効果抜群!英会話力を飛躍的に高める「シャドーイング」の方法

シャドーイングという言葉は、英語を本格的に勉強したことがある人であれば、一度は耳にしたことのある学習法ではないでしょうか。一人でも可能な学習法で、英会話力を高めるのに抜群の効果を生みだすと言われているこのトレーニングは、一体どのようなものなのでしょうか。ここでは、シャドーイング法について詳しく解説します。

シャドーイングとは?

シャドーイング(shadowing)とは、英語で話された音声を聞き、今聞いたその英語音声を即座にリピートする学習方法です。もともとは同時通訳者になる人のためのトレーニング法として活用されているメソッドです。影のようにその英語音声にピタッと寄り沿って発声するため、シャドー(shadow)=影という単語が名称として使われています。

同時通訳者は英語を耳で聞き、その一瞬で記憶・理解をしながら日本語へとその内容を変換し、通訳をします。そして、その日本語での通訳の最中にもまた次の話題である英会話を聞いているのです。これらの作業を繰り返し行うことではじめて同時通訳が可能となります。

このスキルを身につけるために、同時通訳者を目指す人は英語と日本語という二つの異なる言語を同時に聞き分け、理解する力を身につけるために様々な訓練を行います。その訓練の最初のステップとして取り入れられるのが、このシャドーイング法です。

耳で聞いた英語を素早く記憶し、その記憶した英語音声を声にだし、なおかつその最中に聞こえてくる英語音声をまた耳で記憶して発音をする。英語音声や話し手のスピードをフォローしたまま繰り返し練習をするのです。

シャドーイング法は少し難易度が高めになりますが、この練習を繰り返すことによりさまざまな側面での英語力アップにつながります。

シャドーイングの効果とメリット

それではシャドーイング法を行うと実際にはどんな効果が得られるのでしょうか。

  1. リスニング力がアップする
  2. ネイティブの英会話のスピードについていけるようになる
  3. リエゾンと呼ばれる、単語同士の音のつながりが分かるようになる
  4. 英語の発音がよくなる
  5. 英会話のリズムがつかめる
  6. イントネーション(音の抑揚)が改善される
  7. 英語スピーチの苦手意識が克服できる
  8. 語彙力が増える

いかがでしょうか。シャドーイングという一つのメソッドを行うだけで、これだけたくさんの効果が得られると言われています。特にリスニング力や発音、英語でのスピーチ力、そして記憶をすることでの語彙力が鍛えられます。

私たち日本人は、人前で堂々と発言することが基本的に苦手です。それを外国語である英語でするとなれば、その苦手意識はますます高まることでしょう。しかし、世界の人々と意見を交わしコミュニケーションするために英語を学ぶのですから、英語で堂々と会話する力は、社会人から英語学習を強化する人であればなおさら必要となります。そのための訓練としてもこのシャドーイング法は、非常におすすめです。

シャドーイングのやり方

それではどのようにしてシャドーイング法を行えばよいのでしょうか。英語がある程度理解でき、音声教材を一聞しただけで、その内容が一通り分かるという方は、そのまますぐに始めても大丈夫です。しかし、教材の内容がはっきりとは分からない、音声のスピードについていけないという方は、まずは下記の方法に沿って練習をしてみてください。

1. オーディオ教材を聞く

まずはテキストを見ずにシャドーイングに使用するオーディオ教材を聞きます。どのような内容の話をしているのか、大まかでよいので把握しましょう。

2. マンブリングをする

マンブリング(mumbling)というのは、不明瞭な発音という意味です。自分自身に聞こえる範囲でよいので、オーディオから聞こえた音声をボソボソと声に出して真似をしてみてください。分からない英単語があったとしても、気にせずに聞こえたままに声を出してください。また途中でつまずいても、最後まで一通りマンブリングを続けて下さい。

3. テキストを見てその内容を確認する

ここにきて初めてテキストを見ます。1、2というステップを経ても分からなかった単語の意味や英語音声の内容をしっかりと理解し確認してください。自力で分からない部分は辞書を使って調べても構いません。

4. オーディオを再生し、テキストを見ながら音読する

テキストを見ることによって先ほどまでの練習よりも、はっきりと意味や単語を理解し英文を発音することができるようになります。マンブリングの際に分からなかった箇所や聞こえづらかった単語や文を一つずつ確認しながら声に出して発音してください。また、英語音声のリズムやイントネーションなどにも気をつけて、しっかりと大きな声で練習しましょう。

5. 発音とイントネーションを意識してシャドーイングする

英文の内容は理解しなくても構いません。聞こえてくる英文のリズムや発音、そして音の抑揚や間(ポーズ)などに集中してシャドーイングを行ってください。聞こえてくる音を完全に真似るつもりで、できるだけ正確に発音する「プロソディ・シャドーイング」をすることがポイントです。

6. オーディオ教材の内容を理解しながらシャドーイングする

最後のステップでのシャドーイングでは、その英語音声の内容をしっかりと理解、そして意識しながらシャドーイングをしてください。あたかもあなた自身がその言葉を話しているかのように、そしてその言葉を誰かに伝えるような気持ちで話しましょう。上手く言えずに途中でつまずいてしまっても気にせずに、オーディオのリズムに乗って最後までシャドーイングするのがポイントです。

そして同じオーディオ教材を使って、全ての文章がスムーズに言えるようになるまで繰り返し練習をします。一つの教材がしっかりとスムーズにシャドーイングできたら、また次の教材に挑戦してみましょう。

まとめ

シャドーイングの効果を上げる方法としておすすめなのは、自分自身にあったオーディオ教材を選ぶことです。シャドーイング法は、耳から聞こえる音声だけを頼りにスピーキング(リピート)するので、あなたの英語レベルよりすこしだけ簡単なものからスタートすると良いでしょう。

また教材の内容としては「あなたが好きで興味の持てる内容の教材」または「あなたが目標とする人物のスピーチ」などを選び、その話し手になった気分で楽しみながらシャドーイングを行うことがポイントです。

こんなにもたくさんの効果が期待でき、なおかつ自分一人で実践できる英語学習法はなかなかありません。この記事を読んだことをきっかけにぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの英語学習メソッドに関する記事の一覧を見る


The following two tabs change content below.
佐々木 久枝
カナダ在住。各地図書館の本を読破することが楽しみの一つ。いわゆる本の虫。言葉や文字にとても惹かれ、現在は英・仏語を話し、国内外で語学講師の経験を持つ。移住を機にリモートワーカーとなり執筆、翻訳、通訳、取材、商品紹介のキャッチ等を手がける。述べ20カ国以上を旅した経験から世界は繋がっていると体感し、国も人種もボーダレスな人生を謳歌する一児のママ。(ブログ:https://writer-sasaki.blogspot.jp/