オンライン英会話の効果を倍増させる、レッスン前後の10分間

オンライン英会話はいつでも気軽に毎日レッスンを受けられるとても便利なサービスですが、オンライン英会話に取り組んでいる方の中には「ずっと続けているけれどもなかなか英語が上達しない」「どうすれば学習効率が高まるのか分からない」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はそうした悩みを解決するためのおすすめオンライン英会話学習法をお伝えしたいと思います。

オンライン英会話で大事なのは「インプットの意識」

「オンライン英会話を続けているのに英語力がなかなか伸びない」という課題を抱えてしまう一番の原因は、ずばり「レッスンで学んだことをしっかりと自分のものにできていない」という点にあります。オンライン英会話は「アウトプット」中心のトレーニングとなりがちなので、ただ漫然と続けているだけだとどこかのタイミングで頭打ちが来てしまいます。

オンライン英会話を活用しながら着実に英語力を高めていくためには、アウトプットだけではなくレッスンで学んだ内容をしっかりと「インプット」していき、レッスン毎に着実に新しい単語や表現、発音などを身につけていくという意識が必要なのです。この「インプット」の効率が低いまま「フリートーク」のレッスンだけを受け続けていたりすると、自分が持っている限られた語彙や表現だけに頼った英会話に慣れてしまい、次のステージに進むことができないのです。

インプット効率を上げるのは「予習」と「復習」

それでは、どのようにすればインプットの効率を上げることができるのでしょうか。インプットの効率を上げる最も効果的な方法は、ずばりレッスンの「予習」と「復習」をしっかりとやることです。レッスン前に予習をしておくことでレッスン中のインプット効率は高まりますし、レッスン後は毎回欠かさずに復習をすることでレッスン内容の定着率を高めることができます。「予習」「復習」が大事というのは当たり前の話に聞こえますが、実際にオンライン英会話を利用している方の中にはここがおざなりになってしまっている方が多いのが現状です。

しかし、せっかくコストと時間をかけてオンライン英会話をやるのであれば、しっかりと成果につなげたいところです。そのために今回おすすめする方法は、レッスン前後の10分間を有効活用するという習慣作りをすることです。

オンライン英会話のレッスンは一般的に一回25分ですから、その前後の10分を合わせて45分間を一つのタームと考えます。そして、自分の中では毎日のレッスンプログラムを下記のように見立てます。

  • レッスン開始前:10分(前回の復習・今回の予習タイム)
  • レッスン時間:25分(レッスンに集中)
  • レッスン終了後:10分(今回のレッスンの復習タイム)

レッスン開始前と終了後の10分をどのように有効活用すればよいのか、具体的にご説明します。

レッスン開始前の10分間

レッスン開始前の10分間で必ず取り組みたいことは下記の2つです。

  • 前回のレッスン教材に一通り目を通し、復習する(5分)
  • 今回のレッスン教材に一通り目を通し、音読しておく(5分)

まずは最初の5分で前回のレッスン教材に一通り目を通し、前回学んだことを復習します。前回のレッスンで新たに学んだ単語や表現がしっかりと身についているかを確認します。そして復習が一通り終わったら、次は残りの5分間でその日に利用する予定とのレッスン教材に一通り目を通します。できれば教材に書いてあるスクリプトを全て一回は音読しておくとよいでしょう。レッスン前に音読をしておくことで、日本語に慣れてしまった口の動きを再び英語を話すモードにチューニングすることができ、スムーズにレッスンをスタートできるようになります。これはレッスン前の口の準備運動といったところです。

レッスン終了後の10分間

レッスンが終了したら、緊張感から解き放たれて思わずソファなどに寝ころびたくなるところですが、そこでぐっと我慢して、10分間だけ使って下記に取り組みます。

  • レッスンで新たに出てきた単語や表現を単語帳にまとめる(5分)
  • レッスンの感想を3分間だけ英語で口にしてみる(3分)
  • 次回の予約も忘れずに(2分)

まずは、レッスン中に出てきた知らない単語や表現などをまとめて、単語帳に登録します。最近では、単語登録ができる英語辞書の「Weblio」をはじめ、スマホで使える便利な単語帳アプリなどもたくさんでてきていますので、ぜひアプリなどを積極的に活用して効率的に単語帳を作りましょう。

単語帳への登録が終わったら、次はレッスンの感想を3分間だけ英語で口に出してみる独り言トレーニングをしてみましょう。イメージとしては、”How was your lesson today?” と誰かから質問されたと想定して、それに答えるような形で独り言を言います。そのなかで、今日新たに習ったこと、今日話したこと、レッスンで難しかったこと、レッスンの感想などを英語で話すトレーニングをします。レッスン内容を思い出しながら話すことで、学んだ内容を頭で定着させつつ、スピーキングの練習も兼ねます。

ここまでできたら、最後に次のレッスンの予約を忘れずにして終わりです。レッスンのリズムが途絶えないよう、レッスン終了後に必ず次のレッスン予約を入れる癖付けをすることがとても重要です。

まとめ

いかがでしょうか?オンライン英会話レッスンだけだと25分間で終わりますが、その前後の10分間を活用して予習・復習を行い、45分を一つの学習タームとすることで、単純に学習時間も2倍近くに増えますが、何よりレッスン内容の定着率が上がるので、オンライン英会話による学習効果は倍増するか、それ以上まで高めることができます。

最初のうちは面倒だと感じることもありませんが、しばらく続けて習慣化してしまえば、逆に予習をしないままレッスンを受けたりレッスン終了後に復習をしないままパソコンやスマホを閉じたりすることが気持ち悪くなってきます。そこまで感じられるようになれば、あとは継続してオンライン英会話に取り組んでいけば、着実に英会話力はアップしていくはずです。繰り返しとなりますが、ポイントは「インプット」と「アウトプット」のバランスで、アウトプットに偏りがちなオンライン英会話だから、予習・復習を疎かにしないという意識を持つことです。

レッスン前後の10分間だけであれば、そこまで負荷も大きくないので無理なく習慣化できるはずです。なかなかオンライン英会話の効果が上がらないという方はぜひ試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめのオンライン英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

DMM英会話

ネイティブ含む60ヶ国以上の講師の授業が24時間受けられるのに低価格!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数40万人を超えるオンライン英会話の代名詞