超常現象専門誌ムーがプロデュースする「ムー公式 実践・超日常英会話」8月25日発売へ

海外でトラブルに見舞われた時用のいわゆる「お役立ちフレーズ」を暗記したことのある方は多いのではないでしょうか?「気分が悪いのですが」「財布を盗まれました」といった緊急の際に役立つフレーズを覚えておくことで安心して旅行ができるという方も多いでしょう。しかし、UFO・幽霊・陰謀・滅亡に海外で遭遇してしまった時、そんな「お役立ちフレーズ」は全く役に立たないでしょう。

そんな海外で起こりえるかも知れない超日常会話に備える書籍が8月25日に株式会社学研プラスから販売されます。プロデュースするのは超常現象専門誌「ムー」で、その名も「ムー公式 実践・超日常英会話」(定価:本体1200円+税)です。

内容は、ムーが想定する超日常的シュチュエーションでの英会話例文集で、例えば「友人が異星人に誘拐されたから、警察と軍隊を呼んでください。(Please call the police AND the military, because my friend was abducted by aliens.)」「幽霊を見てしまうので、部屋を変えてもらいたい。(I need to get another room because I’m seeing a ghost in here.)」「御社の社長はレプティリアンではないですか?(Isn’t the president of your company a Reptilian?)」「天候のため、この船はバミューダ海域を突っ切る航路に入ります。(Due to the bad weather, this ship will sail straight through the Bermuda Triangle. )」など、絶対に試験などでは使うことのないものばかりです。

実はこの書籍、発売1か月前からSNSやサブカル界隈で反響を呼んでいて書店からの注文が殺到しているそう。世界で毎日のようにUFOや未確認生物との遭遇事件、心霊現象、異常気象、新しい都市伝説が生まれている流れに乗って「そんなシーンに出くわしてしまった時のために!」と面白がって購入を決める方が多いようで、初刷部数が発売前になくなったことを受けて発売前増刷を行う事態になっているとのことです。

「ムー公式 実践・超日常英会話」には特殊な単語が数多く登場しますが、数多くの英語参考書籍を出版する学研プラスが販売元ということで、緊急性を伝える言い回しをはじめとしてしっかりとした英語を学べる側面もしっかり持ち合わせていることが特徴です。継続が大事な英語学習では自分の興味のある分野やおもしろさを感じて取り組める仕組みを自分で作ることが必要不可欠。この夏、英語を学び始めたいと考えている方は一風変わった例文を楽しみながら気軽に英語に触れることができる本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
平井 真理

平井 真理

英語堪能な二人の姉とアメリカ人の義兄に囲まれながらマイペースに英語学習に取り組んでおり、最近は会話より英語読書にハマっています。英会話・英語業界をはじめとして幅広い業界にて商品紹介記事やノウハウ記事、ニュース記事のライティングを手がけています。

Engly 編集部おすすめの英語学習法PICK UP!

Engly編集部がおすすめの英語学習法を厳選ピックアップしご紹介しています。

スタディサプリEnglish

ドラマ仕立てのストーリーで楽しく「話す力」「聴く力」を身につける!

レアジョブ

満足度99.4%!シェアNo.1、累計会員数60万人を超えるオンライン英会話の代名詞

ビズメイツ

無料体験受講者の50%以上が入会するビジネス英語の決定版プログラム