Webマーケターのリアルな英語課題を解決する「英語で学ぶWebマーケティング講座」4月3日より開始。

ソフトバンク・テクノロジーグループにおいて、データ分析に特化した教育サービスを提供する株式会社環(以下:KAN)は3月21日、「英語で学ぶWebマーケティング講座」を2017年4月3日より開催することを公表した

「英語で学ぶWebマーケティング講座」は、グローバル企業のWebマーケティング担当者を対象に行われる。日本人マーケターが海外拠点の担当者への指示やコミュニケーション、あるいは提案といった場面において、結果を出せる英語を習得する事を目的にしている。

KANでは、2016年11月に「デジタルマーケティングイングリッシュ勉強会」を開催した。これは月に一度、英語でデジタルマーケティングについて学ぶ勉強会であり、会話はすべて英語で行われた。同勉強会にて、現場担当者のニーズを受けて、「明日から実業務で役立つ」をコンセプトに、英語初級者が実務で使える英語とWebマーケティングの基礎を同時に学ぶ事ができるカリキュラムとして開発し、講座開催に至った。日本人マーケターの立場で必要な英語スキルの共有を図る。

「英語で学ぶWebマーケティング講座」は「体験版」、「基礎編」、「コミュニケーション実践編」、「アナリティクス実践編」の4種類に分かれている。各講座12名の定員で行われる。

1つ目の「体験版」は、Webマーケティング基礎知識を英語で習得したい方を対象に行われ、Webマーケティングに必要な英語に触れ、「英語で学ぶWebマーケティング講座」の概要を理解することを目的とする。所要時間は1.5時間。料金は3,000円である。

2つ目の「基礎編」は、Webマーケティングの現場で必要な英語コミュニケーションの基礎を学びたい方向けに行われ、Webマーケターの英語コミュニケーションに最低限必要なポイントを学ぶ。所要時間は3時間。料金は18,000円である。

3つ目の「コミュニケーション実践編」は、Webマーケティングにおける基礎的知識を英語で習得したい方向けに行われ、成果につなげるための英語表現方法をケース別に学ぶ。所要時間は4時間。料金は24,000円である。

4つ目の「アナリティクス実践編」は、海外とのやり取りの際にGoogleアナリティクスを見なければならない方向けに行われ、Googleアナリティクス活用のポイントを英語で学ぶ。所要時間は4時間。料金は24,000円である。

英語上級者であっても、Webマーケティングのような専門用語が飛び交う現場では、一般的な英語スキルでは通用しないシーンが多く、コミュニケーションロスが発生してしまう。現場での英語表現に困っているマーケターは、チェックしてみてはいかがだろうか。

【参照リリース】海外経験豊富な講師から学べる「英語で学ぶWebマーケティング講座」を開始
【サービスページ】英語で学ぶWebマーケティング講座

(Englyニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
Engly 編集部

Engly 編集部

Engly 編集部では、英語学習に取り組む社会人の皆様に向けて、英語の勉強に役立つおすすめの英会話サービスや教材、アプリ、学習ノウハウ、英会話スクールのキャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。