楽天、英語教育事業参入。総合英語学習サービス「Rakuten Super English」開始

楽天株式会社(以下:楽天)は4月21日、テクノロジーを活用した実用的な英語学習や新しい学習スタイルを提案する総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始し、英語教育事業に本格的に参入することを公表した。これに伴い第一弾としてアダプティブラーニングによる外国語学習ソフト「Lingvist」と英語学習アプリ「まなみ~」の提供を開始した。

楽天では事業のグローバル展開拡大に向けて2010年より社内公用語の英語化に取り組んでいる。従業員のTOEICⓇテストスコアの平均点は830点を超えている。このノウハウを活用し、「Rakuten Super English」を通じて英語学習者向けにテクノロジーを活用した英語力強化を支援するツールやサービスを提供するとともに、新しい学習スタイルを提案していく見通しだ。

今回公開されたLingvist社が提供する外国語学習ソフト「Lingvist」は、世界中で累計60万人の登録ユーザー数を誇る。これまで海外ユーザーを中心に複数の言語学習に対応していたが、楽天との協業により日本のユーザー向けに、日常英会話やビジネス英語に対応した英単語を学べるソフトを提供する。

一方「まなみ~」は、小学生から高校生までの授業で学ぶ英単語を学習できる楽天グループの株式会社ReDucateの英語学習アプリである。英訳、和訳、アクセント、スペル入力など多彩な問題形式を揃えており、ゲーミフィケーションのコンセプトに基づき、ゲーム感覚で楽しく学習が続けられるように設計されている。

各コンテンツとも、テクノロジーを活用し、個人の理解度や習熟度に合わせて、ストレスを感じさせない難易度で最適な出題が自動的に行われ、継続的な学習を促進し、学習効率を高める「アダプティブラーニング」のコンセプトに基づくアルゴリズムにより設計されている。これにより、効率的に英単語を身に付けることが期待できる。いずれも、パソコン、スマートフォン、タブレット上で利用でき、iosおよびAndroid向けの専用アプリも提供中だ。効率重視の方には「Lingvist」が、楽しさ重視の方には「まなみ~」がお勧めだという。

今後は教育機関や企業・団体等向けに英語活用方法や英語力向上に関するコンサルティング等も行っていく見通しだ。

「Rakuten Super English」Open記念キャンペーンとして、キャンペーンにエントリーの上、無料お試し期間終了後、学習コンテンツを購入または有料会員に継続登録をした方全員に「楽天スーパーポイント」200ポイントが付与される。キャンペーン期間は5月25日までとなっている。

【参照リリース】楽天、総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始、英語教育事業に本格参入
【参照リリース】楽しく効率的に英語を学習│Rakuten Super English(楽天スーパーイングリッシュ)

(Englyニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。