ビジネス英語に強いオンライン英会話の比較・ランキング

オンライン英会話サービスの中には、ビジネスシーンで使用される英語の習熟に特化したカリキュラムを用意している会社があります。ビジネスシーンで使用される英語は日常英会話や旅行に必要な英会話とは異なるため、ビジネス英語に特化した教材やカリキュラムを利用して学ぶのが最も効率的です。

ビジネス英会話の基本的なカリキュラムは「Eメール」「電話対応」「来客・接客対応」「挨拶」「会社紹介」「会議」「電話会議」「海外出張」「商談」「プレゼンテーション」などビジネスの場面でよくあるシーンごとに頻出の英会話表現や気を付けるポイントを学ぶのが一般的で、各シーンの定型的な英語表現を頭に入れることで基礎を固め、その上で柔軟な対応力を身につけます。

また、会社によっては上記のような一般的なビジネス英語カリキュラムに加えて業界や職種別のカリキュラム・教材も用意しているところもあります。頻出表現などは業界や仕事内容によって大きく異なりますので、一般的なビジネス英会話については十分基礎固めができたという方は、そうしたプログラムを利用してより専門的な英語力を身につけるのもおすすめです。

ここでは、特にビジネス英語力を集中して強化したいとお考えの社会人の皆様向けに、特にビジネス英語・ビジネス英会話のカリキュラムが充実しているおすすめのオンライン英会話サービスをEngly編集部が厳選してご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ビジネス英語に強いオンライン英会話の比較・ランキング

ビズメイツ

ビズメイツは、ビジネス英語に特化したグローバル人材を目指す人のためのオンライン英会話です。イード・アワード2013でブランド信頼度No,1に選ばれるなど高品質なサービスに定評があります。ビズメイツではMBA保有者、博士号取得者などビジネス経験が豊富で優秀な講師とレッスンが可能で、ビジネス英語はもちろん、グローバルビジネスで活躍するために必要な実践的なコミュニケーションスキルが身につけられます。独自に開発されている教材の質も非常に高く、きめ細やかなレベル分け、ランクアップのためのテストなど確実に英語力を高めるカリキュラムとなっています。ビジネス英語を効率的にマスターしたい方にはもっともおすすめできるサービスです。


レアジョブ

オンライン英会話でシェアNo.1を誇り、「オンライン英会話の代名詞」と言えるほど最も有名なサービスなのがレアジョブです。累計会員数は40万人を超えており、フィリピンの東大と呼ばれるフィリピン大学出身者を中心に構成される講師が4,000名、レッスン回数は2,000万回以上と、業界内において圧倒的な実績と規模を誇っています。2014年には東証マザーズに上場しており、既に1,000社以上の企業や教育機関が導入するなど、サービスの安定性も抜群です。日本人による学習サポート体制もしっかりしており、利用者満足度も99.4%(※MMD研究所「オンライン英会話の利用」に関する調査/2015年6月)と非常に高く、英会話の学習が初心者の方はもちろん、ビジネス英語上級者の方まで全ての英語学習者におすすめできるサービスです。


産経オンライン英会話

産経オンライン英会話は、大手新聞社の産経グループが運営するサービスです。5段階の選考を通過した採用率5%の優秀な講師陣、全750以上の豊富なレッスン教材、短期集中受講が可能なレッスンチケットプラン、授業後の講師からの詳細なレッスンレポートなど、総合的にサービス品質が高く、国内のオンライン英会話事業者として唯一2種類の教育ISO認証を取得しています。特におすすめできる点は教材です。ビジネス英会話、TOEICなど細かくレベル別・目的別に作成された教材は全てネイティブによる発音自習教材がダウンロード可能です。忙しい社会人のための金土日限定プランもあり、初めてオンライン英会話に取り組むという方にも大変おすすめのサービスです。

その他のオンライン英会話の比較・ランキングを見る

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。