリピン人講師も英語は第二言語として学んでいるため、共感度は高いと言えます。一方でネイティブ講師の場合はもとから英語を話せるため、共感度は低い傾向にあります。私たちが日本語を海外の人に教えるとき、どこまで海外の人が日本語を学ぶ難しさに共感できるか、という視点から考えると、ネイティブが英語を教える感覚が少し分かるのではないでしょうか。

親しみやすさ

講師の親しみやすさについては当然ながら個人差が大きくありますが、一般的にフィリピン人講師はとても快活でフレンドリーで話しやすい雰囲気の講師が多く、南国フィリピンという国柄が滲み出ている印象があります。ネイティブについても国によって雰囲気は異なります。オープンマインドなアメリカと、紳士の国イギリス、という雰囲気の違いを感じることがあるでしょう。日本人バイリンガル講師の場合は日本語が通じるという安心感がありますので、不安なくレッスンを進めることができます。

レッスン価格

レッスン価格という面で見てみると、一番手頃な価格でレッスンを受けられるのはフィリピン人講師です。これはフィリピンと日本の物価差があり、フィリピン人講師の人件費が日本や他の先進国と比較して安い点が一番大きな理由です。そのため、価格が安いからといって質が低いというわけではなく、むしろTESOL資格保有者など英語の指導力が高いフィリピン人講師はとても多くいます。一方で、ネイティブ講師・日本人バイリンガル講師のレッスンはどうしても高くなる傾向があるので、コスト重視という方にとってはあまりおすすめができません。

おすすめ英会話レベル

基本的な英単語や英文法もあやふやで、日常英会話も単語ベースでしか話せないという超初心者の方は、まずは日本人バイリンガル講師の方に日本語で解説を受けながら英語の基礎を学んでいくというスタイルが一番効率的だと言えます。一定のベースがないまま英会話のレッスンを繰り返していてもなかなか上達は見込めないからです。

また、多少の日常英会話であればできるという初心者や、中級者の方は、フィリピン人講師のレッスンを受けるのがおすすめです。フィリピン人講師の英語はネイティブよりもかなりゆっくり目なので理解しやすく、「聞いて」「話す」練習にはもってこいです。

しかし、フィリピン人講師との英会話レッスン経験をいくら積み重ねても、ネイティブとの会話がスムーズにできるようになるかと言えばそれは難しいのが現実です。フィリピン人講師とネイティブが話す英語のスピードには大きな差がありますし、ネイティブ特有の言い回しや表現などを知っていないと理解できないことが多々あるからです。そのため、フィリピン人講師との英会話は問題なくできるという中級者・上級者の方は、次にネイティブ講師とのレッスンを増やすことをおすすめします。ネイティブと話すことに慣れれば、英語力はさらに飛躍的に向上していきます。

まとめ

いかがでしょうか?ここではフィリピン人講師・ネイティブ講師・日本人バイリンガル講師というオンライン英会話サービスに在籍している講師の国籍の視点から比較をしてみました。どの国籍の講師がよいかは英語のレベルや学習の目的、条件などによっても変わってきます。ぜひ上記の比較表も参考にしながら、自分の目標に合った講師を見つけてくださいね。

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめのオンライン英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

DMM英会話

ネイティブ含む60ヶ国以上の講師の授業が24時間受けられるのに低価格!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞