レッスンを無断欠席した場合、ペナルティはありますか?

レッスン予約したものの、急用や体調不良、忘れてしまったなどの理由で受けられないことがあります。事前にキャンセルした場合にはペナルティはありませんが、無断欠席した場合はどのような扱いになるのでしょうか。

まず「キャンセル」と「欠席」の違いについてです。

キャンセルをするとチケットやポイントが無駄にならずに次の予約ができるのに対し、欠席では1回分レッスンを受けたものとしてチケットやポイントは返還されません。

キャンセルをするには、各スクールが定めているキャンセル可能時間までにキャンセルの手続きをする必要があります。スクールにより、レッスン開始の24時間前まで、12時間前までというところもあれば、1時間前、10分前までというところもあり、規約はスクールによって異なります。キャンセル手続き自体は、ホームページのマイページからボタン1つでできるため、時間はかかりません。受付可能時間内であれば、キャンセル手続きを早めに行うことをおすすめします。

そして、キャンセル可能時間を過ぎた場合は欠席扱いになります。いずれも予約に合わせて講師のスケジュールも準備やスケジューリングを行っていますので、できるだけ無断欠席は行わず、キャンセルをするか、欠席の連絡をすることをおすすめします。

欠席をすると1回分のレッスンが無駄になってしまうため、スクールによっては遅刻してもレッスンを受けることを推奨しているところもあります。遅刻をする場合にも事前連絡をして、レッスン時には”I’m sorry I’m late.”(遅れてごめんなさい)と謝りましょう。

連絡もせず何度も無断欠席が続いた場合には、悪質ないたずらや妨害だとみなして利用停止や数日間の予約停止といった特別な対処を設けるスクールもありますので、そのようなことがないように注意しましょう。

仕事やプライベートで予定の変更が多いという方は、キャンセル可能時間ができるだけ長いスクールを選ぶ方法がおすすめです。

オンライン英会話に関するよくある質問の一覧を見る

オンライン英会話に関する記事の一覧を見る

オンライン英会話ランキングの一覧を見る

オンライン英会話スクールの一覧を見る

Engly 編集部おすすめの英会話スクールPICK UP!

Engly編集部がおすすめのオンライン英会話スクールを厳選ピックアップしご紹介しています。

DMM英会話

ネイティブ含む60ヶ国以上の講師の授業が24時間受けられるのに低価格!

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞


The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。